カードキーの防犯性とカードキーに変更する方法

LINEで送る
Pocket

ddc55126ccbc9ed14c50697d816ce113_s

カードキーを使うことで、通常の鍵とはどのようなことが違い、メリットがあるのでしょうか?また、自宅の鍵をカードキーに変更したい場合はどうしたら良いのでしょうか?

ここでは、カードキーの防犯性とカードキーに変更する方法について解説いたします。これから、防犯対策の一環として、カードキーの導入を検討している方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

カードキーの防犯性

カードキーは鍵の開け閉めをセンサーでおこなうことができます。交通系ICカードと同じでカードをセンサーに近付けることで、簡単に鍵を閉めたり開けたりすることができます。カードとして保管できるため、財布やカードホルダーなどに入れて携帯もしやすく便利です。

ホテルではカードキーのところも増えていたり、普段、通勤通学で交通系ICカードなどを使う人も多いため、多くの人が使い慣れています。ここでは、カードキーの防犯性について紹介いたします。

ピッキングに強い

空き巣犯が玄関ドアから侵入する場合、ピッキングをして鍵を開けてから侵入します。なかには、ヘアピンだけでシリンダー錠をピッキングして、侵入しているケースもあります。ピッキング対策として登場したディンプルキーなども、多くのマンションで採用されていますが、空き巣犯のピッキング技術とのイタチごっことなっています。

しかし、カードキーになれば、磁気等で反応し、鍵穴自体が存在しませんので、ピッキングツールやヘアピンなどを使っても空き巣犯は開けることができませんので安心です。

コピーされることがない

通常の鍵であれば、鍵や鍵番号があれば、町の鍵屋さんなどで即日で複製を作ることができます。しかし、カードキーであれば、特殊な鍵でもありますし、カードそれぞれに固有のIDが振り分けられているため複製することが極めて難しいです。また、町の鍵屋さんなどでもカードキーの合鍵作成は対応していませんので、簡単にコピーを作成されることもありません。非常に防犯性が高いと鍵と言えます。

万一、紛失しても安心

カードキーは、万一どこかに紛失したとしても、失くしたカードキーの情報を削除して、新しいカードキーに情報を登録し直すことができますので、紛失したカードキーを悪用しようとしても使い物にならないようにすることができます。

通常の鍵であれば、鍵穴を交換しない限り悪用される可能性がありますが、カードキーであれば、万一紛失した際も悪用させないよう対処できるので安心です。カードキーの持ち主情報なども事前に登録しておくことができます。

鍵の閉め忘れがない

通常の鍵であれば、出掛ける際に鍵を閉め忘れたら大変です。また、家まで戻って鍵を閉めなければいけません。しかし、カードキーであれば、例え鍵の閉め忘れがあったとしても、自動で鍵が閉まるようになっていますので安心です。ただし、自動で鍵が閉まるので、カードキーを持たずに外に出てしまい、ロックがかかって部屋に入れなくなることもありますので注意も必要です。カードキーでは、閉め忘れということがなくなります。

カードキーに変更する方法

カードキーに変更する場合は、鍵の専門業者や作成会社、もしくは、不動産屋に連絡を入れましょう。カードキーの種類にもよりますが、カードキーをシリンダーに差し込み回して開け閉めをおこなうものであれば、特殊な工事は必要なくシリンダー交換をするだけで、カードキーに変更することができます。

非接触ICのカードキーに変更したい場合は、配線作業や電源確保の必要のない電池式や、電気配線によって作動する電気式の2種類あります。電池式の方であれば、自身での取り付けもできなくありませんが、電気式であれば自身で取り付けることは難しく、業者に取り付けを依頼しないといけません。

ただし、どちらのタイプにせよ、安心して使っていけるよう業者に取り付けてもらった方が良いでしょう。賃貸マンションに住んでいる場合は、1室だけ勝手にカードキーに変更してはいけませんので、必ず管理会社に相談するようにしましょう。

基本的には、持家でないとカードキーに変更することは難しいです。賃貸の場合であれば、マンションでもアパートでも、管理会社やオーナーが全室をカードキーに変更することを決めなければ、変えることはできません。

カードキーの注意点

ここでは、カードキーを使っていくにあたっての注意点を紹介いたします。

合鍵が作りづらい

通常の鍵であれば、必要に応じてすぐに専門店で合鍵を作ることができます。ホームセンターや商業ビル内にある鍵屋さんなどで、安くて即日で作れるところも多いです。カードキーになると、鍵屋さんでは対応しておらず、合鍵を作ることは難しいです。

発行元の業者にお願いをして作成してもらうしか方法がありません。しかし、理由がない限り合鍵の作成が禁止されている場合もありますので、作る場合は事前確認が必要です。また、通常の鍵の合鍵を作るよりも、カードキーの合鍵を作る場合の方が費用がかかります。

失くしやすい

通常の鍵であれば、重量感があり音もするので落としたり、どこかに置き忘れたとしても、すぐに気付くことができます。しかし、カードキーだと、重量感もなく他のカードとも交ざってしまいますので、どこかに置き忘れたとしても、カードキーを使うまで置き忘れたことに気付かない可能性があります。

また、落としたとしても音がしないので、なかなか気付きません。しっかりと財布の中やカードホルダーなどに保管して持ち運ばないと、すぐに失くしてしまいます。失くしてしまうとマンションや部屋に入れなくなってしまいますので、注意が必要です。

部屋に入れなくなることもある

カードキーの場合、自分で鍵を閉めなくても、オートロックのように自動で鍵が閉まりますので、カードキーを持たずに外に出てしまうと家に入ることができなくなります。通常の鍵であれば、自分で閉めない限り部屋に入ることはできますが、カードキーの場合はそうはいきません。ちょっと外部廊下に出る際も、カードキーを持っておかないと大変なことになってしまいます。今以上に鍵を携帯するクセを付けないといけません。

取扱いに注意が必要

カードキーは繊細に取り扱う必要があります。通常の鍵であれば、どんなに雑に扱っても鍵の開け閉めには何ら影響はありませんが、カードキーの場合は扱い方が雑だと、故障する場合があります。

無理に曲げたり、衝撃を加えたり、静電気を発生させたりしないようにしましょう。ICチップが破損すると、まったく使えなくなりますので、丁寧に扱い保管しなければいけません。カードキーになることで便利なことは増えますが、デリケートに扱う必要が出てきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、カードキーの防犯性とカードキーに変更する方法について紹介いたしました。カードキーを使うことで、空き巣犯によるピッキングや、複製による悪用、鍵の閉め忘れなどを防ぐことができます。合鍵が気軽に作れない点や、失くしやすい点、扱い方に気を付けなければいけない点など、注意すべき点もいくつかありますが、従来の鍵よりも高い防犯性を誇ります。

賃貸マンションやアパートに住んでいる場合は、自室をカードキーに変えることは難しいですが、持家の場合は、業者に頼めば簡単にカードキーに変更することができます。ぜひ、防犯対策の1つとして参考にしてみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です