Facebookで検索エンジンから自分の名前で調べられても投稿内容を見せない方法

LINEで送る
Pocket

5f841c421f8de8b12884407a6cafe387_s

Facebookは完全にプライベートで使っているので、上司など特定の人には自分の名前で検索されるなどして見てほしくないと言う方もいると思います。

Facebookでは「タイムラインを氏名で検索できる人」と言う、検索窓に名前を入力しても自分が検索結果に表示されないようにできる機能があったのですが現在はなくなりました。しかし、完全と言うわけにはいきませんが徹底的に、自分の名前で検索されても投稿内容を見せない方法が複数あります。

そこで、ここではこの複数の方法を順を追って紹介していきたいと思います。

グーグルなどの検索サイトから自分のページを表示させない方法

facebook-medicine2387089_640

Facebookでの投稿内容は、グーグルなどの検索サイトでヒットしないようになっていますがプロフィールページだけは検索されるようになっています。最初に使い始めた時に設定のままだと、自分の名前で検索すると表示されるようになっています。
Facebookの設定は結構わかりにくいと評判で、どこをどう設定したらいいのかわからず、最初に使い始めた時の設定のままずっと長年使っている人も多いのです。また、退会したいが、その方法もわからずに、そのままずっと来てしまっている人も他のSNSに比べると多いようです。

そこでグーグルなどの検索サイトから自分のページを表示させない方法をパソコンとスマートフォンの両方で紹介します。

パソコンの場合

一番右上の下向きの▼ボタンをクリックし、「ページを作成」など文字がズラーッと並んでる中から「設定」をクリックします。

今度は画面左側に「一般」など文字がズラーッと並んでるのでそこから「プライバシー」をクリックします。

すると画面右側の『プライバシー設定とツール』の文字の下に、「Facebook外の検索エンジンによるプロフィールへのリンクを許可しますか?」と言う文字欄があるので、「編集」をクリックします。

「その他の検索エンジンをタイムラインにリンクさせる」のチェックを外すためにクリックします。(「オフにする」ボタンが表示されるのでクリックします。)

スマートフォンの場合

一番左の、三本の横線が縦に並んでいる絵(地球儀みたいな絵の右横)をタップします。

今度は自分のプロフィール画像と名前が表示される画面に切り替わるので、「アカウント設定」と言う文字が見えるまで下方向にスワイプします。

「アカウント設定」の文字をタップすると「プライバシー」と言う文字が表示され、「Facebook外の検索エンジンによるプロフィールへのリンクを許可しますか?」の文字欄が出るので、タップします。

今度は「Facebook外の検索エンジンによるプロフィールへのリンクを許可する」と言う文字欄が出るので、タップし「一時検索を無効にしますか?」と言う文字と共に「確認」ボタンが出るのでそれをタップします。

これでパソコンとスマートフォンとも、『このコンテンツは現在ご覧いただけません。』と表示され、検索サイトから来た人に見せないことができます。ただしFacebook上から検索した人には、その機能は働きません。そこで今度はFacebook上で自分の名前で検索した人にも投稿を見せない方法を紹介します。

自分の投稿を見せない方法

a1dd320bbfdb7f42f9cdd323968f879f_s
Facebookは最初に登録する時に、出身校名、職場名、過去の職場名、既婚、未婚、住所などかなりプライベートな情報を登録します。プライバシーはある程度SNSを使い慣れた現在ではあまりさらさないほうがいいと分かるのですが、Facebookに登録した当時は珍しさも手伝って、洗いざらい登録してしまっている人も多いのではないでしょうか?

さらに自分の書き込みもしかりです。プライベートな日常を人目に触れさせることになりますので、見せたくないと思う人も少なくないでしょう。その場合に自分の登録を見せない方法をご紹介します。

Facebookの設定で自分の書き込みの投稿を今後「友達」だけに見せるという方法があります。
パソコンとスマートフォンの両方でのやり方を先ほどの方法と似ていますが、おさらいのために記載します。こうすることでFacebookを利用している人全員が自分のコンテンツを見られるのではなく、ごく限られた、自分が友達と指定する範囲の人だけが見られる設定に変わります。

パソコンの場合

一番右上の下向きの▼ボタンをクリックし、「ページを作成」など文字がズラーッと並んでる中から「設定」をクリックします。

今度は画面左側に「一般」など文字がズラーッと並んでるのでそこから「プライバシー」をクリックします。

すると画面右側に『プライバシー設定とツール』の文字の下に「私のコンテンツを見ることができる人」と言う文字欄があるので、その中の「今後の投稿の共有範囲」を友達に変更します。

スマートフォンの場合

一番左の、三本の横線が縦に並んでいる絵(地球儀みたいな絵の右横)をタップします。

今度は自分のプロフィール画像と名前が表示される画面に切り替わるので、「アカウント設定」と言う文字が見えるまで下方向にスワイプします。

「アカウント設定」の文字をタップすると、「プライバシー」と言う文字が表示され「私のコンテンツを見ることができる人」の文字欄が出るので、その中の「今後の投稿の共有範囲」を「友達」の設定に変更します。こうすることで、共有範囲を見れる人の範囲がぐっと狭まります。

