Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / Bluetooth / Bluetoothヘッドホンの選び方は?価格別ヘッドホン厳選11選

Bluetoothヘッドホンの選び方は?価格別ヘッドホン厳選11選

Pocket

882a5ec399270234a5aefac1645de444_s

外出先や運動中に音楽を聞くときは、どんなヘッドホンを利用していますか?

Bluetoothヘッドホンであれば、ワイヤレスでありながら高品質な音楽を楽しむことができます。長時間再生できる製品も増えていますので、旅行や出張の際も安心して利用できます。

ここでは 価格別のおすすめヘッドホンを11個 紹介いたします。音楽を最高の環境で楽しみたい方はぜひ参考にご覧ください!

スポンサーリンク

1.Bluetoothヘッドホンって何?


そもそも「Bluetoothヘッドホンとは何なのか?」まずは基本的な内容やBluetoothヘッドホンのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

1.Bluetoothヘッドホンとは

Bluetoothヘッドホンとは、Bluetooth規格によるワイヤレスのヘッドホンのことです。従来のヘッドホンのようにケーブルがないため、荷物や手などに絡まることもなく、スマホや音楽プレイヤーから離れていても快適に音楽が聞けます。

2.Bluetoothヘッドホンを選ぶメリット

Bluetoothヘッドホンを選ぶメリットは 「手軽さと快適さ」 です。ケーブルがないので「ケーブルが絡んで解くのが面倒」「常にスマホや音楽プレイヤーの近くにないと聞けない」というストレスや煩雑さがありません。ランニングなど運動中でも快適に利用することができます。

3.Bluetoothヘッドホンを選ぶデメリット

Bluetoothヘッドホンは、従来のヘッドホンに比べて高価であることが多いです。価格が安い製品を選んでしまうと音ズレや音質が低い場合があります。また、外部からの電波障害に弱かったり、製品によってはバッテリーの保ちが悪い場合もあります。

4.Bluetoothヘッドホンを選ぶコツ

Bluetoothヘッドホンを選ぶ際は 「コーデック」や「プロファイル」「バッテリー」「音質」「装着方法」 などをポイントにすることができます。

外出時間が長く長時間使いたい人は「バッテリー」、運動中に使いたい人は「装着方法」など、用途に合わせてどの項目を重視するかを決めましょう。また、コーデックについては対応していない機器もあるため注意しましょう。

2.1万円~2万円のBluetoothヘッドホン3選

fae11e3b72d097eeec1f3f680535a8c8_s

1万円〜2万円でも、普段使いに最適な機能が備わっているBluetoothヘッドホンはたくさんあります。高級感のあるデザインやスタイリッシュなものなど、幅広く揃っていますので初めてのBluetoothヘッドホンにはおすすめです。

ここでは、数ある製品の中からおすすめの3つを紹介します。

1.ソニー MDR ZX770BN

ソニーの「MDR ZX770BN」は、3つのもモードの中から最適なモードを自動選択して騒音を軽減するデジタルノイズキャンセリング機能を搭載しているため、比較的リーズナブルな価格でありながら高音質で音楽を楽しめます。

ハンズフリー通話用マイクを内蔵しているため高音質なハンズフリー通話も可能です。aptXやAACの幅広いコーデックにも対応していて、デザインもスタイリッシュな仕上がりです。非常にコスパに優れたBluetoothヘッドホンになっています。

https://www.amazon.co.jp.MDR-ZX770BN

2.ソニー MDR XB950BT

ソニーの「MDR XB950BT」は、ベースブースターを採用しており、従来のヘッドホンでは体感できなかったクラブフロアのようなグループ感を体験できます。また、厚みのあるクッションを施したヘッドバンド構造により頭にフィットしやすく快適な装着感を得られます。

ハンズフリー通話やワンタッチ接続機能、マルチペアリング・マルチポイント対応など、普段の使用に十分な機能が備わっているBluetoothヘッドホンです。

https://www.amazon.co.jp.MDR-XB950BT

3.JBL EVEREST300

JBLの「EVEREST300」は長時間連続使用が可能でカラーバリエーションが豊富なBluetoothヘッドホンです。Bluetooth4.1に対応しており 最大約20時間 再生できるため、旅行の際などもバッテリーの心配がありません。

