絶対分かるビジネスインテリジェンスの概要と基礎知識

LINEで送る
Pocket

7c886f1693dd084b876d29dc17896220_s

ビジネスインテリジェンスという言葉をご存知でしょうか。ビジネスマンを指して言いそうな言葉にも聞こえますが、意味合いはまったく異なります。企業に蓄積された大量の情報を有効活用するためのシステムやツールです。

ここでは、「絶対分かるビジネスインテリジェンスの概要と基礎知識」について紹介いたします。初めてビジネスインテリジェンスという言葉を知った方や、聞いたことはあるけど意味までは知らない方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.ビジネスインテリジェンスとは

c069a5e427881386b00c6b6f12ff313b_s

ビジネスインテリジェンスはBI(Business Intelligence)とも呼ばれています。企業のさまざまなデータの分析などを行い意思決定に活用する方法のことです。ビックデータと言われるような膨大な情報量から、重要な情報を抽出し、分析や加工を行うシステムやツールのことを言います。ビジネスインテリジェンスという言葉は、ハワードドレスナー氏が1989年に最初に用いた言葉だと言われています。

日々蓄積される企業の情報を意思決定に活用することで、見える化や意思決定の迅速化をできる効果が期待できます。ビジネスインテリジェンスのシステムは、さまざまな商品があり、企業の規模や業種、課題などに合わせて、導入するべきシステムが変わってきます。

ビジネスインテリジェンスと言われるツールは多数あり、データマイニングやレポーティングツール、オンライン分析処理(OLAP)、プランニングツールなどが該当します。データマイニングは、大量のデータを元に知識を取り出す技術のことです。

企業が収集している大量のデータを分析して、効果的なパターンやルールを見つけ出します。マーケティングにも活用でき、DMなどとも呼ばれています。データマイニングは、おむつとビールの例え話でも有名です。

レポーティングツールは、企業の多くの情報を抽出して分類や並び替えを行い、グラフ化などして分かりやすくレポート化するツールのことです。レポート作成機能や、データ入出力機能、管理機能などが備わっており、取り込んだデータを元にグラフを作成したり、自動集計や自動加工なども行います。

定型レポート作成機能もあるので、毎日のようにレポートを作成することも可能です。オンライン分析処理(OLAP)は、大規模なデータベースを構成してサポートします。システムのエンドユーザーが、直接データベースからデータを取り出すことができ、直接分析ができます。

直接重要なデータを見て分析できるため、意思決定やプロセス改善にも役立ちます。プランニングツールは、異なる条件による予測結果の比較などが行えるツールのことです。比較や変化のシミュレーションも行えます。設定していた計画に変更を加えシミュレーションができるので、さまざまな予測変化にも対応し活用できます。

また、ビジネスインテリジェンスを導入する際は、クラウド、オンプレミス、開発の3つの導入形態がありますので、企業の状況などに合わせて最適な方法で導入が可能です。

2.ビジネスインテリジェンスを導入するメリット

ここでは、ビジネスインテリジェンスを導入することで生じるメリットについて、紹介いたします。

1.精度の高い答えを導き出す

ビジネスインテリジェンスを導入することで、企業に蓄積された膨大な情報のなかから、意思決定に役立つ情報や答えを導き出してくれます。過去のデータから顧客が製品・サービスを購入するまでの行動や購買率を高めるためのプロセスなど、実際のデータを元にした答えや方向性を導き出してくれます。

社員が考えるものとはまた違った答えが出る場合もあり、ビジネスインテリジェンスで導き出したものが最適解なこともあります。データに基づいた分析を行うため、導き出された答えや方向性を全社で共有し、業務を効率化することも可能です。

2.ERPやCRMなどとも連携して使える

ビジネスインテリジェンスは、企業に既に導入しているシステムとの連携も図れます。企業の情報を一元化し基幹系用法システムであるERP(Enterprise Resources Planning)や、既存顧客の満足度を向上させることを目的とした顧客関係管理システムのCRM(Customer Relationship Management)、見込み客管理に最適な営業支援ツールのSFA(Sales Force Automation)などとの連携も可能です。

ERPやCRM、SFAを導入している場合は、顧客の情報なども膨大な量蓄積されています。それらのデータを元に、ビジネスインテリジェンスのシステムが、分析や加工を行い、さまざまな情報から読み取れる答えを導き出してくれます。企業に関係の深い情報量が多いほど、ビジネスインテリジェンスを使って意思決定に活用できます。

3.多くの部署でも活用できる

ビジネスインテリジェンスは、経営に関する意思決定をサポートするだけではなく、さまざまな情報を分析してくれますので、営業でも、経理でも、総務などで、全社的に活用することができます。統計情報を元に分析をすることもできますし、営業プロセスの改善に役立てることもできます。情報量が多い方が活用のメリットは見出だせますが、情報量が少なくても、多くの部署で利用できます。

3.ビジネスインテリジェンスを導入するデメリット

ここでは、ビジネスインテリジェンスを導入することで生じるデメリットについて、紹介いたします。

1.コストがかかる

ビジネスインテリジェンスシステムを導入する場合、新しいツール・システムを入れるわけですので、導入コストやランニングコストがかかります。特にビジネスインテリジェンスのシステムは、他のシステムよりも料金が高い場合が多いです。

もちろん導入することで、意思決定のサポートなどメリットになることも多いですが、他のシステムを導入する場合や、別のことに投資を行うことも検討している場合は、費用対効果を考えたうえで導入の判断をしなければなりません。

また、オンプレミスや開発の場合は、ソフトウェア費用に加え、サーバ調達費用、運用費用、サポート費用、設定費用などがかかります。クラウドの場合は、基本料金、初期費用、サポート費用、オプション費用などがかかります。

2.専門知識を持った人材が必要

ビジネスインテリジェンスに限ったことではなく、ERPやCRM、SFAなどもですが、導入するには専門知識を持った人材が必要です。システムを常に安定して使用するためにも更新が必要になったり、不具合が生じた際は、早急に復旧できるよう対処しなければなりません。

また、システムをカスタマイズしたい場合も同様です。専門知識を持った人材がいる場合は良いですが、そうでない場合は、知識を得るための教育が必要になり、教育コストや人材コストが新たに発生します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「絶対分かるビジネスインテリジェンスの概要と基礎知識」について、紹介いたしました。ビジネスインテリジェンスを導入することで、コスト増や、知識を有した人材の確保など、デメリットになる点もありますが、膨大な情報を元に、抽出・分析・加工などを行ってくれ、さまざまなシーンでの意思決定やプロセス改善などに活用できます。

ビジネスインテリジェンスに興味を持った方は、勤務している企業でも取り入れられているか、ぜひ確認してみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です