Cisco技術者認定の資格の取得方法と特徴、難易度

LINEで送る
Pocket

3625c0da7036f87ccea3e9f5da93a790_s

Cisco技術者認定の資格をご存知でしょうか。世界的にネットワーク接続機器で有名なCisco社による資格で、エンジニアの知識や技術を証明するものとして世界中のエンジニアが取得しています。

ここでは、「Cisco技術者認定の資格の取得方法と特徴、難易度」について、紹介いたします。Cisco技術者認定に興味のある方は、エンジニアを目指している方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.Cisco技術者認定の内容と特徴

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-13-23-05-24

出典:http://www.cisco.com/c/ja_jp/index.html

Cisco技術者認定は、ルーターなどのネットワーク接続機器で高いシェアを誇るシスコシステムズ社が認定した資格のことです。ネットワークエンジニア向けの民間資格です。ネットワークエンジニアに必要な知識やスキルを証明するための資格にもなり、国内だけでなく世界共通の資格なため、Cisco技術者認定資格を取得すれば、世界中で活躍ができる可能性があります。

Cisco技術者認定は、認定分野が8つあります。ルーティング&スイッチング、デザイン、ネットワークセキュリティ、サービスプロバイダー、サービスプロバイダーオペレーション、ストレージネットワーキング、ボイス、ワイヤレスです。それぞれの8つの分野で、アーキテクト、エントリー、アソシエイト、プロフェッショナル、エキスパートの5つの認定レベルがあります。認定分野×認定レベルは下記のとおりです。

ルーティング&スイッチング

  1. アーキテクト・・・Cisco Certified Architect
  2. エキスパート・・・CCIE Routing&Switching
  3. プロフェッショナル・・・CCNP
  4. アソシエイト・・・CCNA
  5. エントリー・・・CCENT

セキュリティ

  1. アーキテクト・・・Cisco Certified Architect
  2. エキスパート・・・CCIE Security
  3. プロフェッショナル・・・CCSP
  4. アソシエイト・・・CCNA Security
  5. エントリー・・・CCENT

ボイス

  1. アーキテクト・・・Cisco Certified Architect
  2. エキスパート・・・CCIE Voice
  3. プロフェッショナル・・・CCVP
  4. アソシエイト・・・CCNA Voice
  5. エントリー・・・CCENT

ワイヤレス

  1. アーキテクト・・・Cisco Certified Architect
  2. エキスパート・・・CCIE Wireless
  3. プロフェッショナル・・・CCNP Wireless
  4. アソシエイト・・・CCNA Wireless
  5. エントリー・・・CCENT

ストレージ

  1. アーキテクト・・・Cisco Certified Architect
  2. エキスパート・・・CCIE Storage

サービスプロバイダ

  1. アーキテクト・・・Cisco Certified Architect
  2. エキスパート・・・CCIE Service Provider
  3. プロフェッショナル・・・CCIP
  4. エントリー・・・CCENT

サービスプロバイダオペレーション

  1. アーキテクト・・・Cisco Certified Architect
  2. エキスパート・・・CCIE SP Operations
  3. プロフェッショナル・・・CCNP SP Operations
  4. アソシエイト・・・CCNA SP Operations
  5. エントリー・・・CCENT

デザイン

  1. アーキテクト・・・Cisco Certified Architect
  2. エキスパート・・・CCDE
  3. プロフェッショナル・・・CCDP
  4. アソシエイト・・・CCDA
  5. エントリー・・・CCENT

2.試験内容や難易度

ここでは、Cisco技術者認定のなかから、いくつか試験内容や難易度について紹介いたします。

1.エントリー

エントリーは、CCENTとも表します。CCENTは、Cisco Certifield Entry Networking Technicianの略です。すべての認定分野のエントリーレベルになり、ネットワークサポート担当者に必要な知識や技術を備えているかを確認し認定します。

受験資格はありませんので、誰でも受けることができます。ネットワークセキュリティについてや、エンタープライズブランチネットワークの導入や運用について、トラブルシューティングに関してなどの知識やスキルが必要とされます。

2.アソシエイト

エントリーの次段階になるのがアソシエイトです。アソシエイトは、ネットワーキング認定の基礎レベルとなります。例えばデザインのCCDA(Cisco Certified Design Associate)は、認定条件がCCENT認定か、CCNA Routing and Switching認定か、いずれかのCCIE認定が必要です。

CCDAは、シスコエンタープライズネットワークアーキテクチャのネットワーク設計などに関しての知識が必要です。設計方法論、設計の目的、既存ネットワークにおけるアドレッシングとルーティングプロトコル、エンタープライズネットワーク設計、拡張に関する考慮事項などについて試験で出題されます。

3.プロフェッショナル

プロフェッショナルは、Cisco技術者認定のなかで中級レベルに位置づけられています。デザインのCCDP(Cisco Certified Design Professional)では、認定条件が、CCDA認定、およびCCNA Routing and Switching認定、もしくはいずれかのCCIE認定が必要です。CCDPは、インテリジェントネットワーク設計に関して、豊富な知識があるかを証明するための認定試験です。

ネットワークの基本事項、VPNテクノロジー、インフラストラクチャのセキュリティ、インフラストラクチャサービス、高度なエンタープライズキャンパスネットワーク、エンタープライズネットワーク向けWAN、エンタープライズデータセンターの統合、セキュリティサービス、ネットワークサービスなどの範囲で問題が出題されます。

4.エキスパート

エキスパートは、Cisco技術者認定のなかで上級レベルに位置づけられていて、世界各国でも通用するエンジニアの認定資格です。CCDE(Cisco Certified Design Expert)の場合は、ネットワークインフラストラクチャ設計に関する2時間の筆記試験があり、その後、8時間の実技試験があります。現場で7年以上の経験を持つ人を対象としていて、ネットワーク設計の原則を抑えたうえでの応用問題が中心です。

5.アーキテクト

アーキテクトは、Cisco技術者認定のなかで最高水準のレベルにに位置づけられています。CCAr(Cisco Certified Architect)は、プロジェクトや保有資格などを申請し、Ciscoの専門委員会メンバーの面接などを受けます。CCDE認定資格に合格していなければ受験できません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、「Cisco技術者認定の資格の取得方法と特徴、難易度」について紹介いたしました。Cisco技術者認定は世界共通の資格として、自身の知識や技術を証明するものになります。

エントリーレベルでは、役に立つとは言えませんが、エキスパートやアーキテクトまで取得すれば、多くの企業でも評価され、就職や転職、キャリアアップにも役立ちます。決して簡単ではありませんが、興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です