クラウドソーシングって何?クラウドソーシングの特徴とメリットデメリット

LINEで送る
Pocket

a3bca224a2bb04f62965d743230b4c29_s

近年注目を集めているクラウドソーシング。多くの方が本業でも副業としても、働くことができ人気があります。今回は「クラウドソーシングって何?クラウドソーシングの特徴とメリットデメリット」について紹介します。クラウドソーシングで働くことは、どんな特徴があり、どんなメリットがあるのでしょうか。実際にクラウドソーシングで仕事をすることを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.クラウドソーシングの特徴

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-22-14-57-34

出典:https://crowdworks.jp/pages/howitworks
クラウドソーシングのクラウド(Crowd)は群衆、ソーシング(Sourcing)は業務委託という意味を持っています。不特定多数の大勢の人が集まるサイトなどで、仕事の依頼・発注・受注ができます。運営会社が、クラウドソーシングの場としてインターネットサイトを作り、仕事を発注する企業や個人と、仕事を受注もしくは探している企業や個人とをマッチングします。

大手のクラウドソーシングサービスだと、クラウドワークスやランサーズなどがあります。仕事を受注したい場合は、クラウドソーシングサイトに登録をし、気になる仕事があれば応募を行い、テストなどを経て受注できます。仕事内容はアンケートなどの簡単なものから、記事作成やプレゼン資料作成、デザイン、プログラミングなど幅広いです。1件あたり数円〜数十万円まで仕事の難易度に応じて報酬額が異なります。

手数料のかからない仕事もありますが、基本的には、報酬額から20%の手数料が運営会社のクラウドワークスやランサーズに支払われます。インターネットに接続できる環境とパソコンさえあれば、自宅でもカフェでも外出先でもどこからでも仕事ができ、24時間好きな時間に取り組めるので、副業としても本業としても人気を集めています。

2.クラウドソーシングのメリット

ここでは、クラウドソーシングの仕事を行うメリットについて紹介します。

1.好きな仕事を選べる

クラウドソーシングであれば、自分の好きな仕事ができる可能性があります。例えば、クラウドソーシング大手のクラウドワークスであれば、仕事は、プロ向け・経験不問・コンペ・タスクに分かれ、キャッチフレーズ・コピーライティング、名前募集、ブログライティング、記事・コンテンツ作成・文書作成、システム開発、ホームページ制作・WEBデザイン、ECサイト・ネットショップ構築、アプリ開発、翻訳、動画作成、画像加工、映像編集、ロゴデザイン、DTPデザインなど、さまざまな仕事のジャンルがあります。

それぞれ数百件〜数十万件の仕事があり、自分の取り組みたい仕事を選んで応募できます。応募して、テストを行いクライアントからOKをもらえば、実際の仕事を受注できます。通常、会社などに勤めていると好きな仕事を選ぶことはなかなかできませんが、クラウドソーシングであれば、自分の好きな仕事を選んで取り組めるので、嫌いな仕事をする必要もありませんし、自分の得意な知識やスキルを活かせます。

2.24時間いつでも好きな時間に働ける

クラウドソーシングの各仕事には納期がありますが、作業時間が決まっているものはほとんどありません。そのため、決まった時間に仕事に取り組む必要はなく、自分の好きな時間、空いている時間に仕事に取り組めます。時間的拘束がありませんので、時間の有効活用が可能です。そのため、本業としても自分のライフスタイルに合わせて働けますし、副業としても空いている時間を使って稼ぐことができます。夜型の方でも問題ありません。

3.好きな場所で働け職場に出社しなくて良い

クラウドソーシングの仕事は、実際に会社に出社する必要がありません。インターネット環境とパソコンがあれば、自宅、カフェ、外出先、乗り物など、さまざまな場所で仕事ができます。出社がないので、通勤時間もかかりません。朝起きて、自宅のデスクが仕事場になります。旅行などに出掛けても、旅行先から取り組めますので仕事を止める心配もありません。

