エクセルでまず覚えるべき関数と身につける方法

LINEで送る
Pocket

パソコン③

エクセルには数多くの関数があり、関数を使うことで、簡単にデータ分析ができたり、表を作成することができます。ここでは、エクセルでまず覚えるべき関数と身につける方法について紹介しています。

基礎的な関数と使い方を紹介していますので、使い方を身につけるためにも、とにかく1回でも良いので実際にエクセルで使ってみることです。使ってみることで、自然と覚えていきますので、必要不要かは別として、どんどん使っていくようにしてみましょう!

スポンサーリンク

エクセルで覚えるべき関数

SUM

SUMは、合計値を表示するための関数です。多くのセルに数値が入力している場合などに、合計を求めたい数値を指定すれば、すぐに合計値を表示できます。SUM(数値1,数値2)など指定することや、SUM(B2:B10)などセルを続けて範囲にすることもできます。売上金額の合計を求めたいときなど、さまざまななシーンで使えます。

AVERAGE

AVERAGEは、数値の平均値を求める関数です。AVERAGE(数値1,数値2,数値3)など、離れた距離にあるセルの数値を指定して平均値を出すこともできますし、AVERAGE(B2:B10)など、連続しているセルの平均値を出すこともできます。AVERAGEと似たAVERAGEAになるとデータの平均値を求める関数になります。

COUNT

COUNTは、指定した中にある数値や日付、時刻などの個数を求める関数です。COUNT(数値1,数値2,数値3)など、特定の値から個数を求めることもできれば、COUNT(B2:B10)など、連続しているセルの中から個数を求めることもできます。

人数や個数を求めたい場合に便利に使えます。COUNT関数と似ている、COUNTAは、()内にデータがいくつあるかを求めます。COUNTは「数値や日付など」、COUNTAは「データ」の個数です。

ROUND

ROUNDは、四捨五入を求める関数です。数値を指定した桁数で四捨五入します。ROUND関数を使う場合は、ROUND(数値,桁数)と使います。数値部分には、四捨五入したい数値を指定して、桁数には四捨五入する桁の位置を入力します。ROUNDに似ている関数ですは、切り上げのROUNDUP、切り捨てのROUNDDOWNがあります。

TODAY

TODAYは、今日の日付を求める関数です。TODAY()と入力すれば今日の日付が表示されます。()内には何も入力する必要はありません。また、日付だけでなく、NOW関数を使えば時刻も表示できます。TODAY関数同様、NOW()と入力すれば、現在の時刻が表示されます。

MAX

MAXは、指定した数値のなかから最大値を求める関数です。MAX(数値1,数値2,数値3)と入力すれば、数値1〜数値3のなかから1番大きい数値を求めます。MAX(B2:B20)とすれば、B2〜B20までの数値から最大値を瞬時に求めます。MAX関数と似ているもので、MAXA関数がありますが、MAXAは数値ではなくデータの最大値を求めます。

MIN

MINは、MAX関数とは逆に、指定した数値のなかから最小値を求める関数です。MIN(数値1,数値2,数値3)と入力すれば、数値1〜数値3のなかから最も小さい数値を求めます。MIN(B2:B30)と連続したセルを指定すれば、B2〜B30までの数値から最も小さい数値を瞬時に求めます。MINA関数は、数値ではなく最小値のデータを求めます。

RANK

RANKは、指定した数値のなかから順位を求める関数です。RANK(数値,参照,順序)を入力して使います。数値には、順位を求めたい数値を入力します。参照には、順位を求める範囲を指定します。順序には、降順か昇順かを指定します

VLOOKUP

VLOOKUPは、縦方向の範囲に検索をする関数です。表の中から条件を指定して探し出したい場合に便利です。使う際は、VLOOKUP(検索値,範囲,列,検索方法)を入力します。検索値には、検索する値を入力します。範囲にはセル範囲を指定し、列には、範囲の先頭列から数えた列数を指定します。

検索方法には、TRUEか、FALSEを入力します。TRUEを入力すると、同じ値を探すか、ない場合は近い値を表示します(未満の最大値)。FALSEを入力すると同じ値のみを探し出します。VLOOKUPは縦方向の検索ですが、横方向に検索したい場合は、HLOOKUP関数を使用します。

MOD

MODは、指定した数値の割り算の余りを求める関数です。MOD(数値,除数)で使用し、数値には割られる数値を指定し、除数には割る数値を指定して使います。

IFERROR

IFERRORは、エラーの際に別の値に置き換える関数です。IFERROR(値,エラーの場合)で使用し、値にはエラーかどうか調べたい数値などを指定し、エラーの場合には、値がエラーだった際に表示する値を指定して使います。

SUMIF

SUMIFは、SUMのように合計値を出すのですが、条件に合うもののみの合計値を出す関数です。SUMIF(範囲,検索条件,合計する範囲)を入力して使用します。範囲には、セル範囲を指定し、検索条件には、検索するための条件などを入力します。合計する範囲には、合計をしたい値が表示されているセル範囲を指定して使います。

COUNTIF

COUNTIFは、指定した範囲のなかから条件に合うデータの件数のみを求める関数です。COUNTIF(範囲,検索条件)で使用し、範囲には検索するセルの範囲、検索条件には範囲を検索する際の条件を入力し使います。条件に一致する個数を求めることができます。

MODE

MODEは、指定した範囲のなかから最も良く出ている値を求める関数です。MODE(数値1,数値2,数値3)やMODE(B2:B20)など指定して使用するだけで、()内のなかから最も使われている値を求めることができます。

REPLACE

REPLACEは、指定した文字数などの文字列を置換できる関数です。REPLACE(文字列,開始位置,文字数,置き換える文字)を入力して使用し、文字列には、検索対象の文字列を指定し、開始位置には、文字列のどこから開始させるのかを入力し、文字数には、置換したい文字数を入力し、置き換える文字には、文字列を置き換える数値等を指定して使います。

LEN

LENは、文字数を教えてくれる関数です。LEN(文字列)を入力すれば、()内にある文字数を瞬時に教えてくれます。LENB関数では、同様の使い方で()内のバイト数を教えてくれます。

PHONETIC

PHONETICは、ふりがなを表示させる関数です。PHONETIC(参照)と入力すれば、(参照)の範囲のふりがなを表示することができます。PHONETIC(A2:B2)と入力すれば、A2〜B2のふりがなが取り出され表示されます。

EOMONTH

EOMONTHは、月末の日付を求めることができる関数です。EOMONTH(開始日,月)と入力するだけで使用でき、開始日には、起点となる日付、月には、月数を入力すると使えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?エクセルには、まだまだ多くの関数があり、今回紹介した関数は基礎的なものが中心です。身につけるためには、とにかく使ってみるしかありませんので、どんどん試しに使ってみてください!使ってみるうちに自然と身についていきます!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です