Home / Google / Gmail / 一から解説!Gmailをバックアップする手順を4パターン紹介

一から解説!Gmailをバックアップする手順を4パターン紹介

Pocket

Googleが提供する無料メールソフトGmail。無料とは思えないほどの多機能・利便性を誇り、PC スマホどちらでも便利に扱えるメールサービスです。

便利なサービスではありますが、Gmailは過去にデータ消失事故が起きており、また再発した時にGoogle側が完全に復旧作業をしてくれるとは限りません。

無料サービスですし、そこまでは保証できませんよね。

そのような事態に備えて、ユーザー自身の手でバックアップを取っておくことも大切です。

プライベートな内容や重要ではないデータならまだしも、仕事で利用されている方にとって突然のメールデータ消失は致命的になりえます。

本記事では、データ消失に備えてバックアップを取っておく方法を手順に沿ってご紹介します。

大切なデータであればあるほど、事前準備が大切だと思います。皆さんも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Gmailを使ってバックアップをとる

Google公式から案内されている方法がありますので、Gmailのバックアップ手順と保存ファイルの開き方を解説します。

バックアップ方法

バックアップ手順

  1. Googleのデータツールページにアクセス
  2. 選択を解除をクリック
  3. メールのみONにする
  4. ページ下部の次へをクリック
  5. アーカイブを作成をクリック
  6. 案内メールが届くまで待機(ページは閉じてOKです)
  7. 届いたメールを開きアーカイブをダウンロードをクリック

手順5はメールの容量によっては時間がかかってしまうこともあります。

ページは閉じてしまっても問題ありませんので、案内メールが届くまで別の事をしていても大丈夫です。

バックアップデータ.mboxファイルを開く方法

バックアップデータは.mboxファイルで保存され、そのままでは閲覧することができません。

ファイルを開くためには、Thunderbirdというフリーのメールソフトを使います。

ダウンロードからmboxファイルを開くまでの工程が結構かかりますので区切りながら説明していきたいと思います。

Thunderbirdの起動まで

まずはThunderbirdのDLから起動までをやっていきましょう。

無料DL後に寄付を求める画面が表示されることがありますが、今回は無視してしまって構いません。

DLはすぐ終わりますので閉じてしまいましょう。

DLから起動まで

  1. ThunderbirdDLページにアクセス
  2. 無料ダウンロードをクリック
  3. セットアップを起動して手順に沿ってインストール
  4. Thunderbirdを起動

拡張機能ImportExportToolsを追加する

Thunderbirdに標準搭載されている機能ではmboxファイルを開くことはできません。

拡張機能であるImportExportToolsを追加する必要があります。こちらではその追加手順を解説します。

ImportExportToolsを追加

  1. 右上の三本線アイコンをクリック
  2. 展開されたメニューからアドオンをクリック
  3. アドオンとは?にある詳細ボタンをクリック
  4. 検索ボックスにImportExportToolsと入力して検索
  5. Thunderbirdへ追加をクリック
  6. 今すぐインストールをクリック
  7. インストールが終わったらThunderbirdを再起動

Gmailアカウントを設定する

ImportExportToolsのインストールが終わったら、次はGmailアカウントをThunderbirdに追加します。

メールアカウント設定

  1. アカウントをセットアップにあるメールをクリック
  2. 任意の名前GmailアドレスGmailパスワードを入力して続けるをクリック
  3. 完了をクリック

mboxファイルを開く

ここまでお疲れ様でした。必要な準備は終えたのでいよいよmboxファイルを開きます。

mboxファイルを開く

  1. ローカルフォルダーを右クリック
  2. ImportExportToolsmboxファイルをインポートをクリック
  3. 単一または複数のmboxファイルを直接インポートを選択してOKをクリック
  4. mboxファイルを選択して開く

アプリ「Gmail Backup」を使ってバックアップをとる

GoogleのGmailを使ったバックアップ方法以外に、フリーソフトGmail Backupを利用する方法もあります。

こちらのバックアップファイルはemlファイルとして保存されますので簡単に開くことができます。

mboxファイルを開くのは面倒そう…という方はこちらのバックアップ方法がオススメです。

Gmail Backupの使い方

Gmail Backupを使うためにはソフトのDLやGmail側にも必要な設定があります。

GmailのIMAPを有効にする

Gmail BackupからGmailにアクセスするためにIMAPを有効にする必要があります。先にこちらの設定を済ませてしまいましょう。

IMAPを有効にする

  1. Gmail画面を開く
  2. 右上にある歯車アイコンをクリック
  3. 設定をクリック
  4. メール転送とPOP/IMAPをクリック
  5. IMAPアクセス:IMAPを有効にするにチェックを入れ変更を保存をクリック

Gmail Backupでバックアップを取る

DLからバックアップを取るまでの手順を解説します。

DLからバックアップを取るまで

  1. Gmail Backup DLページにアクセス
  2. GMail Backup 0.107をDL
  3. セットアップを起動して手順に沿ってインストール
  4. gmail-backup-gui.exeをダブルクリックしてGmail Backup起動
  5. Gmailアドレスパスワードバックアップ保存先フォルダを入力
  6. 期間を指定する場合はNewest emails onlyのチェックを外し開始日と終了日を入力
  7. Backupをクリック

次ページ:他にもある!メールを保存する方法2つ

 

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

メールの便利な設定をご紹介!迷惑メールの解除方法とは

個別に受信拒否しても 絶えず送 …

Facebookでのご購読が便利です