Home / Facebook / 広告運用には外せない!抑えておきたいFacebook広告の基本

広告運用には外せない!抑えておきたいFacebook広告の基本

Pocket

facebook-2651261_640

多くの企業で注目されているFacebook広告をご存知ですか?低コストでありながら細かいターゲティングが可能なため、狙ったターゲットへ向けて的確なアプローチが可能です。

写真広告やカルーセル広告、動画広告、スライドショー広告、キャンバス広告、ダイナミック広告、コレクション広告など、さまざまな広告配信ができます。また、地域や趣味・関心などでターゲット設定ができ、課金種類も選定できます。

Facebook広告は、しっかりと運用をすればリスティング広告よりも低コストで高い効果が期待できます。ここでは、Facebook広告の基本的内容について紹介しています。現在の広告媒体に不満がある方やFacebook広告に興味がある方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.Facebook広告とは?

Instagram、Twitter、Snapchatなど、さまざまなSNSがありますが、圧倒的なユーザー数と知名度を誇るFacebook。Facebookユーザーであれば誰もが見たことがあるであろう「Facebook広告」。

ここではその基本的な内容について見ていきましょう。

1.Facebook内で表示される広告

Facebook広告とは、Facebook内で表示される広告のことです。Facebookのユーザー数は世界では20億人を超え、日本国内においても2800万人が使っています(2017年10月時点)。

その圧倒的なユーザー数とターゲティング精度、使いやすさから非常に注目されています。

2.Facebook広告が表示される場所

パソコン版とスマホ版でFacebook広告が表示される場所が異なります。パソコン版は2ヵ所あり、タイムラインと画面右側のサイドメニュー部分に表示されます。

「広告」と表示されているものはFacebook広告です。スマホ版はタイムラインにのみ表示されるようになっています。

2.Facebook広告の特徴

d9d9b7e1ce0ef723981501025fe3cd87_s

Facebook広告が注目されているのは、ターゲティングの精度が高いうえにコストも抑えられ、費用対効果が高いためです。主な4つの特徴についてそれぞれ見ていきましょう。

1.費用対効果が高い

Facebook広告は費用対効果が高いことで多くの企業が利用しています。まだまだ競合が少ないためリスティング広告やSEOなどに比べてクリック単価が低く、ターゲティングも詳細に設定できるためです。

2.ターゲティング精度が高い

ターゲティング精度の高さはFacebook広告の最大の特徴と言えます。地域・年齢・性別・使用言語・学歴・職業・子供の有無・ライフイベント・行動・趣味・関心・つながりなど、非常に細かく条件を設定できるため、情報を届けたい相手に的確にリーチすることが可能です。

膨大なユーザー数・データ量を誇るFacebookだからこそできるターゲティング精度であり、Facebook広告の優位性に繋がっています。

3.消費者の購買の全てのフェーズで使える

Facebook広告は「認知」「検討」「購入」など、消費者の購買の全てのフェーズで活用ができます。ターゲティング詳細を設定し、目に留まる動画広告で認知を高め、カルーセル広告などで他の商品・サービスよりも高い魅力を訴求し、購入をしてもらいます。

閲覧履歴を基にユーザーの興味の高いサービス・商品のサイトを的確に表示できるため、消費者の購買活動に繋がりやすくなります。

4.個人ベースでのトラッキングができる

Facebookはさまざまなアプリやシステムのログイン連携が充実しているため、違うデバイスやシステム経由の場合でもユーザーの購買プロセスの特定が可能です。個人ベースでのトラッキングができるため非常に効果の高い広告媒体とされています。

3.Facebook広告のターゲティング項目

Facebook広告ではターゲティング項目が多くあり、それぞれ詳細な設定が可能です。アプローチするターゲットを細かく選定できるため、高い効果が期待できます。

1.地域

「この地域のすべての人」「この地域に住んでいる人」「最近この地域にいた人」「この地域を旅行中の人」の4つのパターンでターゲティングすることが可能です。

地域の選択については「国」「地方」「都道府県」「市区町村」「選挙区」「郵便番号」などがあります。

2.人口統計データ

「性別」「交際ステータス」「学歴」「勤務先」などユーザーが登録・公開しているプロフィール情報に基づき指定し、希望の層へリーチできます。

3.趣味・関心

ユーザーの「学歴」や「役職」「所属グループ」「アクティビティ」「いいね!したページ」「趣味・関心リスト」のデータを基に詳細なターゲティングが可能です。

4.カスタムオーディエンス

Facebookのデータと自社で管理している顧客データを紐付けして、ターゲット層へピンポイントでアプローチすることができます。紐付けしたい顧客データをアップロードすればすぐにカスタムオーディエンスが作成できます。

5.類似オーディエンス

類似オーディエンスを利用すれば、顧客と似た特徴を持つ人を見つけてアプローチすることができます。趣味・関心などの類似する特徴を指定し、簡単に類似オーディエンスを作成ができます。新しいソースを追加したり、古いソースを削除するなど、より成果が出るように簡単に調整もできます。

4.Facebook広告の課金の種類

f7e6c9bd722830da8b402e6e50407986_s

Facebook広告の課金の種類には以下の3点があります。それぞれの課金制度の特徴を把握しておき、最適な課金方法で運用するようにしましょう。

1.クリック課金

リスティング広告同様、Facebook広告にもクリック課金があります。表示された段階では料金は発生せず、広告がクリックされると料金が発生します。クリック課金のメリットは、ユーザーがアクションを起こした場合にしか料金が発生しないことです。

注意点としては、誤ってクリックされても料金が発生する点、また、ターゲット設定が最適でないとクリック数だけが増えて費用対効果が悪くなることです。

2.インプレッション課金

Facebook広告はインプレッション課金にも対応しています。インプレッション課金の場合は広告が1000回表示される度に料金が発生します。インプレッション課金の良い点は、「いいね!」や「シェア」などのアクションがあっても料金が発生しないことです。

注意点・デメリットとしては「いいね!」などのアクションがなかったとしても料金が発生してまうことです。

3.最適化インプレッション課金

最適化インプレッション課金は、インプレッション課金と同じように料金が発生します。インプレッション課金と違うのは、希望のアクションをする可能性の高いユーザーへ向けて広告表示ができる点です。

まとめ

圧倒的データ量を活用できるFacebook広告を利用すれば、低コストで高い効果が期待できます。細かくターゲティングを設定できるため、情報を届けたい相手に的確にアプローチが可能です。

また、自社の顧客データを紐付けしてより効果的にアプローチできるカスタムオーディエンスや、顧客と似た特徴を持つ人にアプローチできる類似オーディエンスを作成できます。

他にもさまざまなSNSの広告がありますが、信頼性が高く低コストで運用できるためFacebook広告は非常に人気があります。興味がある方は、ぜひ検討してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

わかりやすい!集客できるFacebookページの作り方

インターネットの発展した現在、 …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です