地デジの受信におけるブースターの役割と効果

LINEで送る
Pocket

2003年より徐々に移行をはじめ、2011年には完全移行となった地上波デジタル放送。この地上波デジタル放送の電波を受信するためには、発信所の方向にアンテナを向ける必要があります。しかし、アンテナが設置されている場所によっては受信状況が悪く、電波がうまく入らないこともあるようです。

そんな時に役に立つのがブースターという装置で、このブースターは、電波を増幅して電波状況を改善してくれる働きをします。

このブースターにもいくつか種類があり、受信状況によって屋内用・屋外用といった具合に選択することはできるのですが、設置している位置や状況によって何を選べばよいかを紹介していきましょう。

スポンサーリンク

地デジの電波に対するブースターの基本的な役割

地上デジタル放送の電波の受信におけるブースターの基本的な役割は、名前の通り、電波の増幅です。山間部など電波が届きにくい地域では、そのままの状態での地デジ放送の視聴が難しいため、電波を増幅して視聴できるレベルにまで引き上げます。ブースターは受信できている電波の強さを変えずに増幅しているため、このような電波が弱い地域での利用は非常に効果的です。

また、通常の電波が十分に届いている都会のエリアであっても、ブースターは役割を果たす場合があります。それは、戸建などにおいて、複数の場所にテレビを設置する場合です。すなわち受信した電波を分岐して使っているため、個々の電波が弱くなります。そのため、ブースターによって電波を増幅させて通常通り使用できるようにします。

また、ブースターには様々な種類のものがあり、屋内で使用するものと屋外で使用するものがあります。それぞれの違いについて見ていきましょう。

屋内用ブースターの役割と効果

TV

ブースターには屋外用と屋内用があります。屋内用のブースターは、主に画面に若干のノイズが入るなど、電波状況がやや不良である場合の補強用として使用します。補強の度合いは、屋外用と比べると格段に落ちてしまいますが、少しの補強で済む場合には十分な性能を発揮してくれるでしょう。取り付けの手間がそれほどかからず、電源は屋内のものを利用できるので、簡単に設置できるのも屋内用ブースターの利点です。

ブースター接続時の注意点

ブースターは基本的にアンテナに近い位置に設置します。この位置に設置することで、ブースターの機能を最大限に発揮できると言われています。取り付けの順序としては、アンテナ→ブースター→分配器→ケーブル→チューナーとなります。
ベストは、アンテナマスト(アンテナポール)にとりつける、分離型で防水タイプのものがベストです。しかし、アンテナに取り付けるとなると、危険が伴いますので、注意しましょう。

各メーカーから豊富な種類のブースターが発売されていますが、一般的な価格帯としては3000〜5000円が多いです。値段が高ければいいというものでもないので、使用しているアンテナ機器との相性と、アンテナレベルとの関係を調べてから買うことが重要です。
また、アンテナレベルチェッカーというものがテレビに内蔵されているものもあるので、それを利用して安定した受信状況が確保できるかを調整しましょう。

接続状況によってはノイズのみがブースターによって増幅されてしまう場合があるので、増幅率を自動調整してくれるタイプのものを購入するのがおすすめです。

屋外用ブースターを設置する

屋外用のブースターを設置するには、ブースターに供給する電源を設置する工事がまず必要になります。多くはアンテナ設置時にブースターを設置することが多いので、取り付け工事とセットで設置します。屋外に設置するタイプのブースターには、防水対策が施されているので、防水されていない屋内用のものを屋外で使用することは不可能となっています。

増幅率は屋内用と比べて高性能なので、電波が受信できないという状況はほとんどなくなるでしょう。ただし、屋内用と同様に、電波の増幅率が高すぎて、逆に映像が見られなくなるということもあるので、増幅率を自動調整してくれるタイプのものを選ぶのが無難です。

①ブースターの選び方

地上デジタル放送は、基本的に地上デジタル放送の送信所(東京スカイツリーなど)にUHFアンテナを向けて受信します。ですので、送信所からの距離や地形も大いに関係しており、室内、小型などの強電界用、平面や14素子の中電界用、20素子などの弱電界用、27素子の微弱電界用のアンテナがあります。

ブースターの選び方のポイントは、まず使用帯域(VHF,BS/CS)、地デジ・BS/CS雑音指数、利得(Gain)、標準入力レベル、定格出力レベル、などの表示をチェックしましょう。

あらかじめ自分で調べてから、販売店などで相談してみるのが確実でしょう。
また、価格の目安としては、VHFのみ対応の機種は13,000円程度、VHF,BS/CS対応の機種は30,000~35,000円前後、さらに上記に加え、ケーブルテレビも対応できるタイプだともっとお値段は上がりますが、現在では需要が多い時期も過ぎたために、大幅に値下げされているケースも多いようです。

②おすすめブースター4選!

