Home / ネットワーク・IT / SNS / Facebook / Facebookの投稿を削除したい!デバイス別に方法をご紹介

Facebookの投稿を削除したい!デバイス別に方法をご紹介

Pocket

Facebook は大手SNSとして知られており、老若男女問わず多くのユーザーが利用しています。

その最大の特徴は アカウント登録は実名を原則 としており、匿名性を排除したSNSとなっています。

便利な反面 危険も伴います。実名公開しているアカウントから自身の情報を不用意に発信しすぎると 他人に悪用される危険性 も考えられます。

そのような時に自分の投稿を削除したいと思うこともあると思います。

本記事では Facebookの投稿を削除する方法 をデバイス別に解説していきます。

一回は投稿したけどやっぱり削除したい という場合に活用してみてください。

また自分のプライバシーを侵害するような他人の投稿を削除する手段 もご紹介します。

スポンサーリンク

Facebookの非表示機能と削除機能の違いとは


削除しなくても非表示で良いのでは?と思う方もいらっしゃると思います。

確かにFacebookには 削除機能 の他にも 非表示機能 も備わっており、自分の投稿を非表示にすることが可能です。

しかし、非表示ではカバー仕切れない面もあったりと非表示と表示では明確な違いがいくつかあります。

似ているようで異なる二つの機能の違いを説明していきたいと思います。

非表示機能は再表示可能だが削除機能は復元不可能

投稿してみたものの、ちょっと恥ずかしいし隠したい…と思うこともあると思います。

そのような場合には非表示機能を使うことがあります。とりあえず隠しとくという使い方ができます。

一方、削除機能ですが、投稿を削除するとニュースフィードタイムラインに表示されなくなり完全に削除 されます。復元することもできません。

タイムラインには表示されないがニュースフィードには表示される

非表示機能というと完全に非表示にしてくれると思いがちですが、正確にはタイムラインに表示しない 機能であり、その字の如く非表示対象はタイムラインのみとなっています。

非表示にしたから安心と思っていたら 思わぬ形で流出していた なんてこともあります。

他人に見せたくない投稿は非表示ではなく完全に削除してしまうのが一番良い と思われます。

自分のみ表示もある

投稿を自分以外完全に見れなくする機能もあります。

主な利用目的は、投稿を再編集したい時に一時的に非表示にしたいといった用途で、編集を終えた後に再表示するといった使い方です。

自分以外誰も閲覧できませんが、見せたくない投稿であればやはり削除してしまうのが良いと思われます。

次ページ:投稿の削除方法(パソコン/スマートフォン別)

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

相手にバレる?Facebookで友達をブロックする手順と効果8つ

ツイッターやインスタグラムとい …

Facebookでのご購読が便利です