Home / Apple / iPhone / 相手にも料金がかかる?facetimeの料金や対応機種を解説

相手にも料金がかかる?facetimeの料金や対応機種を解説

Pocket

海外でfacetimeを利用する時の料金

facetimeは日本国内限定ではありませんので、お手持ちのiPhoneもしくはiPad等のデバイスは海外でも同様の操作にて利用する事が可能です。

海外からは現地の通信キャリア網を経由して日本国内に通話する事になりますので、大手キャリアでは海外ローミングサービス等を利用する事で問題なく使う事が可能です。

現在、非常に多くの方がご利用されているMVNOの格安SIMは海外ではデータ通信が利用出来ない為、そのままではfacetimeは利用出来ない事になります。

但し、MVNOのSIMを利用しているという事はそのiPhoneまたはiPadはSIMフリーのデバイスという事になりますので、渡航先で販売されているSIMといったものを利用する事でfacetimeを使う事が出来ます。

なお、渡航先での通信サービスについてはきちんと約款を読んでご利用下さる事をおすすめします。

Wi-Fiを使えば無料

海外ではWi-Fiサービスが日本国内より整備されているところもあると聞きますので、Wi-Fiを使ってfacetimeを利用すれば利用料金は掛からずに通話を楽しめる事となります。

ただWi-Fi利用で通信に掛かる費用が発生しないというメリットはありますが、多くの無料Wi-Fiサービスにはセキュリティの実装が行われていないという問題があります。

これはfacetimeでの情報や会話の内容を暗号化せずに平文の状態で通信している事になりますので、悪意の第三者が解析手段を持って通信を盗み見る事も可能と考えられます。

そのため個人情報等のやり取りは行わない事と、犯罪者に狙われるような情報もやり取りしない事、お互いの顔が映った画像データが流れますのでそのデータを悪用されない様に注意するべきでしょう。

データ通信料金に注意

先にご説明しましたが、海外からのデータ通信にてプリペイド型SIMや定額のデータ通信サービスを契約している場合には、一定の費用は掛かるもののそれ以上の通信費用は掛かりませんので、データ通信量はあまり気にせず利用する事が可能です。

その点、大手キャリア等の海外ローミングサービスを利用する場合には日本国内での定額データ通信サービスの契約範囲ではなく、海外の通信サービスキャリアが設定している料金体系に準じてfacetimeでのデータ通信費用が発生します。

その為、後日のデータ通信費用請求が当初想定していた金額を大きく越えてしまう場合がありますので、海外への渡航準備の際にはお手元のiPhone契約先キャリアに海外ローミングでのデータ通信の可否とその料金についてよく確認しておく必要があります。

最も適切と考えられるのは海外で利用できるWi-Fiルータを日本からの出発前に準備しておく事です。

海外ではそのWi-Fiルータを利用した通信を行う事で一定のセキュリティは保たれ、契約時に日本語で定額サービスを申し込んでおけば渡航先でデータ通信量を気にせずfacetimeを利用して通話が出来ます。

まとめ

facetimeの概要とその使い方、利用時の課金についてご説明致しました。

facetimeはiPhoneに標準搭載されているため個別のインストールも不要ですし、他のコミュニケーションアプリより高品質な音声といった特徴があります。

これを機に、iPhone同士だけでなくMacユーザとのビデオ通話も楽しんでいただければと思います。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneXは今までとは格別!使い方から隠れた便利機能まで徹底解説

先日iPhoneXシリーズの最 …

Facebookでのご購読が便利です