Home / 地デジ / 地デジアンテナを設置する時に方向を調べる方法

地デジアンテナを設置する時に方向を調べる方法

Pocket

家庭用の地デジテレビアンテナの方向を設置する際に、感度を十分に発揮するためには、アンテナを電波塔の発信方向に向けていなければなりません。これは、アンテナが持つ指向性という性質によるもので、電波の発信方向に向けないと、十分な電波を受信できないことに依ります。

電波の発信所は全国各地にあり、ほとんどの地域では、各家庭で十分な電波を受信できるようになっているようです。ここでは、アンテナ設置時にどの方向にアンテナを向けるとよいかを調べる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

近くにある電波の発信所を調べる

1
出典:長波標準電波施設 はがね山標準電波送信所

電波の発信所というのは全国各地にあるので、基本的にはその方向に向ければ十分な量の電波を受信することができます。電波の送信所は電波塔以外にも中継局があり、全国各地を余すことなくカバーできるように配置されており、発信所の規模によってカバーできるエリアが異なるようです。山が近くにある場合は、山頂にあるケースが多いので、地方では山を見渡すと見つかるケースがあります。

インターネットで調べる

見渡せる方向に発信所や電波塔が見えない場合は、インターネットにある情報を頼りに、最寄りの発信所を調べる方法があります。地デジやCS・BSはそれぞれ発信している場所が異なるので、発信所を調べることでおおよその方向がわかるでしょう。アプリでも地デジ電波の方向を調べることができるので、状況に応じて利用すると良いです。

下記のサイトを利用することで、最寄の地デジの電波塔の位置と、概ね放送が受信できる範囲を示している放送エリアを調べることができます。
放送エリアのめやす

使い方も非常に簡単で、ご自宅の都道府県や、郵便番号などから、ご自宅付近の電波塔やその放送エリアを調べることができます。この地図で地デジアンテナの方向性を大まかに決めて、微調整をしていきましょう。

近隣に設置されたアンテナの方向を見てみる

近隣にアンテナを設置した家屋等がある場合には、そのアンテナの方向も参考になります。複数の家があり、そのアンテナが皆同一方向を向いている場合には、その方向に放送局があると考えて間違いないでしょう。 地デジを受信する場合には、下の図にあるようにUHFアンテナを使用します。 近隣の家に立っているUHFアンテナの方向を確認し、複数の家のアンテナが同一方向を向いていることを確認して、その向きを参考にしてアンテナの方向を決めて問題ありません。

 

地デジアンテナの方向の微調整にはアプリが抜群に役立つ

地デジアンテナの方向性をインターネットやご近所のアンテナの方向で決めてから、より感度抜群に電波を受信するためには微調整をしていくことが大切です。

この微調整に役立つのがスマートフォンのアプリです。Androidであれば「地デジアンテナ調整」がとても便利です。GPSもしくは現在地の住所を入力すると、最寄の電波塔と現在地を結ぶ線を表示してくれます。スマートフォンで電波塔の方向を確認できることによって、より正確に微調整をすることができるようになります。

地デジアンテナの方向の調整をする際には是非活用してみてください。

受信する場所の電波の強さを知ること

電波の発信所から受信する場所までの距離や地形によって、電波の強さは大きく影響を受けます。

放送エリアのめやす で表示される発信所の近隣は、強電界地域と呼ばれ、電波が強いため、アンテナの方向が少しずれていても十分にテレビの受信をすることができます。むしろ、電波が強すぎて信号を減衰させないとテレビが映らないという場合もあります。

発信所から離れるにつれて電波は弱くなりますが、放送エリアの内部では、中電界地域と呼ばれ、通常のアンテナでもテレビが十分視聴できる地域になります。

放送エリアの境界付近は弱電界地域とよばれますが、素子数(アンテナについている横棒の数)の多い、すなわち、利得の高い地デジアンテナを使う必要があり、また、アンテナの方向もできる限り正確に調整をする必要があります。

放送エリアの外は、微弱電界地域とよばれ、利得の高いアンテナをつけても十分に放送を受信できない場合があります。

ご自宅付近の発信所とその放送エリアを見ていただくとわかりますが、首都圏などでは、複数の発信所の放送エリアが重なっている地域が多くあります。そういった地域では、現在地を十分にカバーしている放送エリアを選び、そのエリアに該当する発信所にアンテナの方向を向けるようにすることが重要です。

アンテナを発信所に向けても電波が弱い時には

2
出典:地デジアンテナ工事・取付は東京の武蔵野アンテナへ

発信所に地デジアンテナを向けても、上記のように距離が遠すぎて電波が弱いということがあります。症状としては、様々な色の四角いブロックノイズが表示されたり、特定のチャンネルだけが映らないといった状況になります。そういう時には、ブースターという装置を用いて、受信電波を増強することが可能です。ブースターを使うときには、屋内設置用と屋外設置用の2種類があり、電波の受信状況によって使い分けるとよいでしょう。

屋内用と屋外用とでは一長一短がある

屋内用のブースターは、電源設置が容易ですが、電波の補強度が弱いのが難点です。屋外用のブースターは、電波の補強度が強いですが、屋外用の電源を確保する必要があるので、別途工事が必要になってきます。また、家庭内で複数の部屋にテレビ電波を分配している場合には、アンテナ設置の際に、屋外用のブースターが装着されている場合が多くあります。

あと少し電波を補強したい場合には屋内用を、受信状況が特に悪い場合には屋外用を設置するようにしましょう。屋外用のを設置する場合に注意しなければならないことは、周辺環境の変化によって電波状況が改善されたことにより、増幅率が強すぎて受信できなくなることがあるので、増幅率を自動調整してくれるタイプのものを選ぶのがおすすめです。

遮蔽物がないかどうかも確認を

電波は遮蔽物があると弱くなってしまい、思うように受信できないことがあります。直線距離は近くても、遮蔽物が多いために受信できないというケースもあるため、周辺にある発信所をいくつか調べて、一番電波が良い方向にアンテナを向けるのがポイントです。

自分でアンテナの微調整をすることが難しい時には

また、自分でアンテナの微調整をすることが難しい場合には、設置をした店舗等で調整をお願いすることもできます。通常の設置ですと2万円前後の料金がかかってきますが、アンテナの方向の微調整だけであれば5,000円~10,000円の相場で引き受けてくれる店舗がほとんどです。

地デジアンテナの方向調整がどうしても難しい場合は、店舗に頼むようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 地デジの電波がどの方向から来ているかを知ることで、より安定して地デジ映像を受信し楽しむことができます。

地デジアンテナは強風などで時々方向が変わってしまうことがあります。突然テレビが視聴できなくなり焦ってしまうこともありますが、電波塔への正確な方向を知っておけば意外と簡単に自分で調整をすることができます。

地デジアンテナの方向調整が必要になった時には、是非本記事を参考にしてみてください。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

14b808f7a2fa97680f8fdce5f63b0c17_s

8Kテレビはいつ発売されるのか?8Kテレビを視聴するために必要なもの

超高画質な映像と音声を楽しめる …

Facebookでのご購読が便利です