4.仕事の受注がしやすい

クラウドソーシングの仕事は大半がオンライン上で成立します。面接がある場合もスカイプなどを使います。会社であれば、新たな仕事に取り組むために、営業をして仕事を取ってこなければいけない場合がありますが、クラウドソーシングであればその必要はありません。オンライン上で仕事を探し、クライアントとメールのやり取りやテストを受けて受注します。仕事の受注もスピーディーで簡単にできます。

3.クラウドソーシングのデメリット

クラウドソーシングの仕事を行うにあたって、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

1.報酬単価が低い

クラウドソーシングのデメリットの1つは、報酬単価が安いことです。通常の仕事の単価よりも半分程度の報酬の仕事も多々あります。例えば記事制作であれば、1文字0.2〜0.3円などの安価な仕事もよくあります。この場合、1,000文字のライティングで200〜300円、2,000文字のライティングでも400〜600円です。

ライティングの早い方でも調べながら記事制作をするので、1時間で2,000文字作れば良い方です。しかし、その報酬が400〜600円であれば、他のアルバイトをした方がよっぽど稼げます。すべての案件の報酬が安いわけではありませんが、そういった案件が多く大半を占めるのは事実です。

2.手数料がかかる

利用するクラウドソーシングサイトや仕事のジャンルにもよりますが、基本的には利用手数料がかかります。報酬額に応じて手数料が変わる場合もありますが、概ね20%の手数料です。つまり、2万円の報酬の仕事をしても、実際に報酬として貰えるのは手数料20%を差し引いた16,000円です。1ヶ月で20万円の報酬の仕事をしたとしても、手元に入るのは16万円です。手数料が大きいので、多くを稼げている感覚にはなれない可能性があります。

3.実績を積むまで良い条件の仕事を受注しにくい

クラウドソーシングでは多くの仕事が掲載してありますが、受注するユーザーも大変多く存在します。仕事を発注するクライアント側も、質の高い仕事を求めるので、クラウドソーシングの経験や実績のないユーザーよりも、経験や実績豊富なユーザーへ仕事を任せることが多いです。そのため、ある程度の仕事の経験・実績を積むまでは、なかなか希望の仕事や良い条件の仕事は受注できない可能性があります。

4.問題のあるクライアントもいる

クラウドソーシングは、多くの企業や個人の発注者が存在します。なかには、問題のあるクライアントも存在し、メールのやり取りの内容が意味不明なクライアントや、仕事を納品しても報酬を支払わないクライアント、連絡の途絶えるクライアントなど、素性が分かりにくい分、さまざまな企業・個人がいます。

また、近年ではクラウドソーシングを装い、自身の利益を得るために、応募者に何かを買わせるなどというクライアントも存在します。このような案件も多く出回っているようで、クラウドソーシング側でも監視を強化しています。

しかし、実際にトラブルが起きているケースも少なくありません。サイトによっては、発注者の評価やレビューが見れるようになっていて、どんなクライアントかを事前に確認できるようになっています。

クラウドソーシングの始め方

それでは実際にクラウドソーシングとはどういうものを言うのか、またどうやって始めたらいいのかを見ていきましょう。

会員登録

クラウドソーシングはハローワークなどで「在宅勤務」として募集のある場合もありますが、ごくわずかです。主なものはネット上の「仕事の取引サイト」として公開されています。そこに登録することによって、仕事を依頼したり、仕事を請け負ったりすることができます。
主なものとしては「クラウドワークス」や「ランサーズ」「Shufuti(シュフティー)」などまた、デザイン系に特化した「ロゴJPコンクール」「ファーストデザイン」など、現在のところ45種類ほどがあります。

プロフィール設定

クラウドソーシングのサイトを見つけたら、まず自分のプロフィールの設定をする必要があります。プロフィール設定は実名が必要なサイト、ハンドルネームでも可なサイトなどさまざまです。また、現住所や年齢(年代)そして、自分の得意分野、例えばライティングやデザインなど、さらに資格やスキルの詳細などを細かく設定する必要があります。

仕事に挑戦

プロフィールの登録が済んだら、いよいよ仕事に挑戦です。募集している案件が一覧で表示されていますが、自分の得意な分野や、報酬の程度を選んでソートすることができます。しかし、前職で相当なエキスパートである場合を除き、トライアルなどもあるため、初心者の場合はなかなかいいお仕事にありつくのも難しい場合も多いです。

