防犯対策の基本と実施しておきたい防犯の対策

LINEで送る
Pocket

e87026bd6dfc0e7d58d66eb0e7a72124_s

今回は、防犯対策の基本と実施しておきたい防犯の対策について紹介いたします。日頃の防犯対策の積み重ねで「防犯意識の高い家」「侵入しにくい家」という印象ができ、空き巣などの犯行を事前に防ぐことができます。

ここでは、すぐに取り掛かることができる防犯対策を中心に紹介していますので、これから防犯対策を施そうと検討していた方や、防犯対策をしたことがない方は、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

実施しておきたい防犯対策の基本と対策

窓に振動アラームを設置する

空き巣犯の侵入経路で1番多いのが窓からの侵入です。空き巣の7割近くが窓から侵入してきます。振動アラームとは窓に設置する防犯アイテムで、空き巣犯が窓を破壊すると大音量で警報音が鳴り響きます。価格もそこまで高くなく3,000円前後で購入できます。

振動アラームから警報音が鳴ることで、空き巣犯を威嚇することができますし、近所へ異常を知らせることができます。スマートフォンと連携・連動しているアラームもあり、警報音が鳴るとスマートフォンに通知が届くようになっています。

1ヵ所の窓だけに設置するのではなく、防犯効果を高めるために複数の窓に設置するようにしましょう。空き巣犯も見つかって捕まるリスクを考え犯行を諦める可能性が高まります。

防犯フィルムを貼る

侵入率の高い窓の防犯性を高めるために防犯フィルムを貼るようにしましょう。防犯フィルムを窓に貼ることで、耐久性がアップし割れにくくなります。空き巣犯は侵入に5分以上の時間がかかる場合7割近くが諦めるというデータが分かっています。

侵入経路として1番多い窓を補強することで、100%割れないようすることはできませんが、侵入にかかる時間をかせぐことができます。防犯フィルムは3,000〜4,000円程度で販売されているものも多いですので、最低でも自宅の侵入されそうな窓には貼るようにしましょう。手軽にできる防犯対策です。

補助錠を付ける

空き巣犯は、「こじ破り」「焼き破り」「打ち破り」といった方法で窓の鍵付近を破り、手を入れて鍵を開けます。補助錠を付けておくことで、補助錠を開けない限り窓を開けることができなくなります。補助錠は窓の上と下に付けることができ、1ヵ所だけでも効果があります。窓からの侵入を100%防げるものではありませんが、侵入に時間をかけることができます。2,000〜3,000円で購入することができ高い防犯効果があります。

鍵を電子ロックにする

窓の鍵を通常のものから電子ロック式に変えるだけで高い防犯効果が期待できます。窓ガラスを割って鍵を開けようとしても、電子ロックをパスワードで解除しなければ鍵を開けることができません。無理やり鍵を壊すなどしなければ侵入が難しくなります。市販のものでも3,000円前後で購入できますので、予算をかけずに防犯対策することができます。

窓に面格子を取り付ける

侵入率の高い窓に面格子を取り付けることで、窓からの侵入に時間をかけ犯行を防ぐことができます。バールやドライバーを使って取り外すことができる面格子もありますが、侵入に5分以上の時間をかけさせることができます。

また、面格子があることで「侵入しにくい家」という印象を与えることもできますので、侵入を未然に防ぐ効果もあります。業者に取り付けてもらう場合は、50,000円前後費用はかかりますが、防犯効果は高いです。すべての窓に面格子を取り付けるには大きな予算がかかりますので、特に侵入率が高そうな窓に取り付けても良いでしょう。

センサーライトを取り付ける

センサーライトを取り付けることで、光によって空き巣犯を威嚇することができます。特に夜などの暗いときに効果が高く、「防犯意識の高い家」というアピールもできますし、光で近所に異常を知らせることもできます。音と光は防犯対策に効果が高く、人感センサーなので、動いているものに反応して自動で点灯します。侵入率の高い窓付近や、侵入経路になりえそうな場所に設置するようにしましょう。

防犯カメラを取り付ける

防犯カメラを取り付けることで、非常に高い防犯効果が期待できます。防犯カメラがあることで、空き巣犯は映ってしまい捕まるリスクを負ってしまいますので、犯行を諦める可能性が高いです。防犯カメラを取り付ける場合、「業者に取り付けてもらう」か「自分で取り付ける」方法があります。業者に取り付けてもらう場合は10万円程度かかる場合もありますので、予算を考えておくようにしましょう。

自分で取り付ける場合は、効果的な取り付け方や他の家のプライバシー保護、ステッカーによる周知等気を付けながら付けましょう。本物の防犯カメラが予算の問題で設置できない場合は、ダミーカメラでも一定の効果を期待できます。本物と見分けがつかないカメラも多く、数千円で購入することができます。

インターホンはモニター付にする

空き巣犯は犯行する家を調査するために、インターホンを使って不在時間を確かめることがあります。インターホンを押して反応のない時間を確認したうえで、不在確率の高い時間帯に侵入を試みるのです。

モニター付のインターホンにすることで、そういった不審者による時間確認の際に、顔を見ることができますし、空き巣犯も「顔を見られる」という恐怖を味わうことになり、事前に犯行を諦めさせる可能性があります。映像を録画できるインターホンもありますので、モニターが付いていない場合は、モニターを付けたタイプのものに変更するようにしましょう。

犬を飼う

犬がいることで防犯効果が高まります。人間よりも素早く異常に気付いて吠えたり、噛み付いたりし、犯人を威嚇することもできますし、周囲に異常を知らせることができます。空き巣犯も犬が吠えだしたら、見つかってしまう可能性が高まりますので、犯行を諦める可能性があります。防犯対策として犬を飼う場合は、中型犬もしくは大型犬が良いでしょう。

足場になるものを置かない

特に戸建に住んでいる場合、侵入は1階からだけではありません。2階の窓やベランダからも侵入されているケースは多いです。裏庭などに2階やベランダに上がるための足場になりそうなものを放置しないようにしましょう。足場があることで簡単に高いところから侵入を許してしまうことになります。極力、不要なものは裏庭などに置かずに処分するようにしましょう。

郵便ポストは常にチェックする

空き巣犯は郵便ポストを見て不在時間を確認する場合があります。ポストの中が溜まっている状態だと、不在時間も多く、防犯意識に対して希薄だという印象を与えてしまい、狙われやすくなってしまいます。郵便ポストは常にチェックし空になるようにしておきましょう。ポストもロックがかかるものを使うようにしてください。

まとめ

今回、防犯対策の基本と実施しておきたい防犯の対策について紹介いたしました。どの防犯対策も比較的簡単に取り組むことができるので、予算のかからないものから取り組んでみてみましょう!日々、防犯対策をおこなうだけで、居住者全員の防犯意識も高まりますし、不審者や空き巣犯に「防犯意識の高い家」ということをアピールすることができます。

実際に空き巣にあってからでは遅いですので、防犯「対策をした方が良いな」と思った時点で、取り組むようにしましょう。ぜひ、今後の防犯対策の参考にしてみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です