Word,Excelでのオートシェイプ機能の使い方と活用方法

LINEで送る
Pocket

f26537f8f748be30a0a7654b3a7c3fd5_s

オートシェイプ機能をご存知ですか?WordやExcelには標準機能として搭載されており、さまざまな図形や線を描くことができます。広告、プレゼン資料、会議用資料、比較データなど、仕事で多くのファイルを作成する場合は、図形を挿入することにより内容を分かりやすくすることができます。

ここでは、「Word,Excelでのオートシェイプ機能の使い方と活用方法」について解説しています。オートシェイプ機能を使ったことがない方は参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.Word,Excelでのオートシェイプ機能の使い方と活用方法

ここでは、Word、Excel両方で使えるオートシェイプ機能の使い方や活用方法について紹介しています。図形を取り入れることにより、資料の内容が分かりやすくも、興味を惹きやすくもなります。

1.図形(オートシェイプ)を挿入する

オートシェイプ機能を使うことで、自分で図形を描くことができ、文書の装飾にしたり、図解で分かりやすく表現することができます。手順は下記のとおりです。

  1. 図形を描く場合は、「挿入」から「図形」を開き、一覧の中から希望の図形を選択します
  2. 図形を選択すると、マウスポインタが「+」印になりますので、好きな位置で右下に向かってドラッグをすると、選択した図形を描くことができます
  3. 全図形右下にドラッグしないといけないということでなく、斜めにドラッグすれば右でも左でも図形は描けます
  4. 円や四角、長方形、ひし形など、さまざまな形の図形を描けますので、用途に合わせて使い分けることができます
  5. 特に注目させたい部分に図形を使ってその中にコメントを記述したり、グラフのように使ったり、イラストとしてポップな雰囲気の演出に使うこともできます

2.線を描く

オートシェイプ機能を使えば、図形だけでなく好きな線を簡単に描くこともできます。手順は下記のとおりです。

  1. 「挿入」タブから「図形」を選択し、一覧に表示される「線」の中から希望のものを選択します
  2. すると、マウスポインタが+印で表示されますので、線を伸ばしたい方向へドラッグをすれば、一本線や曲線などを引くことができます
  3. 自分の好きな形と長さで線を引けますので、注釈として使ったり、注目して欲しい部分に矢印を引いたりすることができます

3.図形に文字を入力する

図形の中には文字の入力ができます。入力したい図形を選択し、右クリックでメニューを表示します。「テキストの追加」をクリックすると文字入力ができますので、好きな文言を表示できます。

フォントや色など書式変更も可能です。図形の中の文字を中央に表示させたい場合は、図形を選択し中央揃えをクリックするだけです。文字入力ができることで、吹き出しのような使い方も可能です。

4.キレイに正方形や円を作る

ただドラッグをして図形を描くだけでは、キレイに正方形や円を作ることはできません。どこか歪な形になってしまいます。キレイに正方形や円を作る場合は、希望の図形を選択してマウスポインタをドラッグする際に、「Shift」キーを押すようにしましょう。

Shiftキーを押しながらドラッグすることで、比率が整った図形を描くことができます。キレイな正方形や円を作ることにより、プレゼン資料の図解やイラストとしても使うことができます。

その他の図形を描く際もShiftキーを押しながらドラッグすることで、整った形を表現でき、星形や吹き出しマークもキレイに描けます。見栄えが良くなるため、壁に張り出す広告や人に見せるようの資料を作る際にも使えます。、

5.真っ直ぐな線や矢印を引く

線や矢印を引く際も、ただドラッグしただけでは真っ直ぐな線を引いたつもりでも、微妙にずれていることがあります。線を引く際も図形同様、Shiftキーを押しながらドラッグすることで、ズレのない真っ直ぐな線や矢印を引くことが可能です。

特に、キレイに仕上げなければいけない、会議用の資料やプレゼン用の資料、お客さんへ渡す資料などの際は、矢印や線がズレていると信頼を損ねる可能性もありますので、積極的に使いましょう。

6.図形を複数選択する

いくつかの図形を同時に変形させたり動かしたい場合は、一括で複数選択することで簡単に行うことができます。一つひとつ図形の大きさや位置を変えようとすると、全体のバランスが取りにくくなることがあります。しかし、複数同時に同じ作業ができることにより、全体のバランスも簡単に整えることができます。

  1. 図形を複数選択する場合は、まず、いずれかの図形を選択します
  2. 次に、同時に操作を行いたい図形をShiftキーを押しながら選択します
  3. すると先に選択した図形の選択が解除されることなく、2つ目の図形も選択できます
  4. 3つ目、4つ目、5つ目、、、と、いくつでも図形を選択することができ、一つの図形を動かすと他の選択している図形も同じように動いたり、サイズを変えたり、比率を変えることができます
  5. Shiftキー以外でもCtrlキーを使えば同様の操作ができます
  6. キーボードを使わずに複数選択したい場合は、「ホーム」タブの「編集」を選択し「オブジェクトの選択」をクリックすれば、マウス操作のみで複数図形の選択ができます
  7. オブジェクトの選択をクリック後、複数選択をしたい図形をすべて囲むようにドラッグをします。囲んだ図形がすべて選択され、同時に操作することができるようになります

7.図形をチェック柄にする

図形ができたら色を塗ることも可能です。色は単色以外にもチャック柄やストライプ柄があります。

  1. 色を付けたい図形を選択し、右クリックをし、メニュー一覧を表示します
  2. 「図形の書式設定」をクリックして図形の書式設定画面を開きます
  3. メニューの一番上にある「塗りつぶし」を選択し、右側に表示される「塗りつぶし(パターン)」にチェックを入れます
  4. 「前景色」と「背景色」で好きな色を選びます
  5. すると、前景色と背景色の組み合わせのパターン柄が多数表示されますので、希望の柄を選択して「閉じる」をクリックします
  6. これで、選択した図形がパターン柄に変わります
  7. 同じような方法でグラデーション柄にすることも可能です
  8. グラデーション柄にしたい場合は、「図式の書式設定」をクリックして、「塗りつぶし(グラデーション)」にチェックを入れます

あとは、色の調節を行えば、選択した図形がグラデーション柄へと変わります。文書やプレゼン資料などを華やかにできますし、ポップやちょっとした広告の装飾にするとも可能です。

8.複数の図形を真っ直ぐに整列させる

複数の図形を真っ直ぐに並べたい場合は、並べたい図形をすべて選択したうえで、「描画ツール」の「書式」タブを選択します。「配置」を選択し、表示されるメニューの中から「選択したオブジェクトを揃える」にチェックをします。

そのうえで、キレイに並べたい図形を選択し、配置ボタンをクリックします。メニュー一覧の中から「上下に整列」「左右に整列」を選択すれば、それぞれの距離が一定になり、図形が上下左右に整列します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、「Word,Excelでのオートシェイプ機能の使い方と活用方法」について紹介いたしました。

オートシェイプ機能を使えば、簡単に文書やデータに装飾をすることができます。図形の色合いまで好きに設定できますので、可愛く演出することも可能です。普段使うWordやExcelがより楽しく操作できるようになりますので、ぜひ試しに描いてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です