ランサーズやクラウドワークスの場合、応募しても応募者が複数人いて、その中からクライアントが応募者の実績などを検討して選抜する場合と、「タスク」と言って応募すれば必ず作業が出来る場合に分かれています。ただ、タスクの場合は報酬が安い場合が多いです。

報酬が多少安くても、応募すれば必ず受注できるタスク案件などの小さな案件をコツコツとこなして、実績を積み重ねることからはじめましょう。

仕事に必要となるもの

それではクラウドソーシングをはじめるにあたって、必要なものをご紹介します。

PC・スマートフォン

まず、PCやスマートフォンが必要です。いまやスマートフォンはPC並の性能があるので、どこに居ても作業ができますが、ライティングなどの場合でもただ文章を書くだけではなく、画像を入れたり、エクセルやワード、あるいはワードプレスなどに執筆して納品したりする場合がありますので、できればPCの方が作業がやりやすいです。

また、スマートフォンであれば、専用のキーボードがあると打ちやすいのでおすすめです。

ネット環境

クラウドソーシングにはまずネット環境がないと、仕事にならないと言えるでしょう。現在ではよほどのことがない限り、どこにいてもWifiが入る環境のところが多いですが、ネットがつながらない環境にいる場合は、まず、自分のわかっているところだけをテキストで執筆し、後でPCなどで画像を挿入するなり、整合性を確かめるために検索したり、タグを打つなり、デザインを整えるなりして、デバイスを使い分けて執筆を完成させるのがおすすめです。

銀行口座

個人の「銀行口座」もクラウドソーシングには必要なものです。クラウドソーシングのサイトでお仕事をすると、締め日から最短で半月後くらいに、指定した銀行口座に報酬が振り込まれます。そのため、銀行口座が必要になりますが、大手の都市銀行、ゆうちょ銀行などより、楽天銀行やジャパンネット銀行などの、インターネット銀行のほうが手数料が割安になる場合が多いです。

会計ソフト

クラウドソーシングを始めてしばらくすると、1ヶ月のうちにたくさんの案件を受注するようになります。すると、どのクラウドソーシングサイトでどれだけの案件を受注し、どれだけ報酬が入るのか、自分で管理をすることが必要になってきます。

その時に、会計ソフトに直接入力しておけば、確定申告のときなどにそのまま提出できるのでとても便利です。現在では無料で使える会計ソフトもありますので、この機会にひとつ入手してみてはいかがでしょうか?

本人確認用書類

ほとんどのクラウドソーシングサイトでは「本人確認書類」の提出を求めているところが多いです。「本人確認書類」とは、保険証やマイナンバーカード、免許証などのコピーをおくるだけでOKのところが多いです。本人確認済かどうかはクラウドソーシングサイトのプロフィール欄に表示されることが多いので、クライアントが仕事を頼む人の探す際の重要な目安となっています。

人気クラウドソーシングサイト比較

人気のクラウドソーシングサイトは何と言っても2008年設立でクラウドソーシングサイトの先がけ的存在の「ランサーズ」、そして後発2012年設立の「クラウドワークス」です。現在日本のクラウドソーシングの2大サイトと呼ばれています。

クラウドソーシングの特徴として、手数料が引かれますが、どちらも20%となっています。また案件数は甲乙つけがたく、ロゴデザイン、Webデザインなどの案件、ライティングなどの案件、ネーミングなどの案件も多く、時々どちらのサイトにもテレビ番組のあらすじをまとめる、花火大会の取材などといったユニークなものもあります。

また、受注者とクライアントはサイト上に用意されているメールやチャット機能で連絡を取り合うことになりますが、ランサーズよりはクラウドワークスのほうが比較的使いやすいようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、「クラウドソーシングって何?クラウドソーシングの特徴とメリットデメリット」について紹介しました。

クラウドソーシングは、新しい仕事の仕方として多方面から注目されています。今後市場規模ももっと大きくなり、より多くの人がクラウドソーシングで仕事をするだろうと、政府も発表しています。メリット・デメリットありますし、向き不向きも当然ありますが、気になる方は、試しに1度取り組んでみてみると良いでしょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です