Bluetoothの基礎知識とiPhoneと繋がらない時の原因について

LINEで送る
Pocket

yuka0i9a1561_4_tp_v-2

日本のスマートフォンユーザーで最も所有率が高いと言われている、iPhoneですが、このiPhoneにイヤホンジャックがなくなるという衝撃から、早くも1年の時が過ぎました。

これを機会に、今までiPhoneをiPod代わりに利用していた方や動画視聴に活用していた方は、Bluetoothのイヤホンを新たに購入した方も多いのではないでしょうか。

先日発表された新型のiPhoneにも、当然のようにイヤホンジャックはありません。そのため、必然的にiPhoneでメディア音源を聞くためには、Bluetoothイヤホンが必須となりました。

中には、Lightning端子に挿入するコネクタを間に入れて、従来のイヤホンを活用している方もおりますが、これからはBluetoothでの接続がスタンダードになってくると想定されます。

そこで、ここではBluetoothについての基礎知識や、イヤホン等のアイテムがiPhoneと上手くつながらない時の原因や対処法について、ご案内していきます。

スポンサーリンク

Bluetoothとは?

goripaku7943_tp_v-1
それではまず、そもそもBluetoothとは一体どういったものなのか、何なのか、というところから、解説していきます。今や様々なデバイスで当たり前のように使われているBluetoothという接続方法ですが、一体どういったものなのか、見ていきましょう。

簡単で速く、便利なBluetooth

Bluetoothとは、ある親機となるデバイスと、子機ととなるデバイスを比較的近距離で無線接続、無線通信を行う技術のことを言います。Bluetoothでの無線通信は、以前までに合った赤外線通信よりも遥かに制度が高くなり、そして通信距離も伸びています。

そのため、多くのデバイスにBluetoothが搭載されるようになりました。イヤホンを始め、スピーカーやキーボード、マウスに至るまで、パソコンやスマートフォン関係、オーディオ関係のものには、Bluetoothの搭載がスタンダードとなっています。

接続方法も簡単で、機器を近づけ「ペアリング」という方法で接続をします。そして一度接続をした後は、親機となる例えばスマートフォンに子機となるイヤホン等のデバイスが記録されるため、次回から自動接続を行ってくれます。ペアリングの設定も、例えばスマートフォンから接続できるデバイスを探し、イヤホンでは電源ボタンの長押し等をして、探される設定を行い、スマートフォンに表示されたデバイスを選択するだけで設定が完了するので、とても簡単でスピーディーに行うことが出来ます。

使用できる機器

次は、Bluetoothを使用できるデバイスには一体どのようなアイテムがあるのか、またその特色はどういったものなのかについて、解説していきます。それぞれに違った特色があります。是非Bluetooth導入の参考にして下さい。

イヤホン

まず初めに挙げるのは、上記でも何度か触れたイヤホンです。冒頭でも触れましたが、iPhoneのイヤホンジャック廃止は、当時私たちに衝撃を与えました。ですが、今ではとても音質の良いBluetoothイヤホンやBluetoothヘッドホンがあります。

iPhoneでBluetoothを活用する上で、一番に使うと想定されるアイテムでので、まずはイヤホンの特色から、ご紹介致します。

無線で使える、イヤホンやヘッドホン

イヤホンジャックの廃止は、当初とても不便だとマイナス意見が殺到しておりました。ですがよく考えると、イヤホンやヘッドホン着用する時、有線であるがゆえの煩わしさを感じていたはずです。

Bluetoothでの通信しか行えなくなったことで、イヤホンやヘッドホンの有線の絡みや着用時の煩わしさから、解放されたのです。イヤホンは、どういったことかよく絡まります。そして、ドアノブ等に引っかかり断線をしてしまうことがあります。これは仕方のないことだと受け入れ、どこか当たり前の様になっていましたが、Bluetoothイヤホンの登場で、その当たり前はあっという間に覆されました。

BluetoothイヤホンやBluetoothヘッドホンの登場は、言うなれば一つの革命です。

Bluetoothヘッドホンアンプも

ヘッドホンやイヤホンで音楽を聴く時、より良い音質で音楽を聴きたいと思う方は、多く存在します。そういった方のために開発されたアイテム、ヘッドホンアンプというアイテムです。ヘッドホンアンプの役割は、ヘッドホンが持つ性能を最大限に引き出すことで、音質をさらに向上させるアイテムです。

