Home / ネットワーク・IT / SNS / Facebook / Facebookの「足跡」機能と「知り合いかも」機能を徹底解説

Facebookの「足跡」機能と「知り合いかも」機能を徹底解説

相手のFacebook上で「知り合いかも」に表示されにくくする4つの方法

Facebookでは近しい人しか友達申請したくない、もしくはFacebookアカウントがあることをあまり多くの人に知られたくない人もいるでしょう。
ここでは、相手の「知り合いかも」に表示されにくくする方法を4つ紹介します。

①「自分を検索できるユーザーの制限」を変更する

Facebookでは、メールアドレスや電話番号によって友達を検索することができます。ここで検索することができる人に制限をかけてみてください。

  1. 設定とプライバシーをタップする
  2. 設定をタップする
  3. プライバシー設定をタップする
  4. 「メールアドレスを使って私を検索できる人」及び「電話を使って私を検索できる人」をタップする
  5. 項目を「全員」から「友達の友達」や「友達」に変更する

②「私に友達リクエストを送信できる人」に制限をかける

「知り合いかも」にユーザーが表示される時、ユーザーのトップ画面と共に「友達になる」というボタンが表示されます。

したがって、友達申請できる人を制限することで、「知り合いかも」に表示される可能性を下げることができると考えられるでしょう。

  1. 設定とプライバシーをタップする
  2. 設定をタップする
  3. プライバシー設定をタップする
  4. 「自分に友達リクエストを送信できる人」をタップする
  5. 項目を「全員」から「友達の友達」に変更する

③インポートした連絡先を削除する

インポートした連絡先を削除することで、他の人の「知り合いかも」に表示される可能性を下げることもできます。

  1. [連絡先のアップロードと管理]画面に移動する
  2. 「インポートした連絡先」の箇所で「すべて」を選択する
  3. 「すべて削除」をタップする

 

④外部検索エンジンから自分のFacebookが表示されないようにする

Google等で検索した際、検索結果でFacebookタイムラインのページが表示されることがあります。

これだと、検索した結果タイムライン経由で他の人に自分のアカウントを知られる恐れがあります。

  1. 設定とプライバシーをタップする
  2. 設定をタップする
  3. プライバシー設定をタップする
  4. 「Facebook外の検索エンジンによるプロフィールへのリンクを許可しますか?」で「いいえ」を選択する

次ページ:Facebookの足跡を見るアプリ6選

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Facebookで間違って友達申請をした時に削除する方法

星の数ほどあるアプリの中でも、 …

Facebookでのご購読が便利です。