Home / 地デジ / 地デジの映像表示における分配器の役割と選び方

地デジの映像表示における分配器の役割と選び方

Pocket

地デジ放送の受信においては、分配器という機器という名前をたびたび目にすることがあるかと思います。受信した電波は、基本的には単一の線を通って、接続された機器に映像データを提供していますが、分配器はこの電波を複数に枝分かれさせることが可能です。

こうすることによって階層を隔てたテレビにも長い配線を通すことなく映像電波を分けることが可能になります。ここでは、なにかと便利な分配機の特徴や注意点、その選び方までをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

分配機の特徴

1
出典:ボクにもわかる地上デジタル – 地デジ対策編 – 分配器(アンテナ・スプリッター)

分配機はアンテナから受信した映像電波を、複数のテレビで視聴できるように分配してくれる便利な機器です。同一の階であれば、長いケーブルを使用して配線することもできますが、テレビの間が長すぎたり、階を隔てるとテレビ間のケーブルをつなげることが不可能になってしまいます。こうした状況において、分配機を使用するとスマートな配線が可能になり、テレビ同士を配線でつなげる手間もなくなるでしょう。

電力の劣化に注意が必要

分配機は、電波からの電力を使用して分配するため、もともと電波に含まれている分の電力が弱くなってしまうのが欠点です。それに加えて分配される電波の枝数によってもそれぞれ等分に電力を振り分けるため、損失された電力をどこかで補う必要があります。

分配のし過ぎに注意が必要

2
出典:ボクにもわかる地上デジタル – 地デジ対策編 – 分配器(アンテナ・スプリッター)

いくら分配機が便利といっても、必要以上に設置するのは危険です。分配器の映像電波を分けるイメージは、川の流れの本流から、複数ある支流に分けられていくのをイメージするとよくわかるかと思います。分けられたそれぞれの電波に視聴できるだけの十分な電波強度があればよいですが、分配しすぎると映像が大きく乱れてしまうほど弱くなってしまうので、あくまで必要最低限にとどめておきましょう。

ブースターと組み合わせるとより効果的

分配して弱くなった電波を補強するためには、ブースターとの組み合わせが有効です。ブースターを使用することによって、弱くなった電波を増幅して、それぞれの電波を視聴できるレベルにまでにしてくれます。

分配機の選び方

3
出典:株式会社ルーメン パソコン周辺機器の総合ベンダー マウス TV-SP8

まずは分配数を必要最低限に絞る必要があります。必要な数の分配数となるように、2・3・4・5・6・8の分配数から選びましょう。なお、分配数が多いほど値段も高くなりますが、6まではそれほど値段が上がらないものの、8になると6の倍近く跳ね上がるので、注意が必要です。また、通電仕様として、一端子(メイン端子)のみ通電するタイプと、全端子に通電するタイプとがあるので、必要に応じて選択していきましょう。

何事もほどほどにするのが重要

分配器は便利なものではありますが、使用するにあたっての注意点も多く、性質を理解していないとかえって視聴が困難になるケースもあります。現在では、設置時にブースターを同時に設置するケースも増えているので、電波が弱くなりすぎるというのはあまり見られなくなりましたが、それでもちょうどよい数に分配していくことが大切です。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

14b808f7a2fa97680f8fdce5f63b0c17_s

8Kテレビはいつ発売されるのか?8Kテレビを視聴するために必要なもの

超高画質な映像と音声を楽しめる …

Facebookでのご購読が便利です