パソコンのUSBコネクタでも充電できるため、バッテリー切れの際も安心です。SheaMe2.0機能により、1つの音源を2台のヘッドホンで同時に聞くこともできるため、恋人や友人とシェアして楽しめます。

高品質なハンズフリー通話もでき、ブラック、クリアブルー、ピンク、ホワイトの4色から選ぶことができます。

https://www.amazon.co.jp/EVEREST300

3.おすすめ2万円以上からのBluetoothヘッドホン3選

ea18fe715a7870303b72a6135895be6c_s

2万円以上するBluetoothヘッドホンであれば、最高品質の音楽が楽しめます。「音楽を最高の環境で楽しみたい」「音質にこだわりたい」という方におすすめのヘッドホンです。

1.ボーズ QuietComfort35 wireless headphones

ボーズの「QuietComfort35 wireless headphones」は、業界最高クラスのノイズキャンセリング機能を搭載しており、外部のノイズに反応して継続的に逆位相の信号で打ち消すため、常に高音質の音楽を楽しむことができます。

最大20時間 の再生が可能なため、長時間の外出や旅行でも安心ですし、バッテリーが消耗した場合は15分間のクイック充電で2.5時間使用できます。

高級車にも使用されているAlcantaraなどの素材が用いられているため、高級感があり快適な装着感も実現しています。

https://www.amazon.co.jp/Bose-QuietComfort35+wireless+headphones

2.ソニー MDR-1000X

ソニーの「MDR-1000X」は高音質コーデックのLDACに対応し、ハイレゾ相当の高音質を楽しめるBluetoothヘッドホンです。「パーソナルNCオプティマイザー」により、装着時の個人差を検出し、ユーザー一人一人に合わせてノイズキャンセリング機能が最適化されます。

タッチセンサーコントロールパネルに手で触れている間のみ、一時的に音量を絞り周囲の音を聞くことができる「クイックアテンションモード」外側に配置しているマイクで周囲の音をまんべんなく取り込める「外音取り込み機能」 など、音楽や周囲音を好みや状況によって自由にデザインできます。

また、耳元のタッチセンサーコントロールパネルで再生や一時停止、音量調節、曲送り・戻しなどの操作が簡単にできます。

https://www.amazon.co.jp/SONYMDR-1000X

3.AKG K845BT

AKGの「K845BT」は、NFC対応のためNFC搭載スマホであれば簡単にペアリングが可能です。ケーブルが着脱式のため、バッテリーが切れてしまった場合はワイヤーヘッドホンとして利用ができます。

リモコンが搭載されているため、音量調節や一時停止などは耳元ですべて操作できますので、わざわざスマホや音楽プレイヤーを出す必要はありません。

振動板の振幅時に発生する背圧を最適化したり安定させるベンチレーションシステムやインナー・バスレフ・エンクロージャの独自技術、大口径50mm径ドライバーにより迫力ある高音質が楽しめます。

https://www.amazon.co.jp/AKG-K845BT

4.1万円以内のBluetoothヘッドホン5選

1.JBL T450BT

価格 4,104円
タイプ 密閉型
カラー ブラック、ホワイト
bluetooth
重量 約155g
連続使用時間 最大約11時間

70年以上、音を追求してきたJBLから提供されているヘッドフォンです。JBLの本格サウンドを楽しめる「T450BT」はシンプルなデザインが特徴。折りたたみも出来るので持ち運んで屋外での利用にも向いています。

イヤカップ部分についているボタンを操作することで音量や曲の操作が簡単にできるようになっています。こちらのリモコンを使うことで通勤時に軽い操作で切り替えられるのはワイヤレス製品として嬉しいですね。

最大で約11時間のワイヤレス再生に対応しているのもありがたい点です。ワイヤレス製品に充電問題はつきものですが、フル充電しておけば1日外出していても問題ないレベルと言えます。充電の心配なく音楽を楽しめること間違いありません。

