データSIMとは?データSIMがお得な理由と使い勝手

LINEで送る
Pocket

0d33e3fe503d8e6d06cc6f860258d775_s

格安SIMも音声通話SIMだけでなく、データSIMがあります。データSIMとはどのような特徴があり、使用するメリットがあるのでしょうか。ここでは、「データSIMとは?データSIMがお得な理由と使い勝手」について解説いたします。

スポンサーリンク

1.データSIMがお得な理由と使い勝手

6c7adf8262845d4868b55ad9373bcb5d_s

1.データSIMとは?

SIMカードには音声通話SIMとはデータSIMがあります。音声通話SIMカードを使うと、電話とインターネット通信ができます。携帯番号を持て、一般的なスマートフォンとしての機能がすべて使えます。データSIMカードは、音声通話はできずインターネット通信のみ利用できます。音声通話ができなたいめ、携帯番号はありません。また、SMSデータSIMカードもあります。データSIM、SMSデータSIM、音声通話SIMの3つの内容を見ていきます。

2.データSIM

データSIMはインターネットやアプリ使用のみができるSIMカードのことです。音声通話はできません。データSIMカードを使う最大のメリットは月額料金が圧倒的に安いことです。例えば、人気MVNOの楽天モバイルの場合のデータSIMの料金は下記のとおりです。

  1. ベーシックプラン 月額525円
  2. 3.1GBプラン  月額900円
  3. 5GBプラン   月額1,450円
  4. 10GBプラン  月額2,260円
  5. 20GBプラン  月額4,050円
  6. 30GBプラン  月額5,450円

非常に安いです。同じ楽天モバイルの音声通話SIMの料金は下記です。比べてみると激安なことがよく分かります。

  1. ベーシックプラン 月額1,250円
  2. 3.1GBプラン  月額1,600円
  3. 5GBプラン   月額2,150円
  4. 10GBプラン  月額2,960円
  5. 20GBプラン  月額4,750円
  6. 30GBプラン  月額6,150円

データSIMのデメリットは、090〜、080〜の電話番号が使えないことです。また、LINEなどのアプリを新規で始める際は、ユーザー登録にSMSが必要ですが、データSIMは電話番号がないためSMSが使えません。そのため、別に音声通話ができるスマートフォンやフューチャーフォンを持っていて、インターネット利用などのための2台目として使いたい方に適しています。

もしくは、音声通話やLINEなどの使用はいいので、インターネットと他のアプリだけを使いたいという方向けです。2台目として持っても月額525円〜持てるので(楽天モバイルの場合)、大きな経済的負担なく利用できます。

3.SMSデータSIM

SMSデータSIMは、データSIMにSMS機能が付いたものです。050〜の電話番号を持つことができ、SMSも利用できますので、LINEなどのメッセージアプリも使えます。月額利用料金もデータSIMよりは高いですが、音声通話SIMよりは安いです。

090〜、080〜の電話番号は持つことができません。楽天モバイルの場合のSMSデータSIMの料金は下記のとおりです。他に音声通話できるスマートフォンやフューチャーフォンを持っている方や、音声通話はできなくてもLINEなどを使いたい方におすすめです。

  1. ベーシックプラン 月額645円
  2. 3.1GBプラン  月額1,020円
  3. 5GBプラン   月額1,570円
  4. 10GBプラン  月額2,380円
  5. 20GBプラン  月額4,170円
  6. 30GBプラン  月額5,520円

4.音声通話SIM

音声通話SIMは、090〜や080〜の電話番号を持つことができます。そのため、大手キャリアで使用中の電話番号をMNPで引き継ぎができ使えます。もちろん、データ通信も使えるため、インターネットの利用やアプリの利用、LINEなどのメッセージアプリも問題なく利用できます。デメリットは、データSIMやSMSデータSIMに比べると、月額利用料金が高いことです。スマートフォン1台で通話もインターネットも使いたい方や、既存の電話番号を使いたい方におすすめです。

