Home / Apple / iPhone / あなたは無料?AppleのiPhoneバッテリー交換サービスとは

あなたは無料?AppleのiPhoneバッテリー交換サービスとは

Pocket

iPhoneをバッテリー交換・修理に出す前に必ずデータのバックアップをするようにしましょう。バックアップはiTunesやiCloudを利用してすぐに作成ができますので、iPhoneが初期化された場合も最新のデータを復元することが可能です。

■iTunesでバックアップ

blogger

  1. パソコンでiTunesを起動して「編集」から「設定」を選択します
  2. 「デバイス」を選び「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れて「OK」をクリックします
  3. USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続してiPhoneマークをクリックします
  4. 「概要」の「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップが開始され、画面上部にAppleマークが表示されたらバックアップが完了です
  5. バックアップしたデータは「編集」の「設定」を選択して「デバイス」から「デバイスのバックアップ」欄で確認ができます

■iCloudでバックアップ

  1. iPhoneの「設定」を開き「iCloud」を選択します
  2. 「iCloud」画面の「バックアップ」を選択して「今すぐバックアップを作成」をタップすれば、iCloudへのバックアップが開始されます

また、基本的には交換や修理の際、iPhoneを初期化する必要があります。初期化する際は「iPhoneを探す」機能をオフにしなければならず、オフ設定にするためにAppleIDのパスワードが必要になるので、あらかじめ確認をしておきましょう。

非正規業者に交換を依頼する場合

iPhoneのバッテリー交換や修理ができるのはAppleStoreやキャリアだけではありません。街中にある非正規業者にも依頼することが可能です。料金が安くスピーディーに交換・修理ができるなどのメリットもありますが、デメリットもあります。

非正規業者に依頼するデメリット

非正規業者で修理をした場合、Appleからの保証を一切受けられなくなってしまいます。そのため、非正規業者を利用する際はAppleCareや通信キャリアの保証サービスの対象から外れてしまうことを理解したうえで持ち込みするようにしましょう。

もし非正規を利用するなら国認可の業者を利用しよう

非正規業者を利用する場合は、安全性を考え、国が認可した登録修理業者を利用するようにしましょう。確かな技術・運営であるため認可されていますので、修理の場合も安心です。

まとめ

Appleの保証期間内やAppleCare+加入期間内で、バッテリーの劣化状況などが一定水準未満の場合は、無償交換サービスにてバッテリー交換ができます。

仮に、保証期間外であったとしても、今であれば通常よりも安い料金でバッテリー交換が可能です。

また、もし非正規業者を利用する場合は、Appleやキャリアの保証サービスを受けられなくなる可能性があることを理解したうえで交換・修理をおこないましょう。

バッテリーが新しくなれば、外出先でも安心して長時間使えます。ばずは、使っているiPhoneのバッテリー状況を確認してみましょう。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

gmailの受信通知をカスタマイズ!gmailの通知設定方法全3種類

Gmailは、今や使っていない …

Facebookでのご購読が便利です