Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / フィンテック / ビットコイン / 知らなきゃ損!ビットコイン投資6つのメリットと4つのデメリット

知らなきゃ損!ビットコイン投資6つのメリットと4つのデメリット

Pocket

46db185cc40fb86ade9207c023dd5116_s
あなたはもうビットコインを持っていますか?

2017年12月には相場が200万円を超え、話題も価格も急上昇しています。ビックカメラなどをはじめ、多くの商業施設・店舗でも利用できるようになり、利便性の向上とリスク回避からビットコインの需要が高まっています。

今回は、ビットコインを購入する前に押さえておきたい基本的な内容や、メリット・デメリットについて紹介していきます。

これからビットコイン購入を検討している方は、ぜひ参考にご覧ください。

スポンサーリンク

ビットコインについて知る

8ce5435ab422802a6420c6a42c8dd35e_s
ビットコインとはどのような通貨なのか、基本的な内容や特徴について見ていきましょう。

仮想通貨と電子マネーの違い

楽天EdyやSuica、WAON、nanacoなど電子マネーは発行元が企業であり、企業の提供するサービスや提携サービス内での利用が中心となり、第三者への支払いには使用できません。また、発行元で換金する必要があります。

一方、ビットコインをはじめとした仮想通貨は、発行元がなく特定の企業や国に依存しないためさまざまな場所・サービスで利用できます。第三者へのへの支払いや受け取りも可能で、そのまま貯めておくこともできます。

さらに、電子マネーのレートは基本的に変動しませんが、仮想通貨のレートは日々変動します。

ビットコインの特徴

ビットコインの特徴は非常に多くありますが、主な特徴は以下のとおりです。

①どこにも依存しない

通常、お金は国や中央銀行が発行・管理をしています。そのため発行元に依存し、さまざまな制限があります。しかし、ビットコインは発行元が存在しないため、発行元の制限を受けることもないですし、世界中で使用することができます。

②送金手数料が安い

一般的に海外送金する場合、非常に高い手数料がかかってしまいます。ビットコインであれば、国内でも海外でも手数料は非常に安いです。手数料は変えることができ、1回につき10円程度でも送金可能ですし、無料で送金することもできます。

また、従来の方法だと金額が口座に反映されるまでに1週間以上かかることもありますが、ビットコインであれば即日反映されます。

③供給量が決まっている

ビットコインは、円やドルなど法定貨幣のようにいくらでも発行できるわけではありません。最初から発行枚数上限が決まっており、その数は2100万枚です。上限が決まっていることで、高い価値を保ちインフレを防ぎます。

④マイニング(採掘)によって新規発行

ビットコインはブロックチェーンをベースとしており、取引台帳にすべての取引記録を追記しています。台帳はネットワーク上に分散されており、すべての取引の整合性をとりながら、データを記録していきます。

そして、これらを行うには膨大な計算量が必要であり、この計算作業・追記作業を手伝って成功させた人への報酬として、新規のビットコインが発行されます。この一連の作業のことをマイニングと言います。

ビットコインの買い方・購入手順

基本的にビットコインは「取引所」や「販売所」で購入をします。取引所はビットコインを買いたい人と売りたい人がマッチングできるところであり、リアルタイムな価格で購入が可能です。

販売所は販売会社が購入したビットコインを販売しているところで、販売会社が決めた価格で購入します。購入する際は、以下1-3の手順で行います。

1、まずアカウントを登録します
2、登録完了後はビットコインを買うための資金を入金します(銀行振込やコンビニ入金など)
3、入金が完了すればあとは購入するだけです

おすすめの3つの取引所

仮想通貨取引所は多々ありますが、中でも人気の高い3つの取引所について見ていきましょう。

①bitFlyer

bitFlyerは、みずほフィナンシャルグループやSBIインベストメント、GMOペイメントゲートウェイ、第一生命など多くの大企業から出資を得て、資本金は41億円を超えます。

いつものネットショッピングでビットコインを貰うことが可能な「ビットコインをもらう」や、ビットコインで寄付ができる「bitcoin donations」、ビットコインの旬なニュースを確認できる「BTC News」など、さまざまな独自サービスを提供している取引所でもあります。

取引以外でもビットコインが貯まり、使えるサービスも充実しています。

②Zaif

Zaifはビットコインの取引手数料がマイナスなのが特徴です。ビットコイン/円のmakerマイナス0.05%、takerマイナス0.01%となっており、取引する毎にわずかですがビットコインを受け取れます。