これでパソコンとスマートフォンとも、今後の投稿は自分の友達にしか表示されなくなりました。ですが今までの投稿を「公開」にしているものはそのまま公開になったままなので、注意が必要です。

次はさらに徹底を究めると言うことで検索自体されない方法を紹介します。
自分の名前をローマ字のみに変更しましょう。

例えば『顔 太郎』と言う名前の場合『kao taro』に変更し直します。

パソコンでは、先ほどと同じように▼ボタンをクリックし、「一般」の文字欄をクリックし該当の部分を編集しましょう。 スマートフォンでは、三本の横線が縦に並んでいる絵をタップし、出てきた「一般」の文字欄をクリックし該当の部分を編集しましょう。すると漢字で検索する人には自分の名前は登録されません。しかしこの方法ではローマ字での検索にはヒットしてしまいます。そのため、Kao taroではなく、姓名を逆にTaro Kaoとするとか大文字を使わず、kao taroにするなど工夫をしてみて下さい。

その他、facebookで知っておきたい裏技・知識集

pak85_desk15215645_tp_v
Facebookは誰との繋がりも拒まない人には最強に便利で楽しいツールですが、人によって繋がりたくない人がいる人などにとっては、鬱陶しい場面もあるのではないでしょうか?そういった場合にちょっとした裏技を知っていると、イライラしないですみます。意外に簡単な方法なのですが、意外と思いつかないことばかりです。

①facebookにログインしないで検索する方法

自分はFacebookを利用していないのだけど、気になる人や好きな人など特定の人のFacebookの内容を知りたいと思う人も多いのではないでしょうか?そういった場合にはちょっとした裏技があります。

それはYahoo!(ヤフー)やの検索窓で「Facebook、○○(相手の名前)」を入れて検索するだけなのです。Facebookと相手の名前の間にはスペースを開けるだけでも大丈夫です。これだけで相手のFacebookのトップページが表示されます。

②「知り合いかも」でなぜ友達が表示されるのか

Facebookにログインしている時、あるいはログインしていなくてもスマホのトップ画面などに古い友達や、友達の友達でFacebookを利用している人などが表示される場合があります。これは懐かしくて会いたかった友達などの場合は歓迎しますが、もう忘れたい友達、会いたくない友達の場合は鬱陶しく思ってしまいますよね。

なんだか気味が悪い、怖い、とさえ感じるFacebookこの「知り合いかも」機能ですが、実は自分のこれまでのFacebook利用の履歴が関係しているのです。

そのひとつには、「共通の知り合いがいる」場合です。共通の知り合いがいるとその知り合いかもの人の名前の横に、共通の友達の名前が表示されます。これをみるとちょっとほっとしますよね。

また、Facebookで自分が学歴や職歴も登録している場合、ほぼ同時期に共通の出身校、共通の会社に所属していた人が表示される場合もあります。この仕組みを知れば、あまり気味が悪いとは思わなくなるものです。

またSkypeや、Hotmail、Yahoo、iCloudなど、連絡先のデータ、あるいはスマートフォンの連絡先のデータなどに、知り合いかもの人と共通のデータがある場合には、知り合いではないかとFacebookが尋ねてくる場合も多いです。

③「知り合いかも」に自分が表示されにくくするには?

まったく知らない人が「知り合いかも」として表示されるのは鬱陶しいものですが、相手のスマホ画面やPC画面にも自分の情報が表示されているのかと思うとちょっと複雑な気持ちになりますね。

そういった場合には回避方法があります。それはFacebookの友達の範囲を最小限にする、学歴や職歴は掲載をしない、また、スマートフォンの中に入っている要らない連絡先などのデータは削除することです。これだけで、「知り合いかも」で表示される知らない人はずいぶん減ってくると思いますので一度お試しください。

さらに、Facebookのプライバシー設定の「私を検索できる人」の「メールアドレスを使って私を検索できる人」「電話番号を使って私を検索できる人」を「友達」という設定にするのもおすすめです。

まとめ

facebook-box-1334045_640-640x330
Facebookは確かに遠く離れた友達とも交流ができる楽しいツールですが、見てほしくない人もいる場合使い方に困ってしまいます。普段は「友達」範囲にして、見せたい場合には「公開」範囲で見せるのがおすすめです。

投稿範囲を「友達」にして、ネット検索から辿って投稿内容を見られないように「その他の検索エンジンをタイムラインにリンクさせる」の設定を変えるのです。

もう一工夫欲しいなら名前をローマ字にする。だけど知人がネット上を辿って会いに来てくれやすいよう、あるいは誰かに投稿内容を見せたい場合には、投稿範囲を個別に「友達」から「公開」に変更するやり方も良いのではないでしょうか?(パソコンとスマートフォンともに各投稿内容の上部にある▼ボタンから変更できます。)

この記事がきっかけで、「知り合いかも」等でまったく知らない人が表示されてちょっと鬱陶しく感じていたFacebookのある生活がより楽しくなると幸いです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です