オートロックのセキュリティ性とメリット、デメリット

LINEで送る
Pocket

c4a8f183a6b02a645aade8a9eeaf49ac_s

マンションへ住む場合に、オートロックが付いているかどうかを条件にしたりしませんか?

オートロックが付いていることで、どんなメリットやデメリットがあるかはご存知ですか?ここでは、オートロックのセキュリティ性や、付いていることでのメリットやデメリットについて解説しています。

これから引っ越し予定の方は、物件探しの参考にしてみてください!

スポンサーリンク

1.オートロックのセキュリティ性とは?

a5a8e15262ff3852959e3717363bf59c_s

多くのマンションにはオートロックが付いており、マンションにオートロックが付いていることを条件に部屋を探す人も多いです。オートロックが付いていることによって、マンションの建物に入るためにもロックを解除しなければならず、基本的にはマンションの居住者しか開けることができません。

居住者以外の人がマンションの建物内に入るためには、居住者をインターホンで呼び出し、許可されなければマンション内に入れません。オートロックがあることで、居住者や居住者に関係する人以外のマンションへの立入りを防ぐことができます。防犯性を高めることができるため、女性の1人暮らしや子どもがいる家庭でオートロック付マンションを選ぶ人は特に多いです。

オートロックがあることで防犯性は高まるが十分ではない

しかし、オートロックだけですべての不審者や空き巣犯の侵入を防ぐことはできないことも、認識しておく必要があります。さまざまな方法で、オートロックを解除しマンションの中に入ったり、オートロックがかかっていない、非常階段や塀をよじ登って侵入をしてくる犯人もいます。

マンションにオートロックが付いていることで、防犯性は高まりますが、完全な防犯対策ではありませんので、より安心して生活を送るには、自室でも更なる防犯対策を施しておく必要があります。

2.オートロックが付いていることでのメリット

1.不審者や空き巣犯に侵入されにくい

aefa85071305456e7fabfd885f519f07_s

オートロックが付いていると、付いていないマンションに比べ、不審者や空き巣犯から侵入されにくくなります。オートロックが付いていないと、マンションの建物内に不審者や空き巣犯が侵入してしまいます。

侵入されることで、見たこともない人がマンションの廊下を歩いていたり、空き巣犯が不在宅を調べたりするのを、自由にさせてしまうことになります。オートロックが付いていることで、不審者や空き巣犯の侵入をある程度抑えることができます。

2.訪問営業を断れる

マンションによっては、さまざまなセールスマンの訪問営業が来る場合があります。オートロックが付いていないと、部屋の玄関部分までセールスマンが訪ねてきて、話を聞かないといけなくなり迷惑になる場合があります。オートロックが付いていると、訪問営業が来ても画面越しに簡単に断ることができます。

3.精神的に安心する

自室の玄関のドアのロック以外に、マンション入口にオートロックがかかっていることで、精神的に安心することができます。特に女性や小さい子どもがいる家庭は、オートロックが付いていることで得る精神的なメリットは大きいです。

子どもがマンションの建物内で遊ぶ場合や、ポストまで郵送物を取りに行く場合なども安心できます。精神的に安心できることは、日頃の生活に大きなメリットとなり、安心できないと大きなストレスを感じてしまいます。

4.防犯に対して考えるようになる

オートロックが付いていることにより、防犯に対して考えるようになることもあります。

それまで防犯対策をしたことがない人も、オートロックが付いているマンションに住むことで、「オートロックが付いていることによりどんな防犯効果があるか?」「さらに防犯効果を高めるためにはどのようなことをしたら良いか?」など、防犯に対して考えるきっかけになります。

防犯に対して考えることにより、より高い効果の防犯対策ができるようになりますので、オートロックを侵入してくる空き巣犯などが居ても安心して対処することができます。防犯意識を高めるきっかけになります。

3.オートロックが付いていることでのデメリット

1.家賃が高い

63904072127595ede59aa23be2172c1d_s

同じ立地でグレードも変わらなければ、オートロックがないマンションよりも、オートロックが付いているマンションの方が家賃や共益費が高いです。オートロックが付いてセキュリティが向上し人気が高くなるためと、オートロックのシステムの設備費用がかかるためです。

防犯性が少しでも高いオートロック付きマンションを選ぶか、家賃が少しでも安いマンションを選ぶかは、人それぞれですが、オートロックが付くことで、ほぼ確実に家賃等の支出は増えます。防犯性と安さのどちらを選ぶか、しっかりと検討しましょう。

2.居住者の防犯意識が低くなってしまう場合も

オートロックが付いていることで、居住者の防犯意識が低くなってしまうこともあります。「オートロック=安全」と思ってしまい、自室のセキュリティが甘くなり、窓を開けっ放しで外出や就寝したり、コンビニなどちょっとした外出の際は、玄関ドアの鍵を閉めずに出たりしてしまいます。

オートロックが付いていることで、防犯性は高まったとしても、完全に空き巣犯からの侵入を防げるわけではありません。現に、オートロック付のマンションでも、空き巣などの犯罪が起きています。不審者や空き巣犯は、居住者がオートロックを解除してマンションに入る際や、宅配便の人が荷物を届ける際に、一緒にマンション内に入ったりしています。

なかには、機械を使ってオートロックのセンサーを解除したり、宅配便スタッフを装いインターホンをし、ロックを解除してもらって中に入っているケースなどもあります。オートロックが付いているからといって、防犯意識が低くならないように、常日頃から意識しなくてはいけません。

3.鍵を忘れたらマンションに入れない

オートロックの場合、鍵を忘れてしまうとマンションの中に入れなくなってしまいます。

仮に、ゴミ出しなど少しマンションの敷地外に出る際に、部屋に鍵をかけずに出たとしても、マンションの外に出るとオートロックがかかってしまいますので、鍵がないとマンションの中に入ることができません。オートロックがあることで、鍵を忘れると致命的になってしまいます。特に、小学生や中学生などの子どもが1人でいる時間帯は心配です。

4.新聞や荷物は1階まで取りに行かないといけない

オートロックが付いていることで、荷物や新聞など、郵送物が自室まで届けられることは少ないです。

郵送物の多くは、1階のポストや宅配ボックスに投函されますので、1階まで毎日取りにいかなければいけません。苦に感じない方は良いですが、毎日1階のポストをチェックしたり、郵送物を持って上がるのが面倒に感じる方にとってはデメリットになってしまいます。

まとめ

今回、オートロックのセキュリティ性や、メリット・デメリットについて紹介いたしました。オートロックが付いていることで、不審者や空き巣犯に侵入されにくくなり、毎日の生活を安心して送ることができます。1階に荷物など取りに行ったりすることを、面倒に感じることも多いかもしれませんが、セキュリティが高まることで、子どもでもマンションの1階まで気軽に行くことができます。

ただし、オートロックが付いていても万全なセキュリティ体制とは言えませんので、自室のドアやベランダ(バルコニー)側の窓などにも、防犯対策を施すようにすると良いでしょう。オートロックがあることで、過度に安心し過ぎないようにはしましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です