また、毎月ビットコインの積み立てができる「Zaifコイン積立」サービスもあり、ドルコスト平均法により長期的な運用も可能です。他にも、前日のビットコイン残高の0.01%を受け取れる「ログインボーナス」などのサービスも提供しています。

③coincheck

coincheckは、ビットコインの取引手数料が無料で電気代をビットコインで支払える「coincheckでんき」や年1〜5%の利息を受け取れる「貸仮想通貨サービス」などを提供しています。

また、預けているビットコインが盗難に遭った際は資産価値の100万円まで補償される「仮想通貨盗難補償サービス」も用意されています。

ビットコインの6つのメリット

ae8670af230d1920371d18a82c7e81f3_s

ここでは、ビットコインのメリットについて見ていきましょう。

①送金が早い、安い

先述のとおり、ビットコインは送金が早く手数料が安いのが特徴です。

特に海外送金においては、従来の方法だと1週間以上かかる場合もありますが、ビットコインであれば即日着金が可能です。また、手数料は数円程度で変えれるなど、非常に安いのも魅力です。

②希少性が上昇し続ける

発行枚数上限が2100万枚と決まっており、マイニングによってでしか新規発行されませんので、需要が高まるほど希少性が上昇します。今まさに、希少性が上昇し続けている状況です。

③換金性が高い

ポイントや電子マネーと違い、ビットコインは換金性が高いのがメリットです。取引所などですぐに円に交換できますし、ドルなどへの交換も可能です。海外のビットコインATMなどで使うこともでき世界中で使用できます。

④国家破綻時の資産のリスクヘッジになる

ビットコインは発行元がないため、国や中央銀行などに依存しません。円やドル、ポンドなど、通常の通貨であれば発行元に依存し、仮に国が破綻した場合は価値がなくなります。

ビットコインであれば国が破綻しても根本的な価値が変わることはないため、リスク資産として活用できます。

⑤24時間365日取引可能

ビットコインは24時間365日いつでも取引ができます。平日も土日祝も変わらず取引が可能です。

⑥極めて少額から取引可能

株式投資であれば10万円以上の資金が必要なことが多いですが、ビットコインであれば1000円程度で取引を開始できます。取引単位が小さく少額投資が可能なので、無理なく始めることができます。

ビットコインの4つのデメリット

bitcoinpaku5994_tp_v

ビットコインのメリットだけでなく、デメリットも確認していきましょう。

①取引所がハッキングされビットコインを盗まれる危険性

ビットコイン自体はブロックチェーンシステムのため、改ざんは不可能だといわれています。現に、ビットコイン自体がハッキングされたことはありません。

しかし取引所や販売所がハッキングに遭い、預けているビットコインが盗難に遭うリスクはあります。実際に、2017年12月にマイニングプール「NiceHash」がハッキング被害に遭いビットコインが盗まれる被害に遭っています。

②法規制の強力さ

ビットコイン取引に関する法整備はまだまだ進んでいるとは言えない状況です。株式投資やFXの場合、証券会社や業者が倒産したとしても、一応、資産は守られるようになっています。

しかしビットコインにおいては、取引所が倒産した場合に資産が守られるかというと不安な点もあります。

今後、法整備がきちんと進むと思われますが、現時点(2017年12月)ではしっかりと管理することが必要な状況です。

③通貨の発行数の上限が決まっている

ビットコインは発行枚数上限が2100万枚と決まっているため、需要が高くなるほどビットコインの価格が上がります。

実際、2017年12月には1ビットコイン=200万円を超えている状況です。枚数に上限があるため、もっと需要が高くなれば、手に入りづらくなります。

④匿名性である問題

ビットコインは取引のすべてが公開されるため非常に透明性が高いです。しかし、個人情報に関しては一切公開されることはありませんので匿名性も担保されます。

故に犯罪やマネーロンダリングに利用されるのでは?という恐れがあります。

まとめ

bitcoinimgl1749_tp_v

ビットコインはさまざまな特徴・メリットを持ち、世界中で注目を集めています。興味がある方はぜひ購入を検討してみてください!

ただし、ビットコインの価格は完全に需給バランスで決まり、市場もまだそこまで大きくないことから、暴騰・暴落する可能性があります。

「価値が下がる」というリスクがあることを把握したうえで、取引するように注意しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

cryptcurrency

取引所に迷ったら。ビットコインの国内・国外取引所おすすめ全10選

仮想通貨と言われてピンと来ない …

Facebookでのご購読が便利です