Home / Mac / MacでDVDを作成するために使えるソフトウェア3選

MacでDVDを作成するために使えるソフトウェア3選

Pocket

最近は、フラッシュメモリの価格が下がり、大容量のUSBメモリやSDカードがとても安い価格で手に入るようになりました。データの保存にフラッシュメモリを利用するメリットは、Macのポートに差し込むだけで、誰でも手軽にデータを記録することができることです。ただし、フラッシュメモリのデメリットとして、簡単に消すことができてしまうことです。大切なデータも誤って消してしまうこともあります。

そこで、誤消去することがないようDVDやCDに重要なデータを記録して保存している利用者もいます。また、自分で撮影・加工したビデオデータを家族や友人にビデオDVDにして見てもらおうとするときも、DVDライティングソフトのお世話にならなければなりません。

今回は、Macで簡単にDVD(CDも含めて)を作成できるDVDライティングのお勧めソフトを紹介します。初心者から上級者まで、単なるデータ保存から、音楽CD・映像DVDと作成目的に応じて、無料・有料のライティングソフトがあります。

ただし、コピーガードがかかているDVDのプロテクトを解除して複製を作成することは、個人的な利用であっても日本国内においては現在の著作権法上違法となりますので注意してください。

スポンサーリンク

Apple純正ソフトがナンバーワン

ビデオDVDを頻繁に作成することがない人、趣味としてビデオDVDを作成する人は、ライティングソフトにそれほどお金はかけたくはないはずです。そのような方には、Mac OS Xに付属するソフトウェアを駆使すれば、かなりの部分DVDライティングソフトはなくても大丈夫です。そのソフトはMacのOS Xで普段使用している「Finder」と「ディスクユーティリティ」です。Macの利用者であれば、知らない人はいないぐらいで、日常的に無意識に使用されていると思います。

「ディスクユーティリティ」は、普段はあまりお世話にならない方もいらっしゃるかもしれませんが、OS Xの「ユーティリティ」フォルダに入っています。

外付けのハードディスク、USBメモリ、SDカードなどを初期化したり、内蔵のハードディスクやSSDを初期化してOS Xを再インストールしたりする時に使います。

このディスクユーティリティで以外に知られていない機能としては、DVDをコピーするためのISOファイルを作成する機能もあります。DVDを作成するための便利な機能も有しています。

ディスクユーティリティを使ってDVDをコピーする

最初にディスクユーティリティを使用してDVDディスクのイメージファイル(.cdr)を作成しハードディスクなどに保存します。

操作手順は、ディスクユーティリティのメニューから〔ファイル〕ー〔新規イメージ〕ー〔”****”からイメージ作成〕と進み、「フォーマット」を「DVD/CDマスター」にして、ハードディスクの任意の位置にイメージファイルを作成します。

01

Finderを使ってDVDを作成する

書き込み可能なからのDVDディスクをスーパードライブへセットします。この状態でDVDへ書き込みたいファイルまたはフォルダを右クリックすると「…のディスクを作成」というメニュー項目が表示されるようになります。これを実行するだけでDVDディスクへデータが書き込まれます。

02

なお、この方法ではコピープロテクトがかかったビデオのコピーはできません。

番外編、iTunesの意外な機能

iTunesは、iTunes Storeから音楽をダウンロードしたり、CDから複製を取ったりしてiPhoneへ保存して活用されていると思います。
実は、iTunesには、音楽CDを作成する機能も備わっています。作成の手順もMacらしく簡単です。CDに保存したい音楽をプレイリストとして作成しておきます。そして、プレイリストを右クリックして「プレイリストからディスクを作成」を実行します。あとは、CDをスーパードライブにセットするだけです。

03

ナンバーワンの理由

ビデオDVDの新規作成以外であれば、Macの純正アプリやツールだけで事足りてしまいます。ディスクユーティリティとFinderを使いこなすだけです。これが、ナンバーワンの理由です。

Macに付属しているApple純正のビデオ編集アプリiMovieで作成したビデオ映像については、次で紹介するフリーソフトのBurnを使ってファイル変換すればDVDを簡単に作成することができます。

DVDを作成するフリーソフトのナンバーワンは「Burn」

データDVDの作成であれば、ナンバーワンは、比較するまでもなく、Macのディスクユーティリティ及びFinderですが、手順を間違えないよう操作を覚える必要があります。

そこで、フリーのソフトを使うことを考えましょう。フリーのDVDライティングソフトの定番は、「Burn」というソフトです。操作が分かりやすく簡単、そして動作が軽いというのがお勧めのポイントです。

Burnのダウンロード

Burnは、安全のためにも公式サイトからダウンロードしましょう。

Burn – Home

ダウンロードサイトの表示は英語ですが、インストールしたソフトの画面表示は、日本語になりますので安心してください。

インストールの手順は、ダウンロードしたファイルを開き、Burnのアイコンを「アプリケーション」フォルダに移動するだけです。

Burnの操作手順

起動したら、「ビデオ」タブを押し、右上にあるコンボボックスから「DVD-Video」を選んでおきます。

04

メニューの「環境設定」から「ビデオ」を選び、「一般」タブで、「地域」を「PAL」から「NTSC」に切り替えておきます。

05

次に、「ビデオ」タブで「DVD」を選び、画面中ほどの「MPEG2エンコードを強制する」を選びます。

06

DVDに書き込みたい映像ファイルをBurnアプリウィンドウへDドラッグアンドドロップします。ここでファイル形式が適合しない場合は、mpegへの変換を要求してきます。一時的な保存場所を指定しておきましょう。
あとは、「ディスクの作成」ボタンを押すだけです。

07

DVDライティング、有料ソフトのナンバーワンは「Toast 14 Titanium」

古くからMacを使っている人は、Corel社(旧Roxio)の「Toast」と言えば、ライティングソフトの定番でした。
今でも、その操作性、機能とも一品であり安心感のあるソフトです。現在は、ダウンロード版が¥14,904円で販売されています。

Roxio Toast 14 Titanium – DVD 作成 – ビデオ変換 – 音楽およびビデオのキャプチャ(Mac 対応)

ビデオのキャプチャ、ビデオ形式の変換、コピー等の機能が充実しています。
お試し版は、残念ながらありませんが、間違いのない選択であるとお勧めします。

AppStore版、「Toast DVD」

Toastの廉価版入門編がAppStoreから、¥2,400円で販売されています。

Toast DVD を Mac App Store で

iMovieで作成したビデオからもビデオDVDを作成することができます。「Toast 14 Titanium」は高すぎてちょっとという方にはお勧めです。

a01

出典:Toast DVD を Mac App Store で

MacのBlu-ray対応

Macの純正の光学式ドライブ装置では、Blu-rayディスクへの読み書きには対応していません。OS XとしてはBlu-ray対応しているので、Blu-ray 対応のドライブ装置さえあれば利用することができます。

その他の便利なツール

自分で作成したり、人から頂いたコピー保護機能の付いていないビデオDVD、Blu-rayディスクをリッピングしてデータファイルとして保存するツールでは、MKVファイルへ高速変換するツール「makeMKV」があります。

MakeMKV – Download

08

リッピングが始まると、次のような画面になります。

09

リッピングは非常に高速で処理されます。

10

使い方のヒント

DVDの作成の練習には、DVD-RWを利用すると便利です。思い通りに作成できないで失敗しても、簡単に初期化できるので、未使用のDVDとして再利用することができます。試しに練習するには最適です。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

MacのキーボードでiPhoneに文字入力する方法

iPhoneでの文字入力では、 …

Facebookでのご購読が便利です