Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / クラウドサービス / 導入すべき?3大クラウドの比較検討と選ぶ際のポイント5つ

導入すべき?3大クラウドの比較検討と選ぶ際のポイント5つ

Pocket

サラリーマン 会社員 社会人 ビジネスマン ビジネス 人物 仕事 スペース 室内 テーブル 手 手元 PC ノートパソコン Mac マック パソコン インターネット 情報 机 WEBサイト 入力 打つ 働く 会社 オフィス コピースペース オフィスワーク デスクワーク サービス 通信 キーボード 事務 デスクトップ モニター 画面 デスク 背景 IT コンピュータ 作業 コンピューター 作る ネットワーク コード 電子機器 クラッカー ソース 開発 アプリ ネット デジタル バックグラウンド インフラ 背景素材 壁紙 イメージ デザイン 職人 職業 バック 小物 セキュリティ テクノロジー 技術 インターフェース ブラインドタッチ スクリーン 労働 製作 言語 ワーク ディスプレイ 叩く 制作 セキュリティー サーバー 企業 設計 ノートPC クラウド 情報処理 PC デザイナー アプリケーション 制御 インターフェイス システム ソフトウェア 電子 労働者 業務 ビジネスパーソン ディスプレー 分析 コマンド 技術者 エンジニア オンライン 就職 ハイテク 依頼 WEB ホームページ ブログ 技術職 アウトソーシング ハッカー ハッキング プログラム サイバー 羅列 専門職 副収入 副業 パソコン操作 データベース スキル ウェブ 在宅 クラウドソーシング アフィリエイト フリーランス SE プログラミング クリエイティブ クリエイター 解析 クラッキング ウェブサイト ウェブデザイン ウェブデザイナー コーディング バーチャル プロフェッショナル web開発 デバッグ プログラマー システム管理 ソースコード HTML 制作者 コーダー 開発者 エンジニアリング 外注 マークアップ プログラマ web制作

クラウドの元々の意味は「雲」ですが、コンピュータシステムのイメージ図などでネットワークを雲のイメージ図で表す場合ことが大半で、それがこのように呼ばれるようになった所以であると言われています。

本来は「クラウドコンピューティング」だったものが略して「クラウド」と呼ばれるようになってきており、その目的はネットワークを使ったシステムのサービスであり、インターネットを介してデータベースを構築するサービス形態を意味しています。

本記事では、そんなクラウドを選ぶ際のポイントと3大クラウドの比較検討をしましたので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

クラウドの意義

3b077f87209d558609778bf5b145dd38_s

このサービスは保管しておきたいデータなどをパソコンや携帯電話などの端末のハードではなく、インターネット上に保存していつでも必要な時に呼び出して使うサービスを指します。

このおかげでこれまでは保存したデータを使う場合は自宅のパソコンなど保存した媒体のある場所でしか利用できないことが多かったのですが、このサービスを利用すれば会社や外出先のカフェやレストランにいてもいつでもデータを呼び出して読み込んだり、加工したりすることができる利便性があります。

さらに保管されているデータはサーバー上で他の人と共有できるので、グループウェアなどとして企業や公共団体でも積極的に利用されてきています。

上記のような実際に使えるようにサービス提供するものをクラウドサービスと言い、実際にクラウドと呼ばれるものは多くの場合このサービス形態を意味しています。サーバーを介してサービス提供し、前述のグループウェアとして利用する場合もこのサービスを使用することで可能となります。

利用する場合にはサービスを提供する会社に費用を払って利用します。このサービスを利用するとデメリットもありますが、それ以上に様々なメリットがあります。そのメリットやデメリットを以下にご紹介します。