ヘッドホンアンプはモバイル型の物も多く、Bluetoothの登場により、Bluetooth搭載のヘッドホンアンプが誕生しました。これにより、有線の高価なイヤホンやヘッドホンを持っている方でも、BluetoothヘッドホンアンプとiPhoneを接続させることにより、従来のお気に入りのイヤホンを使う事が出来ます。そして、さらに音質を向上させることも出来ます。

スピーカー

続いて紹介するのは、Bluetoothスピーカーです。こちらも音楽関連のデバイスですが、Bluetoothの登場により、より身近に使えるものとなりました。ではBluetoothスピーカーには、どういった特色があるのかについて、見ていきましょう。

コンパクトで持ち運びが便利

Bluetoothスピーカーの多くは、コンパクトで持ち運びやすいという特色があります。ポケットサイズとまではいきませんが、バッグの中で邪魔にならない程度の大きさのものがほとんどです。

価格はおおよそ1万円〜3万円で購入することができ、コンパクトにも関わらず重厚で厚みと深みのある音を鳴らしてくれるスピーカーも存在します。

防水のアイテムも

Bluetoothスピーカーの中には、防水のアイテムも存在します。今ではiPhoneも防水となりましたが、以前の防水ではないタイプのiPhoneを使っている場合、例えばお風呂に入る時、iPhoneはお風呂の室外に置いておき、お風呂の中ではBluetoothスピーカーで音楽を楽しむということも出来ます。

その他にも、川辺でのバーベキューやキャンプ時、プールサイドでも音楽をシェアして楽しむことが出来るため、音楽の楽しみ方の幅が広がります。

キーボード

Bluetooth搭載のキーボードは、いまや有線のキーボードよりも品揃えが多いかもしれません。家電量販店のキーボード売り場に行くと、Bluetoothキーボードが売り場の多くを占めています。そんな、Bluetoothキーボードの特色について、見ていきましょう。

デスクトップPCでもスタンダード

iPhoneを提供しているAppleが開発している、iMacシリーズでも、Bluetoothキーボードがスタンダードになっています。iMacを購入すると、同梱品としてBluetoothマウスとBluetoothキーボードがあります。

iPhoneだけに留まらず、iMacでもBluetoothキーボードは確実に浸透しているのです。

折りたたみ式で、気軽に持ち運び

Bluetoothキーボードの中には、2つ折りにできる折りたたみ式のBluetoothキーボードがあります。そして今や、iPhoneでもPDFの編集やオフィスソフトの編集を行うことが出来るため、折りたたみ式のBluetoothキーボードとiPhoneの2つを持ち歩くだけで、どこでも仕事が出来てしまうのです。

こういった折りたたみが出来るBluetoothキーボードは、ポケットに入るようなサイズのものが多いため、より気軽でラフに仕事を進めることが可能になりました。

ペアリング方法

ではいよいよ、Bluetoothを搭載したデバイスとiPhoneを接続する方法について、解説していきます。

コントロールセンターから

まずは簡単な、コントロールセンターからの接続方法についてです。コントロールセンターは、アプリを起動している時でもロック画面を表示している時でも操作できるため、よりスピーディーな操作を可能にします。

Bluetoothのオン・オフ切り替え

コントロールセンターを開くと、まずBluetoothのオン・オフ切り替えが出来ます。コントロールセンターは、下から上にスワイプすることで開くことができ、コントロールセンター上部にWi-Fiのオン・オフ切り替えや、おやすみモードのオン・オフ切り替え、Bluetoothのオン・オフ切り替えを行うことが出来ます。Bluetoothのオン・オフ切り替えは上部中央にあるため、これタップして青色に変われば、Bluetoothがオンになっている状態です。

接続先の選択

boseimgl3105_tp_v-1

さらに、右にスライドすることで、ミュージックアプリを操作できるコントロールセンターが表示されます。ここで、あらかじめペアリング設定してあるイヤホンやスピーカーの電源を入れ、コントロールセンター下部にある、接続先設定の項目を選択することで、どこから音源を再生するのかを選ぶことが出来ます。

