Home / Wi-fi / ERPって何?ERPのパッケージの種類と選び方、代表的な製品

ERPって何?ERPのパッケージの種類と選び方、代表的な製品

Pocket

b94114fbad410f03d0cd1a05b63f29b2_s

ERPという言葉を聞いたことや意味をご存知ですか。企業経営の効率化を図るために導入されるシステム・ソフトウェアの1つです。現在勤務されている企業にも導入されている可能性があります。

ここでは、「ERPって何?ERPのパッケージの種類と選び方、代表的な製品」について紹介いたします。ERPを導入することで得られるメリットなども紹介していますので、興味がある方や、言葉を聞いたことがある方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.ERPとは

6076e8befc572fecaec465df73a448a8_s

ERPは、Enterprise Resource Planningの略です。企業が健全な経営を行っていくうえで大切な、ヒト・モノ・カネ・情報などを統合的に管理して分配を行い、業務や経営を効率化し、全体最適を目指すためのシステム・ソフトウェアパッケージのことです。ERPはさまざまな業種や業態や中小企業向けのパッケージもあります。

以前は、各部門や事業部で経費や物流、在庫、販売、受注などの管理を行うのが効率的と考えられ主流の企業が多くありました。しかし、部分最適は図れても、企業全体で見ると非効率な点も多くありました。ERPを導入することで、ソフトウェアを使って各情報を一元管理できるようになり、企業の全体最適が図れるようになります。

あくまでもERPは、部門などの個別業務の効率化をするシステムではなく、企業の全体最適化を行うためのシステムです。統合基幹業務システムや統合業務パッケージとも言われています。ERPパッケージは、NECや日立製作所、オラクル社、Microsoft社などが提供しているものが有名です。

ERPでは、財務会計管理や予算管理、販売管理、購買管理、人材管理、顧客管理、営業支援管理、在庫管理、プロジェクト管理、マーケティング管理などのシステムを提供します。

ERPは、導入する企業の目的に合わせて、すべての業務をカバーする完全統合型ERPや、在庫管理や顧客管理、人材管理など、ある業務のみだけにERPを導入する業務ソフト型、ある程度まとまった業務に導入するコンポーネント型ERPなど、導入の仕方も多彩です。

ERPパッケージは、海外進出企業向け、中小企業向け、商社・卸し向け、輸出入貿易商社向け、機器販売保守業向け、化粧品製造業向け、外食業向け、製造業向け、組立加工業向けなど、さまざまなパッケージの種類が存在します。

2.ERPの選び方

ERPの選び方は、企業によって異なります。さまざまな業種・業態向けにERPパッケージが存在し、導入の仕方も、完全統合型ERPなのか、業務ソフト型なのか、コンポーネント型ERPなのかなど、企業の目的や状態によって選び方はさまざまです。会計、販売、在庫、購買、生産など、各部門ごとにも必要な機能が入っていなければいけません。また、コストや操作性なども重要です。

ERPの導入にあたり、ソフトウェア費用やカスタマイズ費用、教育費用などもかかります。経営の合理化のためにERPを導入するわけですので、操作性も大切です。ERPを導入しても操作しずらければ、効率化されたとは言えません。ERPを選ぶ際は、企業の目的や状況に合ったもの、コストパフォーマンスの優れたもの、操作しやすいものを選ぶ必要があります。

3.ERP導入のメリット

ここでは、ERPを導入することで得られるメリットについて紹介いたします。

1.データベースを統合できる

ERPを導入するメリットの1つに、データベースを統合できることがあります。企業によっては、各部署や部門ごとにデータが分断されたシステムになっています。ERPを導入することで、マスターデータや取引データなどを一元管理できるようになり、どの部門がデータを扱っても、すべてに反映されるので、効率化し、より連携を強化できます。

2.リアルタイムな情報を把握できる

ERPを導入することで、すべての情報が繋がり管理できます。ERPを導入する前までは、各部門が情報更新してもすべての情報にリアルタイムで反映されることはありませんが、導入されることで、どんな情報も反映され、すべての情報がリアルタイムで更新されます。最新の情報を元に分析や判断ができるようになり、情報の集約に時間を掛けることもありません。業務効率もアップします。

3.情報の見える化が図れる

ERP導入により、それまで全体で見れなかった情報も見ることができるようになります。これにより、経営状況や在庫管理、人材管理、生産コスト、債権など、さまざまな情報が見えるようになり、素早い情報収集が可能になります。各部門や上層部の意思決定のスピードも上がる可能性があります。

4.情報規制が強化される

ERP導入によって、社内システムへのアクセスや更新などの管理ができるようになり、情報規制を強化できます。データが分断されていると規制も何もできず、不正データや書き換えなどを防ぐことは難しいですが、一元管理することにより、セキュリティも高めることが可能です。

4.ERPパッケージ製品について

ここでは、ERPパッケージ製品についていくつか紹介いたします。

1.Microsoft Dynamics 365 for Operations

Microsoft Dynamics 365 for Operationsは、会計、販売、生産管理、購買、流通、小売業向けの機能を中心としていて、さまざまな業種・業態に対応ができます。2層ERPモデルにすることで、大規模なERPを各拠点へ展開することで生じる大きなコストを抑制し、低減します。パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドなどのクラウド環境にも対応しているため、企業のクラウド環境にも適合します。

2.NEC EXPLANNER/Ai

NECのERPシステムのEXPLANNER/Aiは、販売、債権、債務、会計、給与、人事、在庫管理、システムを統合し効率化します。単体企業でもグループ企業でも業種を問わず利用することができます。日本の商習慣や法制度に対応していますので、スムーズに使えます。

シンプルで分かりやすいユーザーインターフェースになっているので、導入してもすぐに操作に慣れることが可能です。また、EXPLANNERシリーズは、会計システム、固定資産管理システム、人事システム、Saas型ERPソリューション、統合業務パッケージなどもあり、さまざまな導入方法にも対応できます。

3.Oracle E-Business Suite

Oracle E-Business Suiteは、オラクル社が提供する財務会計、人事管理、サプライ・チェーンマネジメント、プロジェクト管理、マスターデータ管理などを統合したERPパッケージです。海外展開するグローバル企業にも問題なく導入できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、「ERPって何?ERPのパッケージの種類と選び方、代表的な製品」について紹介いたしました。ERPを導入することで、さまざまなデータを一元管理でき、正確な情報をリアルタイムで把握することができるようになります。

情報を早く得れることで、意思決定のスピードも上がり、業務全体が効率化されます。データの書き換えなども防げる可能性がありますので、情報規制も高めれます。既に勤務先にERPが導入されている場合は、使いながらERPのメリットやデメリットについて考えてみても良いでしょう。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

purse-1359848_1920-660x330

Wi-fiルーターの価格相場とおすすめ商品

スマートフォンやタブレットは、 …

Facebookでのご購読が便利です