クラウドのメリット

サラリーマン 男 男性 会社員 スーツ ネクタイ 背広 営業 営業マン 社会人 ビジネスマン ビジネス 人物 仕事 案内 白バック 白背景 悩む 資料 スペース 面接 ライフスタイル イラスト 暮らし 情報 教育 教える 勉強 学習 コミュニケーション 悩み 打ち合わせ オフィス フレーム コピースペース OK ミーティング 会議 プレゼン プレゼンテーション 白 素材 考える 背景 人 成長 ビジネスイメージ 学ぶ セミナー 思考 IT 明かり 光 開発 実験 首を傾げる 余白 発見 ライト 灯り バックグラウンド 背景素材 人形 電球 壁紙 生徒 イメージ スクール シンプル カウンセリング バック アイデア 知識 先生 苦悩 教師 講師 テキストスペース 光る テクノロジー 豆電球 外国人 金融 ミニチュア 知る 思い出す マネー 閃き ひらめき 知恵 想像 気づく 思いつく 閃く 発明 フィギュア 学問 創造 セールスマン 業務 ビジネスパーソン ひらめく 解決 発想 オッケー 納得 理解 インフォメーション リーダー 受験 首をかしげる 学び リクルート 面接官 採用 アイディア 思いつき ヒラメキ ライフ 受験勉強 合点 理解する 気付く 研修 バックイメージ カウンセラー インスピレーション 分かる 経営 ビジョン プランニング FP ファイナンシャルプランナー コンサルタント コンサルティング マーケティング 解決策 経営者 クリエイティブ クリエイター リーダーシップ 投資家 思想 IDEA ファイナンス ピカッ 気づき コンサル 気付き オフィスイメージ

まず、最初のメリットとして挙げられるのが、費用のかかる社内サーバーやデータベースを自前で構築したり、用意する必要がなくなる点です。その結果として従来のデータベース構築にかかる人件費やメインテナンスコストをかける必要がなくなり、企業にとってはコストの大幅な削減につながっています。

この人件費は単に費用負担の問題だけでなく、ネットワーク構築をしてきた社内の担当者の事務負担の軽減にも繋がっています。

次にこの社内サーバーやデータベースを用意する必要がなくなるということはIT投資をするリスクが大きく軽減されることにつながります。IT関連の投資は多くの企業にとって今や大きな費用項目を占めており、それをいかに削減するかが企業の財務体質改善にもつながるほどのテーマとなっています。

IT投資に失敗し、間違った方向へと投資すれば国際的な企業間競争などでも大きく不利になるリスクもあり、非常に大きなテーマです。

さらにこのサービスを利用することは常に最新のネットワーク環境を手にできるメリットがあります。サービスの内容のアップデートはサービスを提供する会社が行うのでそれを利用する会社や個人は一定の費用負担をするだけで他に一切の追加費用を払わずに最新の環境で利用することができます。

上記のIT投資のリスクと関連し、メリットの一つに挙げられます。

クラウドの限界

ただし、サービス利用にも一定の限界があります。それは企業や個人が自分にとって利用しやすいようにカスタマイズすることには向いていない点です。さらにサービスを提供する会社がサービス提供を停止するリスクについても考慮する必要があります。

サービス提供をする会社もいわゆる会社ですので、事業環境の変化などによりサービス提供が困難になるケースも考えられます。一度サービス提供が打ち切られるとそれまで保存されてきたデータなどをサービスを提供する他の会社に移管する必要性が出てきます。

よってクラウドサービスを提供する会社の選択は十分に考慮する必要があります。

選ぶときの5つのポイント

クラウドを選ぶときは、運用期間・サポート・性能・容量・セキュリティなどを比較検討するようにしましょう。それぞれの比較ポイントの中から、自社の優先順位をつけ、最適なクラウドを選ぶようにしてください。

1. 運用期間を考える

自社でどれくらいの運用期間を考えているかによって、クラウドの選び方も変わってきます。価格は従量課金制のものが多いですが、運用期間に適したクラウドを利用するようにしましょう。

2. サポートの充実性

クラウドに限らず、自社に新たなサービスを導入する際は、サポート体制が充実しているかどうかは非常に大事なポイントです。

特にクラウドの場合は基本的にオンラインで完結するため、どれだけサポートが充実しているか、事前にを確認して、比較検討する必要があります。

社内に専門的知識・スキルを有する社員が多い場合はいいですが、そうでない場合は、電話サポートはあるか?万が一トラブルや障害が発生した際に対応してくれるか?など、必ず事前に確認するようにしてください。

3. 性能を比較する

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iphone, cooking

楽しもう!iCloud写真共有の方法と同期できない時の解決法3つ

あなたはiCloudで写真を共 …

Facebookでのご購読が便利です