facebookの写真にタグ付けする設定方法

LINEで送る
Pocket

a0003_001920
自分のFacebookの写真に映っている他人は自分の仲間!と、アピールしたくなる欲求に駆られることもあるでしょう。そんな時は「写真にタグ付け」をすれば良いです。ここではその方法及びそれに対する注意点と、逆に”自分が友達にタグ付けされない方法”を紹介しています。

この記事を通してあなたはSNSでの配慮方法を学べ、あと自分達の友情も確かめられるかもしれません。(ヒントは”タグ付けされたくないなら友達に直接頼むしかないです。”)

スポンサーリンク

タグ付けの設定方法

まず写真をクリックし拡大ます。

写真にカーソルを合わせると「写真にタグ付け」と表示されるのでそれをクリック。

名前の入力欄が表示されるのが該当の名前を入力します。

「タグ付け完了」をクリック。

こうすると他のユーザーがその写真を開いてカーソルを合わせた際、その人の名前が表示されるようになります。その人の名前をクリックするとその人自身のFacebookページに飛びます。

ただ無許可で公開及びタグ付けされるのを嫌う人がいるのも事実ですので、事前に確認をとるなどしましょう。人を勝手に世間に向けてアピールしているとも言えるからです。

友達に勝手に宣伝されない方法

今度は自分が写真のタグ付けをされず、勝手に宣伝されない方法を紹介します。

Facebookのホーム画面(友達の投稿が流れるページ)右上の「歯車」もしくは「三本線マーク」押して、文字一覧から「プライバシー設定」を押します。

左側の文字一覧に「タイムラインとタグ付け」と表示されるのでそれを押します。

「自分がタグ付けされたコンテンツをタイムラインに掲載するかどうかを確認する」と表示されるので、「編集」の文字を押し、『オン』を選びます。

自分のウォール(写真の投稿やステータスなど、自分のページの更新情報がまとめられたページ)にタグ付けされた写真が表示されなくなります。

ただし、友達のタグ付けを残念ながら防げず、自分で友達に直接頼むしかありません。なんだかSNSのシステムに自分達の友情を試されているようで複雑な気持ちになりますがそう言ったものらしいです。

プライバシーの捉え方は簡単ではありません

このようにタグ付けする設定方法は簡単ですが、やはりプライバシーを考えないといけません。しかし友達にタグ付けをされるのを防ぐ方法がきちんと整備されていないのはかなり複雑です。

自分は友達のタグ付けをちゃんと考慮できる人と自信を持ち、頼まれもしてないのに自分が友達にタグ付けをされても、自分が仲間を認めてると前向きに考えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です