Home / ネットワーク・IT / SNS / Facebook / Facebookに写真を投稿する時に綺麗に表示されるサイズ

Facebookに写真を投稿する時に綺麗に表示されるサイズ

Pocket

1
Facebookに写真を投稿すると、元の画像よりも低画質になってしまうといった現象を経験したことはないでしょうか?スマホで撮った日常の写真であればさほど気にならないかもしれませんが、一眼レフなどで撮影した「渾身の1枚」が、低画質になってしまってはなんだか残念ですよね。今回は Facebookに投稿した写真が綺麗な写真のまま表示されるサイズ について解説します。

スポンサーリンク

容量の大きい写真は、圧縮される


Facebookでは、容量の大きい写真は圧縮されてアップロード・公開されます。パソコンでFacebookをやっていれば大して気にならないかもしれませんが、スマホでアクセスしていた場合にはどうしてもパケット(=通信量)を気にしてしまいますよね。

3大キャリアでは、1ヶ月7GBの制限がかかってしまっていますし、それ以外の格安スマホではそれよりも小さい容量での制限がかかってしまっているかもしれません。

そんな時に、とてつもなく大きな、例えば1枚で30MBもあるような超高画質写真が投稿されていたらどうでしょうか?ダウンロード時にはとてつもない負担になってしまいます。そこで、Facebookではそのようなことがおこらないよう、写真を圧縮処理しているのです。

Facebook推奨サイズは2048ピクセル

Facebookでは、写真を最もきれいに投稿するためには、投稿する画像を 2048ピクセル に調整してアップロードすることを推奨しています。つまりは、画像編集ソフトを用いて、投稿する画像の長辺を2048ピクセルにリサイズしてからアップロードすれば良いということです。(もちろん、写真が歪んでしまうことを防ぐために縦横比は固定したままリサイズしましょう。)

WindowsであればOSに標準搭載されている「ペイント」を用いればこの操作ができますし、Macintoshでも同じく標準搭載されている「写真」を用いることで同様の操作ができます。それぞれ操作方法は異なりますのでこのページで解説することは避けておきますが、慣れてしまえば1分もかからずにできてしまうほど簡単な作業です。もっと高度な編集を合わせて行いという方には、AdobeのPhotoshopなど専用の画像編集ソフトを利用するのが良いでしょう。

プロフィール写真

プロフィール写真はFacebookページを開いた時に左上に表示されている円形のアイコンのことです。プロフィール写真に適切なサイズは下記のようになっています。

パソコン 170×170
スマホ・タブレット 128×128

用意する画像は正方形のものを

実際に表示されているアイコンは円形にくり抜かれていますが、アップロードする画像は正方形のままで大丈夫です。Facebookが自動で処理を行って円形にくり抜いてくれます。

また場合によっては正方形の画像が表示されることもあるようです。このようなことから自分でわざわざ円形に処理する必要はないと思われます。

カバー写真

カバー写真はFacebookページを開いた時に上部に表示されている横長写真のことです。カバー写真に適切なサイズは下記のようになっています。

パソコン 820×312
スマホ・タブレット 640×360

訪問者に与える印象のウェイトが大きい

カバー写真はページを開いた瞬間に目に飛び込んでくることになります。このようなことからカバー写真が訪問者に与えるイメージはとても大きいものとなっています。適切なサイズでアップロードして少しでも画質の良いものを利用したいですね。

またカバー写真のスペースには写真だけではなく動画を設定することもできます。動画を採用している場合ニュースフィードに表示されやすいという特徴もあるようなので、多くの人に対してアピールしたい場合は動画を使ってみるのも良いかもしれません。

タイムラインのサムネイル写真

タイムラインのサムネイル写真は自分の投稿がタイムラインに流れた時に一緒に表示されるサムネイルのことです。タイムラインのサムネイル写真の適切なサイズは下記のようになっています。

パソコン 470×394
スマホ・タブレット 628×628

画像で注目してもらおう!

投稿を見てもらうためにはまず注目してもらわなければいけません。サムネイル写真はその役目を果たしてくれますので、可能な限り綺麗な写真を使いたいところです。

Facebookに写真を投稿する時の注意点


Facebookに写真を投稿する時は適切なサイズを意識することも大切ですし、他にも注意しなければいけないことがいくつかあります。

ここでは事前に把握しておいたほうが良いことをご紹介します。

パソコンとスマホどちらに合わせる?

Facebookで使う写真にはそれぞれ適切なサイズがあることが分かりましたが、パソコンとスマートフォンどちらに合わせるべきなのか、当然生まれてくる疑問だと思います。

この点については サイズが大きい方に合わせること が好ましいです。小さいものを大きくすると解像度が荒くなってしまい画質低下に繋がってしまうことになります。基本的にはサイズが大きいパソコンに合わせましょう。

カバー写真の両端まで見せたい場合は

カバー写真についてはスマートフォンの方が横幅が大きい仕様になっています。カバー写真の両端まできっちりと見せたい場合はスマートフォンのサイズに合わせることも選択肢に入ると思います。

写真を綺麗に見せるための画像ファイル形式は

利用される画像ファイル形式は主に二つ。「JPEG」と「PNG」があります。

JPEG

写真のサイズが軽いが、投稿の際に画質が低下する。ページを開く時に読み込みが早いため、訪問者がストレスを感じにくいというメリットがあります。

PNG

写真のサイズが思いが、投稿の際にも画質が低下しにくい。ページを開く時に時間がかかるが、綺麗な写真のままアップロードしやすいというメリットがあります。

他人が写っている写真を無断アップロードはダメ!

写真は思い出を保存しておける素晴らしいものですが、場合によってはプライバシーを侵害してしまうことにもなりかねません。他人が写った写真を勝手にSNSにアップロードする行為は大変危険です。

楽しい思い出を誰かと共有したい気持ちは分かりますが、アップロードする前に必ず許可をとるようにしましょう。

Facebook規約に違反しないように

Facebookに投稿するコンテンツは基本的に世界中の人が見れるものです。誰かが見た時に不快に感じてしまうような写真はアップロードしないようにしましょう。

利用規約に触れるような物を何度もアップロードしてしまうとアカウント凍結の処置をとられてしまうことにもなりかねません。ルールを守った上で楽しく利用しましょう。

まとめ

Facebookに画像をきれいにアップロードするためには、長辺が2048ピクセルになるようにリサイズしてからアップロードすれば良いのです。できるだけ綺麗に写真を届けたい!という方は、この操作を行ってからアップロードすることがおすすめです。

しかし、それでは物足りない!もっと綺麗な画像を届けたい!という方は、Facebookメッセンジャー等を利用して画像ファイルを相手に送信してしまう方が良いでしょう。残念ながら、Facebookでは2048ピクセルを超えた高画質な写真を満足に扱うことは難しそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Facebookで写真を保存する方法と写真の取り扱い方の注意点

Facebookを見ていると、 …

Facebookでのご購読が便利です