地上デジタルチューナーって何?デジタルチューナーの基礎知識

LINEで送る
Pocket

アナログ放送が終了し、現在では地上デジタル放送によるテレビ電波通信が行われています。この放送電波を受信することによって、テレビ放送の視聴が可能になるというわけです。

この電波を受信するためには地上デジタルチューナーなどの電波を受信する機器が必要で、現在販売されている製品には内蔵されているものも多いですが、場合によっては別売りのチューナーを接続する必要があります。ここでは、そんな地デジチューナーに関する基本的にな知識について紹介していきましょう。

スポンサーリンク

地デジチューナーとは?

1
出典:激安〜! イオンから低価格地デジチューナー発売 : ギズモード・ジャパン

地上デジタル放送は、地上アナログ放送に代わる次世代のテレビ電波方式として登場しました。

移行期間中は、デジタルとアナログの両方を視聴可能でしたが、2011年7月からは、本格的な移行により地上デジタル放送のみとなり、アナログ放送にしか対応していない機器に関しては、視聴が不可能となったのです。地上アナログチューナーは、全国各地にある放送局から送られる地上デジタル放送の電波を受信するために必要不可欠の機器となっています。

視聴に関して他に必要な機器は?

地上デジタルチューナーだけでは地上デジタル放送を視聴することができません。視聴するためには、対応するテレビに加えて、B-CASカードと呼ばれるカードが、一台のテレビにつき一枚必要です。

地上アナログ放送の電波は、アナログ放送のように受信すればそのまま視聴できる形のものではなく、暗号化された電波として発信されています。そのため、受信が可能というだけでは視聴できないようになっており、暗号解除に必要な情報を記録しているICチップを内蔵したB-CASカードが必須になるのです。

受信する地域の環境によって電波状況が悪いこともあるため、場合によってはブースターなどの電波の強さを増幅する機器も導入しなければならないこともあるでしょう。

アンテナに関しては、アナログ放送と同じ電波帯域を使用しているため、そのまま利用できるようになっていますが、多くの地域ではアンテナなしでも受信できる電波なので、電波の受信状態に応じて設置すると良いです。

地デジチューナーの種類

2
出典:アナログテレビでも一安心、東芝がUSB外付けHDDにデジタル放送を録画できる高機能な「レグザチューナー」を発売へ – GIGAZINE

地デジチューナーの種類には、大きく分けると地デジのみを受信するタイプのものと、BSやCS放送の電波も受信できるタイプのものがあります。視聴したいサービスに対応しているかどうかもチューナー選びのポイントになるでしょう。

汎用性の高さに比例して値段も上がっていく

地デジチューナーは、機能の汎用性に応じて値段が変わってきます。より高機能であるほど、一般的には値段も上がっていく傾向にあるので、必要な機能を備えたチューナーを買うようにしましょう。

・地上デジタル放送のみのタイプ
これが一番シンプルです。地デジのみで十分だと言う方はこのタイプのチューナーを選択すると良いでしょう。値段も最も安く、5000円前後で購入可能です。

・地デジ+BS・CS放送が受信可能なチューナー
地デジだけでなく、BS放送なども視聴したい場合に選びたいタイプです。このほかにも専門チャンネルを受信できるタイプのものがあるので、用途に応じて選ぶと良いでしょう。値段は少し高くなって平均9000円ほどで購入できます。

・パソコンにも接続できる拡張型のタイプ
一般的にはテレビに接続するものが多いですが、最近ではパソコンで視聴するという人も増えてきています。汎用性が高いので、値段も13000円ほどと高めです。

・録画などの高機能を備えたタイプ
本格志向の機能を備えており、ハードディスクにつなぐことで、ハードディスクレコーダーの代わりもこなせます。値段も18000円と高いので、ある程度使いこなせる人向けの製品です。

どういった視点で選ぶかが重要

3
出典:地デジチューナー付き無線LANルーター | ここがポイント!3分でわかる製品情報 | アイオーファン | IODATA アイ・オー・データ機器

いくら機能性に優れているとはいえ、チューナーはあくまで地デジを受信するための機能がメインです。最近のテレビの多くは、チューナーを内蔵しているタイプの製品が多いので、買い替えてしまえばお役御免と言う事態にもなりかねません。

そのため、手持ちのテレビの状況に応じた製品を選ぶことが重要です。せっかく買ったのに、すぐにお役御免になってしまったという事が無いように、チューナーを購入する際には、パートナーとなるテレビのことも考えるようにしましょう。

状況別に応じた地デジチューナーの選び方

ケース1:テレビが古くチューナーが必要だが、近々買い替えも検討している場合
この場合は安いチューナーで十分です。わざわざ高いチューナーを買うよりも、買い替えが間近に迫っているならば、一時しのぎで安い製品を選びましょう。

ケース2:ブラウン管テレビや白黒テレビで視聴したい場合
今ではほとんど見かけなくなりましたが、ブラウン管テレビなどでも地デジを視聴することができます。チューナーの多くはビデオ入力端子に接続するタイプのものが多いですが、アンテナ端子に直接つなぐタイプのチューナーもあるので、入力端子のないテレビでは、こうしたタイプのチューナーが適しています。

ケース3:スマホやタブレットで地デジを視聴したい場合
スマホやタブレットの機能にもテレビ視聴できるものがあります。それでもチューナーが無いと地デジが視聴できないので、この場合には、無線LAN付きの地デジチューナーを購入しましょう。ワイヤレスで視聴できるので、アンテナ線を気にすることなくテレビ視聴が楽しめるのが特徴です。

お役御免になった地デジチューナーの活用方法

4

出典:価格.comマガジン iPad/iPhone用の地デジ視聴アプリ「テレキングmobile」を使った

地デジ放送を受信できるようにする、というだけの役割を担う地デジチューナーですが、使い方ひとつで色々な媒体でテレビ視聴が楽しめるツールです。テレビ以外でも、パソコンやタブレットなどで楽しみたいと言う人が増えているので、独立型の地デジチューナーの役割はまだまだ続いていくでしょう。

新しいタイプの製品が次々に登場していますが、より汎用性の高いタイプの物へと進化していっているようです。

自宅の無線LANと組み合わせる

無線LAN機能の付いたインターネット回線と地デジチューナーを接続することで、お手軽に無線で地デジ視聴できる環境が整います。家庭用の無線LAN機器は比較的安価で購入できるので、スマホやタブレットなどの媒体で視聴できる環境を作るためのチューナーとして、再活用することが可能です。

チューナーのタイプにより接続の仕方が異なりますが、多くの場合はUSBポートやLANケーブルを経由しての接続ができるので、お役御免になった地デジチューナーの多くはこれで救済できるでしょう。

最近では完全に地デジ化へ移行したこともあり、独立型の地デジチューナーの多くは、モバイル機器での視聴を目的とした形にシフトしつつあります。普段使っているスマートフォンでの視聴が簡単に設定できるので、使わなくなったチューナーがあれば試してみるのも一興です。

様々な形で利用できる地デジチューナー

地デジ放送を受信できるようにする、というだけの役割を担う地デジチューナーですが、使い方ひとつで色々な媒体でテレビ視聴が楽しめるツールです。テレビ以外でも、パソコンやタブレットなどで楽しみたいと言う人が増えているので、独立型の地デジチューナーの役割はまだまだ続いていくでしょう。

新しいタイプの製品が次々に登場していますが、より汎用性の高いタイプの物へと進化していっているようです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です