Home / Facebook / FacebookとTwitter、Instagramの違いと特徴

FacebookとTwitter、Instagramの違いと特徴

Pocket

 

スマートフォンが普及するに連れ、市場を拡大しているのがSNSです。皆さんも、なにかしらのSNSを使ってタイムラインを楽しくご覧になっている人も多いのではないでしょうか?このSNSの中でも、特に日本の中で人気と言われているサービスが3つあります。「Facebook」「Twitter」「Instagram」の3大アプリです。これからSNSを始めたいと思っている人にとてもおすすめなサービスとなっています。プライベートはもちろん、ビジネス利用としても利用価値が高くなっていますので、是非それぞれの媒体の特性を押さえてあなたも三大SNSをマスターされてみてください!

スポンサーリンク

1.王道SNSFacebook

匿名性:低い
年齢層:老若男女幅広く支持されている
投稿の気軽さ:やや敷居が高い

幅広い年齢層に支持されているFacebook。もともとは、開発者のザッカーバーグが大学のサークル用に作ったアプリケーションが期限となっています。基本的に匿名性が少なく、本当に自分の知っている知人の近況が見れる優秀なアプリです。「友達」になることでお互いの投稿がタイムラインに表示されるようになります。テキストだけの投稿、写真の投稿、動画の投稿などとても幅広い用途に使用することでき、自分のお店や会社のアカウントを作る「フェイスブックページ」なども人気。LINEのようにリアルタイムでチャットができるFacebookメッセンジャーも根強い人気の理由となっています。

2.Twitter

匿名性:非常に高い
年齢層:10代、20代の若者の男女に支持されている
投稿の気軽さ:気軽に投稿できる

Twitterの特徴は非常に高い匿名性とそのスピード感です。例えば、どこかの地震情報や渋滞情報など、オフィシャルのメディアよりも早く情報収集をすることもできます。140文字以内で記事を投稿するという特徴的な機能が搭載されています。最近では写真とテキストだけでなく、動画の投稿、アンケート機能の搭載など更に機能が充実しています。チャット機能もありますが、フェイスブック等に比べるとやや機能が劣ります。

3.Instagram

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

今さら聞けないFacebookのアカウントを作成する方法を解説

いまやソーシャルメディアの代名 …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です