自分のFacebook上のデータをダウンロードする方法

LINEで送る
Pocket

PAK86_codeing20140517_TP_V
Facebookを退会、もしくはバックアップ用に保存したい時の為の、自分のデータのダウンロード方法を紹介しています。(友達など他のページも、ダウンロード出来る方法ではありません。)

Facebook上の自分のページも、相手のパソコン上に保存しているデータですからずっと保管されているとは限りません。ですので予め自分でダウンロードして対策しようと言う意図もあります。これを読めば。インターネット上の自分のページ保護技術が身につくはずです。

なおパソコン上ての操作方法のみを消化していますが、スマートフォン上でのやり方は発見出来ませんでした。ですが出来たとしても大概の場合はスマートフォンの容量ではダウンロード出来ないはずです。

スポンサーリンク

時間がかかる準備に移るまで

kiban2-480x360
Facebookページ右上の▼マークをクリックすると、「ページを作成」などずっと選択肢が出るので、その中から「設定」を押します。

すると画面右側に、「一般アカウント設定」欄が出るので薄くて一見分かりにくいのですが、「Facebookデータをダウンロード」の『ダウンロード』の部分を押します。

今度は「アーカイブを開始」ボタンが出るので入力します。パスワードを求められるので自分のFacebookで使ってるパスワードを入力します。

すると『大分時間がかかるかもしれませんよ』と言う旨の断り書きが出ますが、大丈夫な場合は「アーカイブを設定」ボタンをクリックします。ちなみにそのダウンロード準備完了まで数時間から一日以上かかります。

いよいよダウンロード開始!

長くかかるはずの準備が終了した後、Facebookに登録した際のメールアドレスの受信箱に、「完了しましたよ」の旨が届くので、開きURLをクリックするよう求められるので開いてパスワードも入力します。

するとダウンロード開始画面が出るので「アーカイブをダウンロード」をクリック。(その際もまたパスワードを求められるので入力。)

「アーカイブをダウンロード」ボタンを押せばダウンロードが開始されます。

いよいよダウンロード開始!

予めファイルは圧縮された状態になっていますので(容量が大きいため)、それを解凍すると過去のプロフィールやウォール、写真や動画、友達一覧やメッセージなどが見られます。 今まではネットに繋がった状態しか見られなかったそれが、見られるようになります。

時間はかかりがちですがやる価値はあります。

正直、少しダウンロード方法が分かりにくい上に時間もかかりやすいのが欠点です。しかし、もしもを考えるとそれに見合うものがあるはずです。

今回の方法を通して、自分のページの保護意識を高めてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です