auユーザーがWiMAX契約前に注意することと万が一の解約方法

LINEで送る
Pocket

90a732115c0c4158bb84515c63dc9e97_s

スマートフォンやタブレットなどを使用する際に、通信速度制限に悩まされる方は、WiMAXのWi-Fiルーターを持つことで、悩みから解消されます。軽量で使いやすく、大量のデータ容量を使用できます。ここでは、WiMAXのWi-Fiルーターを契約する前に注意することや解約方法について、紹介いたします。

スポンサーリンク

1.auユーザーがWiMAX契約前に注意すること

%e5%9b%b0%e3%81%a3%e3%81%9f

auユーザーの方がWiMAXを契約する場合、事前にどのようなことを確認し、注意すれば良いのでしょうか。ここでは、事前に確認しておくべきポイントを紹介します。

1.料金プランを決めておく

WiMAXを契約する際は2つの料金プランのうち、どちらのプランが適しているのか確認したうえで契約するようにしましょう。「WiMAX2+フラットfor DATA」と「WiMAX2+フラット for DATA EX」があります。「WiMAX2+フラットfor DATA」は、「WiMAX2+おトク割」によって、加入月から最大25カ月間基本使用料が月額3,696円です。

WiMAX2+フラットfor DATAは、月間7GBの容量制限があり、データ容量を超過した場合は通信速度制限がかかり、速度が128kbpsまで落ちます。「WiMAX2+フラット for DATA EX」は、「WiMAX2+おトク割」によって、加入月から最大25カ月間基本使用料が月額4,380円です。WiMAX2+フラット for DATA EXは、月間のデータ容量制限がないプランです。

3日間で3GB以上のデータ容量を使用すると通信速度制限がかかりますが、実質無制限で使うことができます。月間データ容量が7GBも使わない場合は、WiMAX2+フラットfor DATAで十分でしょう。しかし、普段のスマートフォンでもすぐに通信速度制限がかかる方や、動画視聴が多かったりする方は、7GB以上使えるWiMAX2+フラット for DATA EXが良いでしょう。

適切なプランを選ばないと、7GBも使っていないのに余計に高い料金を払ったり、すぐに通信速度制限がかかったりして困ってしまいます。自身の使い方に合ったプランを予め決めたうえで契約するようにしましょう。

2.サービス提供エリアを確認しておく

WiMAXを契約する前に、自宅や勤務先、普段良く移動するルートなどがネットワークのサービスエリアかどうかを事前に確認する必要があります。せっかくWiMAXのルーターを契約しても、ネットワークに接続しづらいエリアであれば、快適に使えない可能性があります。都市部に関しては比較的サービスエリアとしてカバーしていることが多いですが、郊外や山岳部では、カバーできていないエリアも目立ちます。

また、カバーされているエリアでも、建物内や建物に囲まれた場所では、接続状況が不安定になる場合もあります。WiMAXを提供しているUQcommunicationsの公式ホームページで、使用予定場所が、サービスエリアかどうか確認できますので、問題ないかどうか事前に把握したうえで契約するようにしましょう。

3.キャッシュバックがないことを把握しておく

auユーザーがauショップでWiMAXを契約する場合は、他で契約する際にあるキャッシュバックなどのサービスを受けることはできません。そのため、GMOとくとくBBやBIGLOBEなどで契約するより実質負担額は高い場合があります。そのため、実質月額費用も他より高いことが多いです。契約した後に「キャッシュバックがない!」など驚かないように、事前に把握したうえで契約しましょう。

4.ルーター端末を確認しておく

WiMAXを契約する際は、事前にどのルーターを使用するか決めておきましょう。例えばauショップで扱っているWiMAXのWi-Fiルーターは、「Speed Wi-Fi NEXT W03」と「Speed Wi-Fi NEXT W01」の2種類があります。「Speed Wi-Fi NEXT W03」は下り最大370Mbpsで、スマートフォンとの連動性も良く操作性に優れています。

「Speed Wi-Fi NEXT W01」は、下り最大220Mbpsでスタイリッシュなデザインが特徴です。また、auショップには2種類しかありませんが、他で契約する際は、下り最大440Mbpsでコンパクトサイズな「Speed Wi-Fi NEXT WX03」や、下り最大220Mbpsで約95gで軽量サイズの「Speed Wi-Fi NEXT WX02」などの製品もあります。

5.どこで契約をするか決めておく

auユーザーがWiMAXを契約する場合、auショップで契約するか他で契約するかを事前に決めておきましょう。キャッシュバックがあるかどうかや、製品の種類など違いがあります。契約前にそれぞれのメリット・デメリットを確認し、自身に合うところで契約を進めると良いでしょう。

auショップで契約する場合は、全国にあるauショップで対応してもらえるため、近くのショップで手軽に契約できます。他で契約を行う場合は、キャッシュバックや機種が豊富なメリットがありますが、ショップが少なく電話連絡やネットからの申込みなどが主な場合があります。

2.万が一の解約方法

WiMAXを契約したは良いものの、何らかの事情で解約する場合の方法についても把握しておきましょう。どこで契約するかによって、解約方法は異なります。また、更新月以外の解約であれば契約解除料が発生します。解除料も利用プロバイダや期間などにより異なりますので、事前に確認しておきましょう。

1.auショップでの契約・解約の場合

auショップでWiMAXを契約していて解約する際、更新期間以外の途中解約の場合は契約解除料が9,500円かかります。解約は、電話もしくはショップで行えます。

2.各プロバイダでの契約・解約の場合

UQcommunicationsや、BIGLOBE、GMOとくとくBBなどの各プロバイダの場合、契約解除料や解約方法は異なります。例えば、UQcommunicationsは、「UQ Flatツープラス」の契約解除料は9,500円です。

「UQ Flatツープラス」「UQ Flatツープラスauスマホ割(2年)」「UQ Flatツープラスギガ放題」などの特約適用時は、1〜13ヶ月目での契約解除料は19,000円、14〜25ヶ月目での契約解除料は14,000円かかります。27ヶ月目以降は契約解除料は9,500円です。解約する際は、電話か書面郵送にて申込みします。

BIGLOBEの場合は、オンラインか電話にて解約手続きを行います。契約解除料は、更新月での解約の場合はかかりません。0〜12ヶ月目での解約は契約解除料が19,000円、13ヶ月目〜更新月の前月までの解約は契約解除料が14,000円、更新月以降は9,500円かかります。GMOとくとくBBでのWiMAX解約の際も、オンラインまたは書面郵送での解約手続きになります。

3.解約する際は更新月

どうしてもしょうがない事情での途中解約以外は、更新月に解約をするようにした方が良いでしょう。更新月以外での解約の場合は、契約解除料が発生します。更新月は1ヶ月しかなく、解約の手続きをしなければ、自動更新で次の契約期間が始まります。

契約した際に更新月を確認し、忘れないようにしましょう。また、別のWi-Fiルーターに乗り換える場合は、キャッシュバックがあるところであれば、契約解除料を相殺できる可能性があります。契約解除料は極力払わないで良いようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は「auユーザーがWiMAX契約前に注意することと万が一の解約方法」について紹介しました。WiMAXのWi-Fiルーターを契約する前に紹介したポイントは確認しておくようにしましょう。また、解約方法や契約解除料についても把握しておくことで、適切な解約を行えます。極力、余計な費用をかけないようにしましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です