Home / Google / Chromeの表示・タブ操作・削除に関するショートカットキー24つ

Chromeの表示・タブ操作・削除に関するショートカットキー24つ

Pocket

Google Chromeのショートカットキーを活用していますか?Chromeにはたくさんのショートカットキーが用意されており、ショートカットキーを使えば、カーソルを動かさなくても表示やタブ操作、削除など、さまざまな動作を瞬時におこなえます。

今回は、Chromeの表示・タブ操作・削除に関するショートカットキーについて紹介しています。この記事をご覧いただくことで、主要なショートカットキーを把握でき、作業効率を高められますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

Chromeの表示に関するショートカットキー8つ

ショートカットキーを使えば、簡単に新しいウィンドウを開いたり、ウィンドウの最小化やChromeの終了が可能です。ここでは、Chromeの表示に関するショートカットキーについて見ていきましょう。

1.新しいウィンドウを開く

Chromeで新しいウィンドウを開くには、Windowsは「Ctrl+N」、Macは「command+N」のショートカットキーを使います。

2.シークレットモードで新しいウィンドウを開く

シークレットモードで新しいウィンドウを開きたい場合は、Windowsは「Ctrl+Shift+N」、Macは「command+Shift+N」のショートカットキーです。

3.Chromeを終了する

ショートカットキーでChromeを終了させることもできます。Windowsは「Ctrl+Shift+Q」、Macは「command+Q」です。

4.ウィンドウを最小化する

Windowsは「Alt+Space+N」、Macは「command+M」のショートカットキーでウィンドウを最小化できます。

5.全画面表示モードのオン・オフ

Windowsは「F11」、Macは「command+ctrl+F」のショートカットキーで、全画面表示モードのオン・オフ切り替えができます。

6.ダウンロードページの表示

ダウンロードページを表示するショートカットキーは、Windowsは「Ctrl+J」、Macは「command+shift+J」です。

7.HTMLソースを表示

ショートカットキーによってHTMLソースを表示することもでき、Windowsは「Ctrl+U」、Macは「command+option+U」です。

8.開いているタブをブックマーク保存

現在開いているすべてのタブをブックマークとして保存するには、Windowsは「Ctrl+Shift+D」、Macは「command+shift+D」のショートカットキーを使います。

Chromeの移動するショートカットキー5つ

ここでは、Chromeの移動に関するショートカットキーについて紹介しています。これらのショートカットキーを使って、スピーディーに作業を進めていきましょう。

1.カーソルをアドレスバーに移動する

ショートカットキーを使えば、カーソルを動かさなくても瞬時にアドレスバーに移動できます。Windowsは「Ctrl+L」、Macは「command+L」です。

2.1画面ずつ下にスクロール

Webページを1画面ずつ下にスクロールしたい場合は、Windowsは「SpaceまたはPgDn」、Macは「space」のショートカットキーを使います。

3.1画面ずつ上にスクロール

Windowsは「Shift+SpaceまたはPgUp」、Macは「shift+space」のショートカットキーで、Webページを1画面ずつ上にスクロールできます。

4.カーソルを1つ前にある単語の先頭に移動

Windowsは「Ctrl+←」、Macは「option+←」のショートカットキーにより、カーソルを1つ前にある単語の先頭に移動できます。

5.カーソルを1つ後ろにある単語に移動

Windowsは「Ctrl+→」、Macは「option+→」のショートカットキーでカーソルを1つ後ろにある単語に移動できます。

次ページ:Chromeのタブ操作に関するショートカットキー6つ

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

グーグルメンバーシップリワードは詐欺の一種!表示された時の対処法

グーグルメンバーシップリワード …

Facebookでのご購読が便利です