防犯ガラスの防犯効果と正しい防犯ガラスの選び方

LINEで送る
Pocket

54881e9b82cbc2eb7281b2ee740c6445_s

今回は、防犯ガラスの防犯効果と正しい防犯ガラスの選び方について紹介いたします。窓ガラスに貼る保護フィルムとは違い、防犯ガラスにはどのような防犯効果が見込めるのでしょうか?また、自宅の窓ガラスを防犯対策として防犯ガラスに変える場合は、どのような選び方をすれば良いのでしょうか?

ここでは、防犯ガラスにすることが、なぜ防犯対策となるのかについてや、選び方について、特徴なども交えながら解説いたします。これから、防犯ガラスへの交換を検討している方は、ぜひ、参考にしてみてください!

スポンサーリンク

防犯ガラスの防犯効果

空き巣犯の侵入は約7割が窓ガラスからの侵入です。ドライバーなどを使って窓ガラスを静かに割る「こじ破り」や、バールなどの堅いものを使って窓ガラスを割る「打ち破り」、ガスバーナーなどを使い熱でガラスを割る「焼き破り」などの手口で、窓ガラスを割り住宅へ侵入をします。空き巣犯は、侵入に5分以上の時間がかかると約7割が犯行を諦めるというデータもあります。

つまり、窓ガラスから侵入しようとしても、5分以上の時間をかけさせることができれば、犯行を諦める可能性が高いですので大きな防犯対策となります。窓に貼って耐久力を高める保護フィルムとは違い、防犯ガラスは窓ガラス自体が複層構造になっており、ガラス同士の間に0.76mm以上の中間膜(ポリビニルブラチールなど)が挟まっています。

防犯ガラスは、ガラス自体が貫通穴が非常に開けにくい強度なものとなっているため、こじ破りや打ち破りをしても窓を割るまでに相当な時間がかかりますので、空き巣犯に犯行を諦めさせることができます。協会などにより定められた耐久性のあるガラスには「CPマーク」などが付けられてもいますので、端から見ても防犯ガラスということが分かるため、空き巣犯は窓ガラスを割ろうともせずに、犯行を諦める可能性も高いです。窓ガラスを防犯ガラスに変えるだけで、高い防犯効果が見込めます。

正しい防犯ガラスの選び方

防犯ガラスにもさまざまなレベルや協会、グレード、構造などがあります。ここでは、防犯ガラスの選び方について紹介しています。

板硝子協会の基準で選ぶ

絶対的な基準ではありませんが、防犯ガラスを選ぶうえで、板硝子協会の定めた基準で選ぶ方法があります。板硝子協会とは、旭硝子株式会社、日本板硝子株式会社、セントラル硝子株式会社の、大手ガラスメーカーによって構成されている協会です。板硝子協会は、窓からの侵入の際に多い、打ち破りやこじ破りに対しての防犯ランクを定めた板硝子協会基準をいうものを制定しています。

重量4kg程度の剛球を1.5M〜9Mの高さから窓ガラスに落としランク付けした打ち破り試験ランクや、マイナスドライバーを使ったこじ破り試験ランクというものがあります。打ち破り試験ランクは、P1A〜P5Aまであり、数字が上がるほど窓ガラスが頑丈にできています。

こじ破り試験ランクは、P1K〜P3Kまであり、同様に数字が上がるほどこじ破りに強いということを表しています。板硝子協会では、P2AとP2K以上の耐久性を満たしたガラスのことを防犯ガラスと呼んでいます。板硝子協会のシールなどが貼ってありますので、板硝子協会の定めた防犯ランクで選ぶこともできます。

CPマークのあるものを選ぶ

警察庁や経済産業省、板硝子協会、日本サッシ協会、日本ウィンドウ・フィルム工業会、日本ロック工業会などが参加する横断的な組織でおこなう「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」において、さまざまな厳しい試験をおこない、防犯効果の高い製品と認めた物のみ合格をし「防犯性能の高い建物部品目録」として認定と公表をしています。

試験に合格した製品には、統一共通商標マークである「CPマーク」が貼付されています。CPマークが貼付された製品は、空き巣犯の手口に対して5分以上の時間耐えることができることを表していますので、高い防犯効果が見込めます。CPマークが貼付してある製品は、防犯性能が高いという表れでもありますので、CPマークのある防犯ガラスを選ぶようにしましょう。

防犯ガラスのグレードで選ぶ

防犯ガラスの中間膜の素材と厚みでガラスのグレードが変わってきます。中間膜の素材は、基本的にはポリビニルブラチール樹脂が使われていますが、ポリカーボーネート樹脂という更に丈夫な素材も存在します。防犯ガラスのグレードでは1〜3がポリビニルブラチール樹脂が使われており、グレード4にはポリカーボネート樹脂が使われています。

中間膜の厚みでは、グレード1が0.76mm、グレード2が1.52mm、グレード3が2.23mm、グレード4がポリカ1.2mmとなっています。グレードが高くなるほど予算が上がりますので、予算と防犯レベルのバランスを取ったうえで、選ぶようにしましょう。

予算で選ぶ

防犯ガラスは一般的な透明ガラスよりも耐久性が高い分、値段も上がります。業者にもよりますが、「透明ガラス3mm、中間膜30ミル、透明ガラス3mm」を1枚交換してもらうだけで30,000〜45,000円程度かかります。中間膜が厚くなれば更に金額は高くなります。

自宅の窓を1枚だけ防犯ガラスにしても、効果はそこまで高くありません。しかし、すべての窓を防犯ガラスに交換しようとすると、相当な金額がかかってしまいます。防犯対策効果はかなり高くなりますが、その分、お金もかかってしまいますので、予算を考えたうえで製品を選んでいく必要があります。

お見舞金制度で選ぶ

防犯ガラスによっては、お見舞金制度というものがあります。メーカーによって内容は異なりますが、実際に空き巣犯にガラスを破られて、侵入され被害を被った場合は、お見舞金が支給される制度のことです。万が一の際に、わずかでも被害金額を補填することができ助かります。

お見舞金制度がある分、購入金額が他製品よりも若干高い場合もあります。少し高いですがお見舞金制度有りのタイプを購入するか、少し安いお見舞金制度無しのタイプを購入するかで防犯ガラスを選ぶことも大切です。

断熱タイプかそうでないかで選ぶ

非常に頑丈な防犯ガラスですが、複層ガラスタイプもあります。高遮熱断熱ペヤグラスを使っているため、優れた断熱効果と遮熱性を発揮します。そのため、防犯効果だけでなく、夏は強い日差しをカットし、冬は熱が逃げるのを防ぐことができるため、より快適に生活を送ることができるようになります。

通常の防犯ガラスよりは予算が高くなりますが、冷暖房効果を高め、快適な室内環境を実現してくれます。予算に余裕がある場合は、高遮熱断熱ペヤグラスのタイプを選ぶと生活環境もより充実することでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、防犯ガラスの防犯効果と正しい防犯ガラスの選び方について紹介いたしました。防犯ガラスに交換するだけで、空き巣犯の侵入にかける時間を5分以上にすることができ、犯行を諦めさせることができます。

すべての窓を変えるとなると予算はかかりますが、その分、高い防犯効果を見込むことができます。少しでも侵入率の高い窓を頑丈にし、空き巣犯からの被害を最小限に抑えるようにしましょう。防犯ガラスだけで考えると普通の窓ガラスよりは何倍も高いですが、防犯ガラスのおかげで侵入を防げたのであれば、安い買い物です。しっかりと、防犯対策を講じておきましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です