自分で防犯カメラを設置する場合の方法と注意点

LINEで送る
Pocket

8c9930054aa55fcf79e975d58713f8e4_s

今回は、自分で防犯カメラを設置する場合の方法と注意点について紹介いたします。防犯カメラを設置する場合は、業者に頼む方法と自分で設置する方法とがあります。業者に頼む場合は、専門的な知識から効果の高い場所へ設置してくれたり、故障せず長く使っていけるように取り付けてくれたりしますが、その分予算がかかります。

自分で設置する場合は、予算を安く済ませることができますし、設置の仕組みなども把握することができます。ここでは、自分で設置する場合の方法や注意点について解説しています。ぜひ、ご覧ください!

スポンサーリンク

自分で防犯カメラを設置する場合の方法と注意点

設置する場所の材質や構造の強度を確認して設置する

防犯カメラを設置する場合は、設置場所の強度を確認したうえで取り付けるようにしましょう。壁面へ防犯カメラを取り付ける場合は、壁の種類や構造によって、最適なネジやアンカーを使用する必要がありますし、ポールへ取り付ける場合は、ネジ止めせずにステンレスバンドやポールバンドを使って固定します。

設置する場所によっても異なりますが、強度の低い場所への設置であれば、すぐに外れてしまう可能性があるので、強度の高さを調べたうえで設置しましょう。電池式でないものに関しては、電源コンセントの届く範囲に取り付けるか、コンセントを増設して対応できるようにしましょう。

配線はPF管やモールダクトなどに入れて保護する

ワイヤレスでない防犯カメラの場合は、ケーブルがありますので、カメラを設置したあとにケーブルをチューブなどで保護するようにしましょう。カメラが故障しなくても、ケーブルが劣化で傷んだり、断線したりすることで、キレイに映像を録ることができなくなったり、映像自体が映らなくなったりします。

穴を開けたり、通気口を通したりして、極力ケーブルが外から触れられないようにし、外に出ている部分は市販されているPF管やモールダクトを使用してカバーをするようします。もし、PF管やモールダクトに入れない場合は、風などでケーブルが動かないように、ステップルや片サドル、結束バンドを使って固定するようにしてください。

不審者が入りやすい箇所に設置する

カメラを取り付ける場合は、付けたい場所に設置するのではなく、客観的に見て不審者が入りやすい箇所に取り付けるようにしましょう。一般的には、玄関はもっともセキュリティが高いので、窓やベランダ付近からの侵入が多いです。複数台のカメラを取り付ける場合は良いですが、取り付ける台数が1台の場合は、1番効果のある場所に設置するようにしましょう。プライバシー侵害のないように注意してください。

メンテナンスのしやすい場所に設置する

カメラはメンテナンスをしていかなければいけません。イタズラなどの被害にあうのを防ぐために、異常に高い位置に防犯カメラを設置したりすることがありますが、防犯カメラは定期的にメンテナンスをおこなっていかなければ、故障しやすくなってしまいます。

変に高いところや手の届きにくい場所に設置してしまうと、メンテナンスができなくなり、長く使っていくことができなくなってしまう恐れがあります。防犯カメラを設置する際は、メンテナンスのしやすいところに設置するようにしましょう。

軒下用の防犯カメラは雨にあたらないところに設置する

外に取り付けるカメラには、軒下用のものと屋外用のものとあり、軒下用のものは、防水性能であっても高いレベルではなかったりしますので、雨のあたらない場所に設置しないと故障の原因になってしまいます。防犯カメラを設置する場合は、極力、雨風を防げる場所に設置するようしてください。購入する際に、軒下用なのか屋外用なのか、防水レベルはどうなのかを確認するようにしましょう。

カメラの撮影区域には十分に気を付ける

防犯カメラを設置する場合、好きな場所に設置して良いという訳ではありません。防犯カメラを設置する場合は、カメラの撮影区域に十分に注意するようにしましょう。他の家の中の様子が映ってしまったりすると個人情報保護法に抵触してしてしまいます。また、近所の人とのトラブルの原因になってしまいます。

カメラが他の人の家の中を映したり、映っているような疑いを持たれる位置、角度で撮影をしていると最悪の場合、訴えられたりしてしまいますので、撮影区域には十分に注意する必要があります。また、「防犯カメラがあります」ということをステッカーなどで周知させる必要もありますので、その点も注意が必要です。

複数台設置する場合は敷地を囲むように撮影する

防犯カメラを1台だけでなく、複数台取り付ける場合は、できる限り敷地を囲むようにして設置するようにしましょう。玄関やバルコニーなど、侵入されやすそうな場所に1箇所設置しても良いのですが、複数台設置することで、カメラの死角をなくすことができます。

死角をなくすためにも、家の敷地内を囲むようにして、防犯カメラを設置し、どこから敷地内に侵入されても映像に映るようにしておきましょう。経験を積んだ犯人は、カメラがないところを探し、侵入をしてくる場合もありますので、複数台を死角のないように設置することで、犯行を諦めさせることができる場合があります。

屋外には防水仕様の防犯カメラを設置する

基本的なことになってしまいますが、屋外に防犯カメラを取り付ける場合は、防水仕様のカメラを取り付けるようにしましょう。防水仕様でなかったら、雨に濡れて故障してしまいます。また、軒下用のカメラも防水仕様でない場合がありますので、完全防水仕様のカメラを選んだ方が長く使っていくことができます。

IP保護等級という防水性能を表した表示もありますので、等級のなるべく高いものを選ぶと、水による故障の心配もありませんし、雨の日でもしっかりと映像を録ることができます。

家の外の明るさに合った防犯カメラを設置する

多くの防犯カメラにはデイナイト機能や赤外線撮影機能などの夜間撮影モードが備わっています。しかし、夜も自宅周りが明るいような場合は、夜間撮影機能でなくても、十分に映像を録ることができます。自宅の周りが明るい場合は、夜間撮影機能がない分、価格の安いものを選んでも良いでしょう。

周りに明かりがなく、暗い場合は、デイナイト機能や赤外線機能の付いたカメラを設置するようにしましょう。夜間でもカメラの存在をアピールし、不審者を威嚇したい場合は、赤外線LEDが点灯するものを選び、夜間カメラの存在を隠したうえで撮影したい場合は、デイナイト機能のカメラを設置するようにしましょう。

特に自分で防犯カメラを取り付ける場合は、性能などをそこまで考えずに設置しがちです。自宅周りの明るさによっては、必要のない機能もあったりしますので、環境にあったカメラを選び設置することが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、自分で防犯カメラを設置する場合の方法と注意点について紹介いたしました。業者による設置とは違いますので、自分で防犯カメラを設置する際は、他人の家の中などが映らないようにしたり、メンテナンスしやすい位置に設置したり、不審者が侵入しやすそうなところへ取り付けたりなど、さまざまな注意が必要です。

自分で防犯カメラを設置する場合は、最大限の防犯効果を発揮することができるように慎重に設置するようにしましょう。ぜひ、参考にしてみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です