ワイヤレスの防犯カメラのメリットとおすすめ商品

LINEで送る
Pocket

615f41e0921f6d3ae67492dab653faf3_s

今回は、ワイヤレスの防犯カメラのメリットとおすすめ商品について紹介いたします。ケーブルのないワイヤレスの防犯カメラにはどんなメリットがあるのでしょうか?

ここでは、防犯カメラを設置する際に、ワイヤレスタイプにするメリットについてと、おすすめのワイヤレス防犯カメラについて解説しています。これから、防犯カメラの設置を検討している場合は、ぜひ参考にご覧ください!

スポンサーリンク

ワイヤレス防犯カメラのメリット

通常の防犯カメラとは違い、ケーブルのないワイヤレスの防犯カメラを取り付けることはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、ワイヤレス防犯カメラのメリットを紹介します。

カメラの設置がしやすい

通常、防犯カメラを設置する場合は、カメラと受信機をケーブルで接続したうえで設置をします。受信機は室内にあるため、防犯カメラを設置する場所によっては、ケーブルを通すための穴を壁や天井などに開けなければいけません。そのため、天井や壁に穴を開けられるところにしか設置することができなくなってしまいますので、カメラを設置する場所が限定されてしまいます。

ワイヤレスの防犯カメラであれば、受信機と接続するケーブルが必要ありませんので、天井や壁の工事も不要で穴を開けることなく設置することができます。工事も必要なく短い時間で簡単に設置することができるのは、ワイヤレス防犯カメラにする大きなメリットです。

設置費用が安い

設置する費用を安く抑えることができるのもワイヤレス防犯カメラのメリットです。上記の通り、通常の防犯カメラを設置する際は、カメラと受信機をケーブルで接続したうえで設置しなければいけません。ケーブルを通すために壁や天井に穴を開けなければならず、その分工事費用がかかります。

ワイヤレスの防犯カメラであれば、ケーブルが必要ありませんので、穴を作る工事などが必要ありません。ワイヤレスの防犯カメラにすることで、通常のケーブルのある防犯カメラに比べ、設置費用を安く抑えることができます。

簡単に増設できる

ワイヤレスの防犯カメラであれば、簡単に増設することができます。通常の防犯カメラの場合は増設したいときに、その都度、設置工事と配線工事をする必要があります。しかし、ワイヤレスの防犯カメラであれば、配線工事をする必要がないため、簡単に短時間・低コストで増設することができます。将来的に、防犯カメラを増設する可能性がある場合は、ワイヤレスタイプの方がおすすめです。

ケーブルの断線などの心配がない

ワイヤレスの防犯カメラは、ケーブルがないため、ケーブルを切断されたりしてカメラの映像が映せなくるということがありません。また、劣化による断線などもないので安心です。ケーブルのないワイヤレス防犯カメラであれば、空き巣犯が侵入する前にカメラのケーブルを切ることも防げますし、いたずらなどで切断されることも防ぐことができます。

おすすめのワイヤレス防犯カメラ

ここでは、性能も良く使い勝手も良いおすすめのワイヤレス防犯カメラを紹介します。

ELPA ワイヤレスカメラ&モニター

ELPAのワイヤレスカメラ&モニターは、録画した映像を受信機からスマートフォンやタブレットに飛ばすことができるので、外出先からでも撮影した映像を確認することができます。映像をSDカードやHDD録画することもできるので、簡単に録画データを持ち運びすることもできます。

防水機能も付いているため、雨ざらしの場所でも設置することができ、動体検知機能によって、動いている物体を自動で見つけ録画してくれます。セットになっている室内モニターは、バッテリーが内蔵されているため、充電して自由に持ち運ぶことができますので、どこからでも映像を確認することができます。ELPAのワイヤレスカメラ&モニターは、設置も簡単で、高性能な使いやすいワイヤレス防犯カメラです。

塚本無線 無線カメラ

塚本無線の無線カメラは、スマートフォンからも遠隔操作ができる、高画質なワイヤレス防犯カメラです。配線工事が不要なので、女性の方でも簡単に設置することができ、モニターでは、カメラ4台の映像まで同時に監視することができます。

スマートフォンでは専用アプリを使って操作ができるので、とてもシンプルで簡単に遠隔操作することができます。大容量のSDカードにも対応していますので、録画データを保管していくことができますし、手軽の持ち運ぶことも可能なので助かります。塚本無線の無線カメラは、シンプルな操作設計ながら、高画質の映像を残すことができるワイヤレス防犯カメラです。

ARUCOM RD-4441ハイビジョン無線カメラ&モニターセット

ARUCOMのRD-4441ハイビジョン無線カメラ&モニターセットは、電波到達距離200Mで防水機能も備わっているワイヤレス防犯カメラです。92万画素で映像を録ることができますので、犯人や不審者の姿も鮮明に映しだすことができます。

モニターも見やすい7インチの大きさの画面ですので、分かりやすく操作もしやすいです。録画データはmicroSDカードに保存することができ、持ち運びも簡単です。周囲が暗くなると搭載されているセンサーが明るさを判断し、自動で夜間撮影モードに切り替わります。

夜間撮影モードの際は最大約7Mの赤外線撮影が可能となっています。ARUCOMのRD-4441ハイビジョン無線カメラ&モニターセットは、省エネ設計がされており、電気代も節約できる高性能ワイヤレス防犯カメラです。

SANWA 400-CAM035-4防犯カメラ

SANWAの400-CAM035-4防犯カメラは、電波到達距離が最大約50Mあり、設置も簡単にすることができるワイヤレス防犯カメラです。動体検知機能と赤外線感知センサーが搭載されていますので、動いている物体を発見したら、自動で撮影し録画します。また、夜など周りが暗くなると自動で赤外線暗視モードに切り替わり、夜間撮影が可能になります。

動画品質も2種類から自分で選べるようになっていて、モニターでは、4台のカメラの撮影映像を同時に監視することができます。複数台のカメラを設置している場合は、カメラ1台毎に、赤外線人感センサーや、動体検知機能を設定することができますので、駐車場や玄関前など、場所に応じて最適な撮影設定を施すことができ安心です。

録画データは、USBメモリやHDD、SDカードで保存し持ち運ぶことができ、テレビのようにリモコンで簡単に操作することができます。時間や曜日、日付などで予め予約して録画することができるので、不審者などが出没しやすい時間帯を狙って映像を記録しておくことができます。SANWAの400-CAM035-4防犯カメラは、映像だけでなく音声も録音することができますので、しっかりと犯人の特徴を押さえることができるワイヤレス防犯カメラです。

まとめ

今回、ワイヤレスの防犯カメラのメリットとおすすめ商品について紹介いたしました。ワイヤレス防犯カメラは、低コストで簡単に設置できるだけでなく、壁や天井に穴を開けなくて済みますので、新築の家などの場合は特におすすめです。

おすすめのワイヤレス防犯カメラをいくつか紹介していますが、他にもたくさんのカメラがありますので、ワイヤレス防犯カメラの設置を検討している方は、ぜひ、いくつものカメラを見て、防犯レベルと予算のバランスが取れるものを探してみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です