Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / ITビジネス / ネット社会に浮上!デジタルマーケティングの特徴と課題3点

ネット社会に浮上!デジタルマーケティングの特徴と課題3点

Pocket

 

デジタルマーケティングとは、オンラインでの方法や情報を活用して製品やブランドの宣伝広告を行うことをいいます。

したがって、デジタルマーケティングにより、運営しているサイトの閲覧状況や反応を常時確認できるようになりますし、スマホやタブレットの普及でより活用度が高まっています。

このシステムによりデータの蓄積や活用方法が多様化・高度化して、顧客とのつながりを強化することに成功しました。

顧客の興味や関連する情報をもとに、各個人のニーズに合わせたプロモーションを実施できるためです。

スポンサーリンク

デジタルマーケティングによってスマホ顧客と強く繋がる時代に

ヒューマンネットワーク ヒューマンリソース ビジネスマン 人脈 ソーシャル シンボル チーム 結束 チームワーク 人事 タッチパネル 繋ぐ 組織 つなぐ 繋がる つながる 繋がり 協力 つながり リンク シェア グラフィック トランザクション ボーダレス ボーダーレス グローバル企業 グラフィックデザイン 線 点と線 アプリ 情報 デジタル リクルート 画面 チャット プレゼン 就職 提携 男 管理 マネージャー マーケティング コンセンサス 人々 人 取引 リソース 絆 接続 シルエット コーポレート コーポレートガバナンス ガバナンス 組織構造 回線 テクノロジー 採用 転職 雇用 コネクション チェーン 世界地図 地図 グローバル インターナショナル グローバルビジネス ブロックチェーン ビジネスイメージ ソーシャルネットワーク sns チェーン展開 サイバースペース ワールド ビジネス 通信網 通信 ユーザー サイト アカウント 交流 社会 network ブログ 世界 ソフトウェア システム サイバー サイバー空間 個人情報 ハッキング ハッカー データベース グループウェア フレンド 登録 会員 会員サービス 顧客 人間 人物 広がる 広げる キャリア 仲間 ライバル 実業家 企業 起業 海外拠点 拠点 世界展開 海外展開 世界進出 外資系 外資系企業 海外出張 市場 金融市場 ディーラー ネットワーク クール スタイリッシュ グループ 人材 インターフェイス インターフェース ダイアグラム 労働 人材育成 クラウド 労働力 it オンライン ネット インターネット マネジメント 専門家 コミュニケーション コミュニティ コミュニティー ソリューション 図 アウトソーシング コンサルティング コンサル 人材派遣 コンピューター コンピュータ サポート mokn23

デジタルマーケティングの登場により、顧客の状況に合わせた商品やサービスを提供できるようになってきました。

ここで、デジタルマーケティングとウェブマーケティングの違いについてまとめて見ました。

ウェブマーケティング

ウェブマーケティングはインターネットが普及し始めた1990年代から始まり、サイトの作成、仕事のやり取り、ネット通販などが実際に稼働し始めました。

特にウェブマーケティングが普及し始めたきっかけはWindowsパソコンが爆発的に普及したことが理由であり、個人でパソコンを所有する人も大幅に増加しました。

パソコンの普及によりインターネットを用いた情報収集が可能となったので、楽天などの新しい企業の創生にも繋がり、政治家など国の政策にも利用されるようになりました。

2000年代に入って以降はツイッターやファイスブックといったソーシャルネットワークサービスが始まりバナー広告などインターネットを介した商品の宣伝効果が大きくなりましたが、ウェブマーケティングはあくまでもウエブサイト上でのアクセス履歴を活用したマーケテイングです。

現在においてもウェブマーケティングの規模は拡大が続いている理由は、インターネット上での商品宣伝や販売に抵抗がなくなったために個人間でも使用も増えてきたことが要員として挙げられます。

つまり、企業間や個人間の業務締結がインターネット上でより頻繁に行われるようになったことを意味しており、ソーシャルネットワークサービスを利用することでより一層密接な情報提供および情報交換が可能となりました。

デジタルマーケティング

デジタルマーケティングとは、インターネット上のサイトや広告も含めてメールやアプリなどあらゆる情報通信チャンネルを利用したマーケテイングのことを指しています。

特に最近では一般化したソーシャルネットワークサービスを利用したデータの集積や分析が、デジタルマーケティングの主流となりつつあります。

つまり、デジタルマーケティングは今後さらに高度に発展しているインターネット業界において、必要不可欠な情報収集ツールなのです。

デジタルマーケティングとウェブマーケティングの違い

デジタルマーケティングとウェブマーケティングの違いは、データの種類やチャンネルが異なる点です。

ウェブマーケティングとは原則的には企業のウェブサイトを活用する方法を指しており、企業のウェブサイトへのアクセス数や閲覧している顧客のニーズを確認することができます。

したがって、該当商品に興味を持っている人がパソコンやスマホなどの端末を利用して企業のウェブサイトにアクセスしていることになります。

一方、デジタルマーケティングとは、スマホなどで利用できるアプリ等も含めてインターネット上で利用できる多種多様のデータを活用することを指しています。

したがってデータ量は多いのですが、どのデータを信頼するか、最も重要視するかなど、データを管理する側の判断が求められます。

次ページ:デジタルマーケティングのコアはデータ収集にある

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

専用メールを作る前にドメインを知ろう!作成方法と必要な準備3つ

「ドメイン」の意味をご存知です …

Facebookでのご購読が便利です