防犯スプレーのおすすめ商品といざという時に使える正しい使い方

LINEで送る
Pocket

困った

今回は、防犯スプレーのおすすめ商品といざという時に使える正しい使い方について紹介いたいします。防犯スプレーを準備しておくのは良いことですが、使い方を知らないといざという時に困ってしまいます。

通常のスプレーとは操作性が若干異なりますので、使い方やタイプごとのロックの外し方をしっかりと把握しておきましょう。おすすめの防犯スプレーも紹介していますので、ぜひ、防犯スプレーを検討している方は参考にしてみてください!

スポンサーリンク

防犯スプレーの正しい使い方

防犯スプレーは、護身用のものでもあり、誤噴射を防がないといけませんので、ほとんどの防犯スプレーには安全装置が付いています。そのため、スプレーを使用する際には、安全装置を解除したうえで噴射をおこないます。

噴射の仕方は通常のスプレーと一緒でボタンを押すだけです。空き巣犯や不審者の顔をめがけて噴射するようにしましょう。多くの防犯スプレーが噴射飛距離が2〜3Mですので、できる限り近い位置で噴射をする必要があります。防犯スプレーの安全装置の構造は下記8種類存在し、それぞれ解除方法が異なります。

スピントップ

小型のスプレーであるスピントップは、ヘッド部分を回転させることで安全ロックを解除することができます。小型でもあり、ロック解除する方法もシンプルなため、片手でも操作しやすい型になります。回転させないと噴射ができませんので誤噴射も防げます。

ツイストロック

ツイストロックの防犯スプレーは最も一般的な操作性となっています。噴射ボタンの飛び出している部分を横にひねることにより、安全ロックを解除することができます。片手で簡単に操作することができ、ひねってロックを解除することにより、噴射口も表に出る構造になっています。防犯スプレーで最も多いタイプです。

フリップトップ

フリップトップは、噴射ボタンの上にある開閉カバーを上に開けることで、安全ロックを解除することができます。ワンタッチでロック解除ができ、そのままボタンを押すだけです。何もしないときはカバーが閉まっていますので、誤噴射を防ぐこともできます。

スライドプッシュ

スライドプッシュタイプは、ボタンをスライドしたまま押すことによって、安全ロックを解除し噴射することができます。一部の小型の防犯スプレーに用いられており、親指1本で簡単に解除・噴射をすることができます。スライドした後に指を離すとボタンは元の位置に戻り自動でロックがかかります。

コップトップ

コップトップは、誤噴射を防ぐために、ボタンよりもボタン周囲の方が高くなっています。安全ロックはなく、周りよりも低い位置にあるボタンを押すことで噴射することができます。ボタンよりも高い周囲のプラスチックが外部からの衝撃による誤噴射を防ぎます。

安全レバー

安全レバータイプは、噴射するためのボタンとは別に、安全ロックスイッチが付いている防犯スプレーのことです。安全ロックスイッチをオンにすると、ロック解除をすることができます。普段持ち歩く際は、オフにしておくことでロックがかかります。

ファイヤーマスター

ファイヤーマスタータイプは、大型の防犯スプレーに採用されていることが多く、消化器のようなロック解除方法になります。ロックのために付いているパーツを外すことで噴射することができるようになりますので、誤噴射を防ぐことができます。かなり大型の防犯スプレーはほとんどファイヤーマスタータイプになっています。

キャップリリース

キャップリリースタイプは、ボールペン型などのような超小型防犯スプレーに採用されていることが多いです。安全ロックを外すというよりは、キャップを取ることでいつでもスプレーできるようになります。キャップを取らない限りは噴射することができないため誤噴射を防ぐことができます。

おすすめの防犯スプレー

ここでは、数ある防犯スプレーの中から、おすすめの防犯スプレーを紹介いたします。

ホワイトウルフ トルネード20

ホワイトウルフトルネード20は、高さ98mm×缶の太さ22mmという手のひらサイズでありながら、濃度の高いスプレーとなっており、片手でロック解除と噴射をすることができます。安全ロックはスプレートップをひねるだけで簡単に解除することができ、誤噴射も防ぎます。液状発射で最大飛距離は2〜3Mです。値段もリーズナブルなため、いくつも揃えることができます。

BODY GUARD 強力(エリミネーター)催涙スプレー

BODY GUARD 強力(エリミネーター)催涙スプレーは、サイズは縦100×22mmで重量は30gの手のひらサイズでコンパクトです。誤噴射を防ぐ装置も付いています。赤いプラスチック部分をスライドさせるだけで簡単に操作することができ、片手で扱えます。液状タイプで最大飛距離は約2.5Mです。スプレー濃度も高いため、効果も絶大です。

催涙スプレーTG2510

催涙スプレーTG2510は、唐辛子成分のスプレーですので小型でも威力があります。スプレートップ部分をスライドするだけでロックを解除することができ、簡単に噴射することができます。サイズは2.5cm×10.5cmで、最大飛距離は約2Mになります。

Mace 防犯スプレーマーカーストッパレッド3070

Mace 防犯スプレーマーカーストッパレッド3070は、強力の威力を発揮する防犯スプレーです。動物の攻撃を阻止するために設計された非毒性・非刺激ゲルを使用し、犯人が分かるように紫外線で発色するUV塗料も含まれています。誤噴射を防ぐフリップトップタイプになっており、操作性も高いです。サイズ高さ11cm×幅3.8cm、最大飛距離約3.5Mです。

FK 防犯用マスタード&カラースプレー

FK 防犯用マスタード&カラースプレーは、マスタードオイルが含まれているため、咳込みと催涙効果を発揮します。犯人を識別できるようにピンクのカラーが付着するようにもなっているので、犯人発見にも役立ちます。サイズは45×45×170mmで135mlの大容量となっています。最大噴射飛距離は約2Mで、ワンタッチでストッパーを外すことができますので、片手で操作することもできます。

SABRE セイバープラクティス液状スプレー

SABRE セイバープラクティス液状スプレーは、世界各国の軍や警察が使用しているブランドでもあるSABREの催涙スプレーです。手のひらサイズのコンパクトサイズでありながら、濃度が高く威力を発揮します。片手で操作ができ、世界基準のブランドですので安心して使用することができます。SABRE セイバープラクティス液状スプレーは、値段もそこまで高くありませんのでおすすめです。

まとめ

今回、防犯スプレーのおすすめ商品といざという時に使える正しい使い方について紹介いたしました。いざという時に防犯スプレーを使用するには、安全ロックを外して空き巣犯や不審者めがけて噴射させます。防犯スプレーの構造により、安全ロックの外し方も異なりますので、自分が使いやすいタイプを選ぶようにすると良いでしょう。

練習用スプレーを販売している場合もありますので、できる限り1度試してみた方が良いでしょう。とっさの際に初めてだと噴射のタイミングを逃してしまう可能性もあります。また、いつ何時使うか分かりませんので、携帯用、自宅用などいくつか揃えておくと安心できます。ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です