Home / Microsoft / Word / Word,Excelでのオートシェイプ機能の使い方と活用方法

Word,Excelでのオートシェイプ機能の使い方と活用方法

Pocket

f26537f8f748be30a0a7654b3a7c3fd5_s

オートシェイプ機能をご存知ですか?WordやExcelには標準機能として搭載されており、さまざまな図形や線を描くことができます。広告、プレゼン資料、会議用資料、比較データなど、仕事で多くのファイルを作成する場合は、図形を挿入することにより内容を分かりやすくすることができます。

ここでは、「Word,Excelでのオートシェイプ機能の使い方と活用方法」について解説しています。オートシェイプ機能を使ったことがない方は参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.Word,Excelでのオートシェイプ機能の使い方と活用方法

ここでは、Word、Excel両方で使えるオートシェイプ機能の使い方や活用方法について紹介しています。図形を取り入れることにより、資料の内容が分かりやすくも、興味を惹きやすくもなります。

1.図形(オートシェイプ)を挿入する

オートシェイプ機能を使うことで、自分で図形を描くことができ、文書の装飾にしたり、図解で分かりやすく表現することができます。手順は下記のとおりです。

  1. 図形を描く場合は、「挿入」から「図形」を開き、一覧の中から希望の図形を選択します
  2. 図形を選択すると、マウスポインタが「+」印になりますので、好きな位置で右下に向かってドラッグをすると、選択した図形を描くことができます
  3. 全図形右下にドラッグしないといけないということでなく、斜めにドラッグすれば右でも左でも図形は描けます
  4. 円や四角、長方形、ひし形など、さまざまな形の図形を描けますので、用途に合わせて使い分けることができます
  5. 特に注目させたい部分に図形を使ってその中にコメントを記述したり、グラフのように使ったり、イラストとしてポップな雰囲気の演出に使うこともできます

2.線を描く

オートシェイプ機能を使えば、図形だけでなく好きな線を簡単に描くこともできます。手順は下記のとおりです。

  1. 「挿入」タブから「図形」を選択し、一覧に表示される「線」の中から希望のものを選択します
  2. すると、マウスポインタが+印で表示されますので、線を伸ばしたい方向へドラッグをすれば、一本線や曲線などを引くことができます
  3. 自分の好きな形と長さで線を引けますので、注釈として使ったり、注目して欲しい部分に矢印を引いたりすることができます

3.図形に文字を入力する

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

改行はEnterキーだけじゃない!シーン別ワードの改行法3つ

ワードで改行をするとき「Ent …

Facebookでのご購読が便利です