5.データSIMのメリット

先述したとおり、データSIMのメリットは月額利用料金が安いことです。既に音声通話できるスマートフォンやフューチャーフォンを持っていて、今は使っていないスマートフォンなどが自宅に眠っている場合は、データSIMを入れてネット専用の端末として利用することもできます。そうすることで、音声通話の端末のバッテリー消費や通信量も抑えれます。

特にiPhoneユーザーは、新しいiPhoneが出る度に買い替える人も少なくないはずです。自宅に型の古いiPhoneが眠っている場合は、データSIMを入れると、iPod touchのように使えます。また、SMS機能の付いたデータSIMであれば、050〜の電話番号を持て、SMSも利用できます。そのため、LINEなどのメッセージサービスのユーザー登録も可能で、使用できます。とにかく格安SIMのなかでも、更に料金を安く抑えたい方におすすめす。

2.おすすめの格安SIM・MVNO

ここでは、おすすめの格安SIM・MVNOを紹介します。

1.Y!mobile

ソフトバンクの通信回線を利用するY!mobile。ふてニャンのキャラクターでもお馴染みです。1回10分以内の通話が月300回まで無料の通話無料サービスと、各パケット定額サービスの組み合わせを選べます。データ通信量月々1GBであれば、月額1,980円。データ通信量月々3GBであれば、月額2,980円。データ通信量月々7GBであれば、月額4,980円で利用できます。

Yahoo!のサービスを使うほどパケットマイレージが貯まり、貯まったマイレージに合わせて0.5GB、1GB、5GB、無制限のデータ通信量が無料で使えます。Yahoo!サービスをよく利用するユーザーにおすすめです。

2.FREETEL

通信速度が速いことで人気のFREETEL。誰とでも何度でもかけ放題できるFREETELでんわが月額399円から使えます。プランは2種類あり、月額299円からの使った分だけ料金を払う「使った分だけ安心プラン」と、1GB499円〜の「定額プラン」です。それぞれの各料金は下記のとおりです。

使った分だけ安心プラン

  1. 〜100MB データ専用299円 データ専用+SMS439円 データ通信+SMS+音声999円
  2. 〜1GB データ専用499円 データ専用+SMS639円 データ通信+SMS+音声1,199円
  3. 〜3GB データ専用900円 データ専用+SMS1,040円 データ通信+SMS+音声1,600円
  4. 〜5GB データ専用1,520円 データ専用+SMS1,660円 データ通信+SMS+音声2,220円

定額プラン

  1. 1GB データ専用499円 データ専用+SMS639円 データ通信+SMS+音声1,199円
  2. 3GB データ専用900円 データ専用+SMS1,040円 データ通信+SMS+音声1,600円
  3. 5GB データ専用1,520円 データ専用+SMS1,660円 データ通信+SMS+音声2,220円
  4. 8GB データ専用2,140円 データ専用+SMS2,280円 データ通信+SMS+音声2,840円

特に「使った分だけ安心プラン」は毎月のデータ使用量に凸凹がある方や、あまりデータ通信を使わない方におすすめです。使い方によっては、とても安い利用料金で済ませることができます。

3.楽天モバイル

楽天モバイルは、5分以内の国内通話かけ放題の「5分かけ放題」が月額850円で利用できます。新しい端末代と5分かけ放題とデータ通信が込みになっているプランが1年目1,880円〜と魅力的です。毎月の利用料金100円ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント貯まり、貯まったポイントは1ポイント1円で楽天市場でも使えますし、利用料金の支払いにも使えます。楽天市場でのポイントも契約期間中ずっと2倍なので、楽天サービスをよく使う方におすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、「データSIMとは?データSIMがお得な理由と使い勝手」について紹介いたしました。2台目として使いたい方や、音声通話は使わない方にとっては、データSIMは非常に低料金で使え魅力的です。使い方によっては毎月の通信費を大きく下げれます。とにかく料金を安く抑えたい方など、ぜひ検討してみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です