Home / 仮想通貨 / 取引所に迷ったら。ビットコインの国内・国外取引所おすすめ全10選

取引所に迷ったら。ビットコインの国内・国外取引所おすすめ全10選

Pocket

cryptcurrency

仮想通貨と言われてピンと来ない人でも「ビットコイン」といえば、すぐにわかるのではないでしょうか?このビットコインは「取引所」を通して買いますが、国内には数箇所、海外にもたくさんの仮想通貨取引所があります。

しかし、なかにはどこの取引所を活用するべきか分からず、不安を感じている方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、おすすめのビットコインの国内・国外取引所をご紹介します。

自分に合った取引所でビットコインを利用しましょう!

スポンサーリンク

Bitcoin(ビットコイン)とは?

bitcoin_golden

ビットコインは仮想通貨のなかでも特に有名です。しかし、なかにはビットコインがどのようなものか知らない方もいるのではないでしょうか。

ここでは、ビットコインの特徴をご紹介します。

仮想の通貨

ビットコインはよく上記のような「B」に二本線が入ったコインで表されますが、実体があるわけではありません。ビットコインは桁数の多いアルファベットと数字の羅列だけの「電子データ」です。

まだ私達になじみがないだけに、なにやら胡散臭いもののように感じる方もいるかも知れませんが、これはれっきとした通貨です。ネット上ではすでにオンラインショッピングに使える店もあり、日本においても実店舗で使える店が増えてきました。

利用するには

ビットコインを手に入れるにはまず、日本では取引所に振込なりクレジットカードなりで送金してビットコインを買います。

買った通貨を保管するには取引所の中には「ウォレット」という個人のサイフのようなものを利用します。しかし、記憶に新しい取引所のハッキング事件などが起きて、預けている仮想通貨が流出する心配から、ハードウォレットやペーパーウォレットなどに保管するほうがより安全だと言われています。

ビットコイン以外の仮想通貨もある

仮想通貨はビットコインだけではなく、いまや1000種類以上あると言われています。これらビットコイン以外の仮想通貨は「アルトコイン」と呼ばれます。イーサリアムやネム、リップルなど、一度はその名前を聞いたこともあるのではないでしょうか?

ビットコインに比べて、送金手数料や送金速度が早いのが魅力で、通貨として支払いをする以外にも個人認証やゲーム内の通貨、保険や不動産の契約書など、いろいろなプロジェクトを組み込むことができる点が魅力的です。

仮想通貨で、今後の世の中のいろいろな社会の仕組みが変わるのではないかと言われています。国の法定通貨が弱いところは、その国内で仮想通貨を使っている国もあるほど浸透しています。

ビットコインの仕組み

ビットコインは情報が詰まったブロックがまるでチェーンで繋がったような形をしています。

銀行のような中央集権的な機関が存在せず、世界中に分散しているユーザーの中の有志である「マイナーさん」(ビットコインの送金処理をしてくれる人)がビットコインの採掘をしてくれます。つまりユーザー同士が送金の情報を管理しているのです。

また、銀行などだと海外に送金するのには何千円も送金手数料がかかったりしますが、ビットコインだとほんのわずかの手数料(マイナーさんへの謝礼になる)で海外に送金することができる点も特徴の一つとして挙げることができます。

ビットコインのメリットは?

ビットコインのメリットの一つは上記にも述べたように、送金手数料が安い点です。中央集権的な機関がなく、大規模なコンピューターも不要で、銀行のように土日祝日が休みということもなく、24時間、365日送金が可能です。

また、投資目的でビットコインを始める人も多いかと思いますが、株式やFXのように始めるのに何万円、何十万円も必要とせず、1000円程度からはじめられるのも大きな魅力ではないでしょうか。

デメリットもある

ビットコインには魅力的な特徴が多いですが、デメリットもあります。

送金がいつでもできるのはいいのですが、ユーザーが増えすぎてブロックチェーンの送金速度が遅くなっている問題を抱えています。その点では、ビットコイン以外のアルトコインの送金速度は早いと言われています。

また、法規制や安全性の点でもまだまだ問題があります。記憶に新しい、日本の仮想通貨取引所コインチェックのネム(アルトコインの一種)流出事件など、セキュリティが甘いのも心配です。

また、金融庁が仮想通貨の法規制を徐々に厳しくしていますが、まだまだ甘いのが現状です。

採掘(マイニング)とは?

webdesign

マイニングとは「採掘」という意味で、ビットコインには中央集権的な機関がありません。

その代わり、世界中にビットコインを「採掘」する「マイナーさん」という方々に、ビットコイン送金の処理が委ねられています。このマイナーに手数料を支払うことで送金が可能です。

マイナーは、ビットコインが売買された際に、ひとつひとつの取引に不正がないかを確かめながら処理を行っていきます。しかし、性能が高いパソコンが必要となる上、24時間電源をつけっぱなしにしておかなければならないため、個人では少々ハードルが高いのが現状です。

そのため、企業が事業として参入する場合が多くあります。

国内のおすすめ取引所7選

rip_xrp_bit

ビットコインを利用する際は取引所を活用する必要があります。

そこでここでは、国内にあるおすすめの取引所をご紹介します。

bitFlyer(ビットフライヤー)

国内最大手の仮想通貨取引所であるビットフライヤー。TVCMを最初にやり始めた取引所なので、CMなどで見たことがある人も多いはずです。取引所のアプリがあり、とても見やすいインターフェイスなので初心者の方にもおすすめです。

取引所への入金は三井住友銀行など日本の銀行からの振込やクレジットカードで行うことができます。

また、セキュリティは世界一と評価が高く、みずほ銀行やリクルートなど大手企業が次々と株主として名を連ねており、ビットフライヤーからの送金に対応する店舗も増えてきています。

しかし、手数料が高いのがネックです。

ウェブサイトはこちら:

https://bitflyer.jp/ja/

Zaif(ザイフ)

ビットコインの取引手数料が一番安いと評判のザイフ。国内取引所では珍しく、ザイフコインという独自コインや2ちゃんねるから生まれたモナコインを取扱しているのが特徴です。

また、ビットコインやイーサリアムを積立するサービスがあります。

さらに、資金調達を手助けする目的のICO(コインが出る前の資金調達)である「COMSA」プロジェクトは非常に話題になりました。これは日本発のICOなのですが、世界的に見ても106億円を調達、ICO史上6位という結果を残しました。

ウェブサイトはこちら:

https://zaif.jp/

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

1 2

スポンサーリンク

Check Also

ビットコインを抜く?リップルコインの特徴と今後の動向を分析!

現在、大きな話題となっている仮 …

Facebookでのご購読が便利です