Home / 地デジ / 地上デジタルチューナーって何?デジタルチューナーの基礎知識

地上デジタルチューナーって何?デジタルチューナーの基礎知識

Pocket

 

アナログ放送が終了し、現在では地上デジタル放送によるテレビ電波通信が行われています。この放送電波を受信することによって、テレビ放送の視聴が可能になるというわけです。

この電波を受信するためには地上デジタルチューナーなどの電波を受信する機器が必要で、現在販売されている製品には内蔵されているものも多いですが、場合によっては別売りのチューナーを接続する必要があります。ここでは、そんな地デジチューナーに関する基本的にな知識について紹介していきましょう。

スポンサーリンク

地デジチューナーとは?

地上デジタル放送は、地上アナログ放送に代わる次世代のテレビ電波方式として登場しました。

移行期間中は、デジタルとアナログの両方を視聴可能でしたが、2011年7月からは、本格的な移行により地上デジタル放送のみとなり、アナログ放送にしか対応していない機器に関しては、視聴が不可能となったのです。地上アナログチューナーは、全国各地にある放送局から送られる地上デジタル放送の電波を受信するために必要不可欠の機器となっています。

視聴に関して他に必要な機器は?

地上デジタルチューナーだけでは地上デジタル放送を視聴することができません。視聴するためには、対応するテレビに加えて、B-CASカードと呼ばれるカードが、一台のテレビにつき一枚必要です。

地上アナログ放送の電波は、アナログ放送のように受信すればそのまま視聴できる形のものではなく、暗号化された電波として発信されています。そのため、受信が可能というだけでは視聴できないようになっており、暗号解除に必要な情報を記録しているICチップを内蔵したB-CASカードが必須になるのです。

受信する地域の環境によって電波状況が悪いこともあるため、場合によってはブースターなどの電波の強さを増幅する機器も導入しなければならないこともあるでしょう。

アンテナに関しては、アナログ放送と同じ電波帯域を使用しているため、そのまま利用できるようになっていますが、多くの地域ではアンテナなしでも受信できる電波なので、電波の受信状態に応じて設置すると良いです。

地デジチューナーの種類

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

サザエさんの視聴率はなぜ低迷したの?テレビ離れとサザエさんの視聴率の関係

1970年代からお茶の間のテレ …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です