設定から

続いて、設定からペアリングを行う方法について、解説していきます。iPhoneをでペアリングを行う上で、最も一般的な方法です。

「Bluetooth」をタップ

まず設定を開くと、Wi-Fiの下に「Bluetooth」が表示されているので、これを選択します。選択するとBluetooth設定画面に移るので、画面上部のBluetoothオン・オフ切り替えのスイッチをタップし、緑にします。

すると、iPhoneはペアリング出来るデバイスを探し始めます。

接続したいデバイスをペアリング状態にする

iPhone側の設定が終わったら、次に接続したいデバイスの電源を入れ、例えば電源ボタンの長押し等をして、ペアリングが出来る状態にします。これは、機器によって異なります。

すると、iPhone側にデバイスの名前が表示されるので、それを選択すると、ペアリング設定が完了です。

ペアリング出来ない時の原因・対処法

最後に、上手くペアリング出来ない時の原因と、その対処法について、解説していきます。想定しているよりも、簡単なことが原因で対処することが出来るのが、Bluetoothの特徴です。

アクセサリーの電源を確認

まず初めに考えられる原因は、Bluetoothアクセサリーの電源が入っていないということです。Bluetoothアクセサリーの電源が入っていなければ、当然、iPhoneと接続されることはありません。

本当に電源は入ってる?

Bluetoothイヤホン等は、その気軽さゆえに、つい電源をいれ忘れてしまいがちです。さらに、これまではイヤホンジャックにイヤホンを差し込むだけで音楽を聴くことが出来たので、イヤホンの電源を入れるという習慣がありません。そのため、電源を入れ忘れているということは、意外とありがちです。接続されない場合は、まず電源の確認をしましょう。

油断しがちな充電切れ

また、油断しがちなのが、Bluetoothアクセサリーの充電切れです。これも、今まではイヤホンやヘッドホンの充電をするという習慣がないため、つい忘れてしまいがちです。そのため、電源を入れたつもりでも、Bluetoothアクセサリーの充電が切れてしまっているために、電源が入っていないということがよくあります。Bluetoothアクセサリーを導入する時には、こういった点に気を付けましょう。

お互いの距離は離れすぎていないか

Bluetoothは、上記でも軽く触れた通り、赤外線通信よりも断然通信距離が伸びました。ですが、あまりにも離れすぎてしまうと、やはり通信が遮断されてしまいます。

BluetoothのClassに注目しよう

Bluetoothの通信距離の基準として、BluetoothのClassに注目してみましょう。BluetoothのClassには1から3まであり、Class1では約100m程度、Class2では約10m程度、Class3では約1m程度の通信距離となっています。

iPhoneのClassは公式では明確に表記されておりませんが、10m以内で接続できると言っていることから、Class2であると想定されます。そのため、iPhoneとBluetoothアクセサリーを接続する時には、10m以上離れないように気を付けましょう。

なるべく近くで活用しよう

10mというと、意外と距離があるように感じます。ですがこれは、飽くまで接続ができる範囲であり、Bluetoothアクセサリーによっては接続が遮断されてしまうことがあります。ですので、無線ではありますが、なるべく近くで利用するようにしましょう。そうすることで、接続が切れるというストレスから解放されます。

異なるアクセサリーとペアリングされていないか

最後に、iPhoneが接続したいデバイスとは違うデバイスに接続されている可能性があるという原因です。これもよくある原因の一つですので、対処法を含めて見ていきましょう。

ペアリング設定を確認しよう

まずは、iPhone側の設定を開き、Bluetooth接続の設定を確認しましょう。すると、今iPhoneがどのBluetoothアクセサリーと接続されているのかが、ひと目でわかります。ここで違ったものに接続されていた場合は、接続したいBluetoothアクセサリーを選択し、正しく接続を行いましょう。

必要であれば、ペアリング設定をやり直そう

このような方法をとっても、上手く接続されないことが稀にあります。そういったときは、一度ペアリング設定を解除して、もう一度Bluetoothアクセサリーとのペアリングをやり直しましょう。iPhoneの画面上はBluetoothアクセサリーの名前が表示されていても、実際には認識されていないということが、OSのアップデート等をしたとき、稀に起こります。

まとめ

yuka0i9a1561_4_tp_v-2
このように、今やiPhoneとBluetoothは密接な関係になりました。これからも次々と増えてくるであろうBluetoothアクセサリーに注目し、もし上手に接続されない時には、ご紹介したよくある原因と対処法を参考にして頂けると、きっと問題は解決できるはずです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です