JBL T450BT

2.iPanda ワイヤレス ヘッドホン

価格 2,680円
タイプ 密閉型
カラー ブルー、ゴールド、シルバー、ブラック、レッド
bluetooth
重量 発送重量299g(本体重量不明)
連続使用時間 8時間

iPandaから提供されているワイヤレスヘッドフォン。ワイヤレスとしてはもちろん、有線ヘッドフォンに切り替えて利用できるのも特徴の一つです。バッテリーに不安がある時やコードがあっても邪魔にならない場面では有線にできるのはありがたいです。

高級なレザーが使われており、つけ心地の良さが素晴らしい一品です。合わないヘッドフォンを長時間着用していると耳が痛くなってしまうものですが、そういったことにも配慮されている親切設計と言えます。

折りたたみ式なので持ち運びにも向いています。室内屋外問わず様々なシーンで活用できるヘッドフォン。価格も安めなので自分に合うヘッドフォンを探している型は試してみてはいかがでしょうか。

iPanda ワイヤレス ヘッドホン

3.JVCケンウッド HA-S48BT-W

価格 4,729円
タイプ 密閉型
カラー ブラック、ホワイト、ブルー
bluetooth
重量 170g
連続使用時間 17時間

JVCから提供されているワイヤレスヘッドフォン。バッテリーは大型のものを採用しており、最大17時間と長時間の連続使用にも耐えられます。外出に持ち運ぶ方にとって連続使用時間が長いのは嬉しい点だと思われます。

ヘッドフォンの形状はコンパクトな耳のせ型となっています。折りたたむと非常にコンパクトでカバンやバッグに収納がしやすい、持ち運びに向いているヘッドフォンと言えます。

デイザンもシンプルで上品なので、幅広いファッションに合わせやすいのも特徴ですね。カラーも王道の3種類が用意されており、好きな色を選ぶことができます。

JVCケンウッド HA-S48BT-W

4.ソニー WH-CH400

価格 3,680円
タイプ 半開放型
カラー グレー、ブラック、ブルー、レッド
bluetooth
重量 107g
連続使用時間 20時間

ソニーから提供されているワイヤレスヘッドフォン。半開放型かつ小型で軽量なヘッドフォンは快適な装着感を実現。重みのあるものよりスマートなヘッドフォンを求めている方におすすめです。

最大20時間のワイヤレス再生にも対応しており、長時間の連続使用も問題ありません。耳元のボタンで簡単操作もできるため、外出時に持ち運ぶヘッドフォンとしてうってつけです。

ソニー WH-CH400

5.パイオニア SE-MJ553BT

価格 3,654円
タイプ 密閉型
カラー レッド、ブラック、ホワイト
bluetooth
重量 170g
連続使用時間 15時間

長年AV製品を扱っているパイオニアから提供されているワイヤレスヘッドフォンです。実績のある国内メーカーということで、この安さでも安心して手を出せるのはありがたい点と言えます。

コンパクトな形状でありつつも、大型ドライバーを採用しており、クリアな音質を実現しています。折りたたみ型なのもスマートで嬉しいです。質の良い音を手軽に楽しめるヘッドフォンであることは間違いありません。

ハウジング部にはマイクもついていますので通話も行うことができます。通話しながらゲームをする使い方にも向いていますね。

パイオニア SE-MJ553BT

まとめ

Bluetoothヘッドホンを使えば、ケーブルを気にする必要もなく高音質な音楽を楽しむことができます。従来のヘッドホンと比べ、価格はやや高めですが、非常に便利です。

1万円〜2万円で十分な機能が搭載された製品を手に入れることは可能です。また、2万円以上のものを買えば、最高品質の環境で音楽を楽しむこともできます。

この機会に自分へのご褒美として購入を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

繋がらない時に試してみて!Bluetoothが接続できない時の対処法17選

「Bluetoothに上手く繋 …

Facebookでのご購読が便利です