地デジアンテナ

それではおすすめのブースターの機種を4つ、挙げてみましょう。ブースターは各社で性能に特徴があり、雑音指数、利得(Gain)、定格出力など、それぞれ得意な性能が違います。

1.DSU35M~日立国際(旧:YAGI)

昔のテレビアンテナ時代からの有名メーカーもいまや、時代の並に乗って地デジ対応のブースターを発売しています。どの機種も地デジUHF・BS/CS雑音指数、利得(Gain)、定格出力とそれぞれの性能でみると一長一短があるようですが、複数の性能で秀でているものをピックアップし、ベストなものを選んでみました。

まずは、かつてはYAGIアンテナと呼ばれた業界では1.2を争うくらいに有名なYAGIアンテナも今や「日立国際」と名前を変えています。かつてはテレビアンテナのメーカーの代名詞だった日立国際(旧YAGI)ですが、時代の流れに乗って、地デジブースターも作っています。この一台でUHF & BS の混合器とブースターが含まれているすぐれもの。ブースター本体に格納されている混合器と電源部が脱着できるという利点があり、電源は室内で、本体は屋根裏につけるなどということもできます。口コミでは高評価ですが、機能別のレビューはどうでしょうか?

性能のほうはまず、数値が小さいほうが性能がいいとされる、地デジ周波数雑音指数は3でそれほど性能がいいとは言えません。また、BS/CS周波数雑音指数は8とマスプロの倍あります。
値が大きいほうがいい性能である利得(Gain)は30dbとまずまず。ですが、地デジ周波数の定格出力は、111dBuVと4つの中では最大を誇ります。

2.GCU33L1~DXアンテナ

地デジUHF、CS/BS-IFの増幅が可能ですが、4Kなどには対応していないブースター。
地デジ周波数の雑音指数は1.5と4つの中では、最小、またBS/CS周波数雑音指数は5.0とやや高め。利得(Gain)は27dBと最小。地デジの定格出力は、101dBuVと4つの中では最小となっておりパワーにかけています。ですが口コミなどでは、デザインや、機能性、使いやすさ、安定性の面において、高い評価を誇っています。価格は安いところでは7,000円ほどで購入できます。

3.UBCB35~マスプロ

こちらも、地デジUHF・BS・CS対応のブースター。テレビアンテナの時代から有名なマスプロ。やはり時代に合わせて地デジのブースターも発売しています。テレビアンテナ時代はシェアーが高く、YAGIとシェアを2分するくらいのメーカーでしたが、ブースター市場ではどうなのでしょうか?

地デジ周波数の雑音指数は1.5と、DXアンテナとともに最もいい数値となっています。またBS/CS周波数雑音指数は5.0で普通、利得(Gain)は、32dBで日本アンテナに次ぐ数値。また、地デジの定格出力は、105dBuVと2番めに高い数値となっています。価格はいまや安いところでは6,000円台まで下落しています。

4.N36SU~日本アンテナ

テレビアンテナのシェアは業界3位の日本アンテナ。こちらは地デジUHF・BS・CS対応となっています。こちらも電源部と本体が分離できるので、屋根裏などに取り付けてもOKなのでとても便利な仕様になっています。

地デジ周波数の雑音指数は、2.0と普通。またBS/CS周波数雑音指数は5.0と2番めの数値に落ち着いています。また、利得(Gain)は、35dBでダントツの良さ、地デジの定格出力はに至っては、103dBuVと3番目に甘んじています。

■こうしてみると、どのブースターも1つの項目については秀でているものもありますが、雑音指数(NF)、利得(Gain)の2つの性能が高い、マスプロのUBCB35に軍配が上がります。

まとめ・地デジ化が一段落・需要は減少傾向

従来のテレビ地上波放送の地デジ化は、2003年頃から始まり、2011年に完全移行となる頃までは、ブースターを求める人も多かったのですが、地デジ化が一段落してからというもの、ブースターの需要は、減少傾向になっているといわれています。

特に都心では東京スカイツリーなどの広域をカバーする電波塔があるため、以前はビルの谷間や高速道路の影に位置するなどで、正しく電波が受信されていなかったところもあったのですが、現在は電波状況が悪いというところはほとんどないと言えます。

また、現在では地方の山間部などの限定的で特別な地域では、まだブースターが必要になるケースがありますが、ブースターの故障などにより部品を交換をする際にも、すでに販売終了などで、なかなか代替品が見つからないこともあるようです。

こうしたニッチな需要により、まだブースターは必要とされていますが、統計によると2015年度で前年比が90%程度になるなど、年々減ってきていることは事実と言えます。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です