Home / iPhone / 中古でiPhoneを安く買おう!中古の買い方と購入時の確認事項

中古でiPhoneを安く買おう!中古の買い方と購入時の確認事項

Pocket

格安SIMや他のAndroidに比べ、価格が高いのが難点であるiPhone。

現在では状態の良い中古iPhoneも数多く出回っていますので、中古で安く買うというお得な方法もあります。

今回は中古で購入する方法や、その場合にチェックする項目、気をつけたい事柄などについてご紹介致します。

スポンサーリンク

中古iPhoneを購入する

w_iphone

では、中古のiPhoneを購入する時の注意事項を順番に見ていきましょう。

店舗で購入する

中古のiPhoneを購入する時に、いちばんおすすめなのが、店舗での購入です。iPhoneに詳しい店員さんもいますので、疑問点などを質問することができ、その場で疑問をクリアにしてから購入することができます。

中古ショップ

秋葉原などに行くとたくさんあるケータイの中古ショップ。中でも、iPhoneは人気なので、新しい機種が発売されると基本的に1世代前のiPhoneが「中古」として出されるケースが多いのです。そのため、「中古=壊れやすい」「中古=安かろう悪かろう」と考えなくても大丈夫です。。

あた、中古の中では使用年数が1~2年のものも多く、いわゆる「新古品」のものも沢山あります。

ただし、以前のユーザーがヘビーに使っていたりすれば、バッテリーの消耗が激しくなっていたり、よく見ると画面に細かい傷がついていたりということもありますので注意しておきましょう。

なお、新品のiPhoneは高額ですが、こうした「新古品」ならば、新品よりも2~3万は安く購入することができるのも魅力です。

ネットで購入する

7ef4525591e883b19a0c76fe49f2c0fa_s

インターネットにも中古スマホのショップがあり、もちろんiPhoneも販売されています。

店単位で出品しているため、ある程度は店員さんにメールで質問するなどができますが、基本は自分で必要な情報を調べてから購入することになります。知識がないまま買うのは控えたほうがよさそうです。

オークション、フリマ

ヤフオクなどのオークションやメルカリなどのフリーマーケットでも中古のiPhoneが出品されることがあります。

これらは個人が気軽に出品できるため、まだそんなに使っていないけど新機種に買い替えたいから売るといった方も多く、それほど状態の悪いものが売られているわけではありません。

いわゆる「新古品」なので、ほとんど新品な場合も多いです。ただ、いつも状態のいいものが売られているわけではなく、たまたま自分がそれを見つけることができればラッキー、という程度でしょう。

中古iPhone購入時の確認事項

iphone_nail

①白ロムか赤ロムか

中古のiPhoneを買う時には、白ロムか、赤ロムかを確かめるのも重要となります。

白ロム・赤ロムとは

白ロムとは、端末の回線契約がされていないものを言います。また、iPhoneにはSIMカードが入ってはじめて電話番号が記録されて使用できる状態になりますが、「白ロム」にはSIMカードも入っていません。そのため、使用するには、回線契約が別に必要となります。

また、赤ロムとは以前のユーザーが端末代を未払いのまま売却してしまっているため、ネットワーク利用制限がかかってしまっているものを言います。

iPhoneのIMEI番号の照会は必須

IMEI番号とは携帯電話の製造番号です。iPhoneの保証を確認する場合、サポートに問い合わせをする際にも使いますので、非常に大切な番号です。

このIMEI番号はiPhoneの購入時の箱からも確認できますが、中古の場合は必ずついているとは限りませんので、

iPhoneの設定アプリ→一般→情報→IMEIで確認するのがおすすめです。

また、赤ロム(ネットワーク利用制限)でないかどうかもこのIMEI番号でわかりますので、まずIMEI番号を確かめることが必須となります。

②アクティベーションロックがオフであるか

android_sumsung

アクティベーションロックとは、iPhoneの盗難防止用のロックのことです。

販売に出されている状態では、このロックは「オフ」になっていることが望ましいのですが、時々「ON」の状態のまま売られていることもあります。このアクティベーションロックはユーザーのApple IDとパスワードがないとロックをオフにできないため、少々やっかいです。

中古ショップの大手などで買った場合にはそこのところも十分に注意していると思いますが、ヤフオクやメルカリなどで買った場合には、出品者にアクティベーションロックはオフになっているかどうかを十分確認しましょう。

また、そうでない場合はIDとパスワードでオフにしてもらう必要があります。

もし、アクティベーションロックがオフになっていない場合は、せっかく中古で安くiPhoneを購入してもロックが効いているために使えない、という最悪の事態になりますので注意が必要です。

③SIMロックが解除されているか

SIMロックは、iPhoneから、格安スマホなどに乗り換える場合、必要です。

docomoの場合は、2015年5月以降に発売されたモデルでiPhone6、6sPlus、SE、7、7Plusなら解除ができますが、重要なことは「契約者本人」じゃないと解除ができないということです。

このため、SIMロックは解除されているかどうかを確かめることも非常に重要になってきます。

④バッテリーの持ち

中古のiPhoneを購入する場合、バッテリーの持ちを確かめるのも重要ポイントです。前の持ち主がヘビーユーザーだった場合かなりバッテリーが消耗してしまっている場合があります。

バッテリーの持ちは、どのくらい減っているかを正確に確かめることはできませんが、製造年数はシリアル番号からだいたいの目安は判断可能です。

シリアル番号で製造年数を確認する

[設定]→[一般]→[情報]から確認できます。

または購入時の箱に表示されているシリアル番号ですが、この番号をAppleに確かめることで、製造年数を調べることができます。

⑤保証期間内かどうか

また、中古のiPhoneがメーカーの保証期間内かどうかを調べるのも、中古iPhoneを買う時には大切です。保証期間が残っていれば、なにか不具合があったり、故障した時に、無償で保証を受けることができます。

Appleのメーカー保証

Appleのメーカー保証期間内かどうかは、AppleStore(アップルストア)の公式サイトでシリアル番号を入力するだけで、調べることができます。これはとても便利です。

AppleCare

また、ワンランク上の保証サービスであるAppleCareに入っているかどうかも、設定→一般→情報から「シリアル番号」を調べることで知ることができます。こちらもAppleのサイトで、AppleCareに入っているかを調べることができます。

また、「Appleサポート」というアプリで、もっと簡単に調べる方法もありますので、是非活用してみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

中古のiPhoneを購入する場合の購入先や、購入時の注意点などについてご紹介致しました。

中古iPhoneは、新機種が出ると1世代前のものが売りに出されることが多く、あまり使っていないものを安く手に入れることができます。

ただ、中古を購入するということは、それなりに自分で注意して購入しないと、損をしてしまう場合もありますので、注意が必要です。上記のようなチェックポイントを踏まえつつ、是非、状態の良い中古iPhoneを手に入れてみて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iphone_earphone

iPhoneを安く使う!購入の際の3つのポイントと3つの注意点

「iPhoneを買いたいけれど …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です