auのiPhoneをお得に購入/利用する方法と格安SIM運用時の注意点

LINEで送る
Pocket

iPhoneは高性能かつ多機能なスマートフォンで、日本国内でも絶大な人気を誇っています。しかしiPhoneはその分値段が高く、iPhoneを使いたくても高くて使えないという方も多いと思います。

確かにiPhoneは普通に購入あるいは利用すると値段が高いですが、実はお得に購入したり、月々の月額料金を抑えながら運用したりといったことが可能です。

今回はauのiPhoneをお得に購入したり利用する方法と、iPhoneで利用できる格安SIMについて解説します。

スポンサーリンク

auのiPhoneをお得に購入する方法

とても便利なiPhoneですが、どうせならなるべく安くお得に手に入れたいですね。まずはiPhoneをお得に購入する方法について解説します。

キャンペーン情報を確認する

iPhoneを購入する際はキャンペーン情報をしっかり確認するようにしましょう。iPhoneは売れ筋のスマートフォンなので、各社がお得なキャンペーンを実施しています。auも例外ではなく、お得なキャンペーンをたくさん実施しているため、常に確認しておく必要があります。

下取りキャンペーン

auでは機種変更の際に下取りをしてもらうことができます。対象機種をauに下取りしてもらうことで、新しく購入する端末の価格が割引されます。古いスマホの処分ができて新しいスマホが安く手に入るので一石二鳥です。

とくに現在iPhoneを使っていて新しいiPhoneに機種変更する場合は「iPhoneかえトクプログラム」というキャンペーンを利用できます。iPhoneかえトクプログラムでは対象のiPhoneを下取りに出してiPhone7/ 7 plusを購入すると、購入代金が最大で35,640円割引になります。

ただし、iPhone6sの場合はまだまだ需要があるため下取りに出すよりもオークションや中古買取店などで買い取ってもらったほうがお得な場合もあります。下取り価格はauのサイトで確認できるので、下取りに出すのがいいのか、それとも買い取ってもらう方がいいのかを事前に確認するようにしましょう。

auスマホ交換プログラム

auスマホ交換プログラムは次のいずれかに当てはまる人が対象のスマホを購入かつ対象のプランに加入した場合に機種購入代金が割引になるキャンペーンです。

・他社からMNP
・16ヶ月以上利用したauスマホ/ケータイからの機種変更
・18歳以下の人が新規契約

対象のスマホにはiPhoneも含まれており、iPhone 6s plusなら最大で50,000円も割引されます。他のiPhoneでも機種や容量によって差はありますが最大30,000円~42,000円ほど割引されます。この割引額はすごいですね。

iPhoneの本体価格は高価です。そのため、iPhoneを購入する際はこういったキャンペーンを利用してなるべく安く手に入れるようにしましょう。

オプション契約の内容に注意

キャンペーンを利用してiPhoneを購入する際に注意したいのがオプションです。キャンペーンによってはオプションに加入することが適用される条件になっていることがあります。いくらキャンペーンが受けられると言っても、不要なオプションに加入させられるのは無駄です。

iPhoneを購入する際はそういったオプションに勝手に加入することになっていないか、加入する場合は解約する際に違約金はないか、といったオプション契約の内容に注意しましょう。

MNPでお得に手に入れる

iPhoneを安く手に入れたいなら、MNPもおすすめです。MNPは電話番号をそのままで他の携帯電話会社に乗り換えることです。総務省の通達があり、以前ほどはお得ではなくなりましたが、それでもキャッシュバックなどをもらえることがあるので、場合によっては機種変更よりもお得です。

SIMフリーiPhoneで格安SIMを利用する

最も安くiPhoneを運用する方法はSIMフリーのiPhoneで格安SIMを利用することです。

格安SIMはその名のとおり月額料金が非常に安いSIMカードのことです。近年様々な事業者が格安SIMに参入しており、契約者数もかなり増えています。格安SIMの中にはiPhone本体とSIMカードをセットで提供しているものもあるので、iPhone本体をお得に手に入れて、月額料金も安くなる、といった場合もあります。

現在auのiPhoneを使っている方は、格安SIMにしても今のiPhoneを使いたいという方が多いでしょう。格安SIMのほとんどはドコモの回線を使用しており、auのiPhoneはそのままでは使えませんでした。しかし、最近ではauの回線を利用した格安SIMも登場しており、auのiPhoneでも格安SIMを運用することが可能になりました。

au回線対応の格安SIMを使えばauのiPhoneをそのまま使用でき、しかも月額料金を大幅に押させることができます。

auのiPhoneをお得に利用できる格安SIM

auのiPhoneに対応している格安SIMは最初は少なかったですが、最近では数が増えてきています。ここではauのiPhoneをそのままお得に利用できる格安SIMを紹介します。

mineo

mineoは関西電力のグループ会社である「ケイ・オプティコム」が提供している格安SIMです。ドコモとauの両方の回線に対応しており、auの回線を選べばauのiPhoneもそのまま使用することができます。

格安SIMとしては珍しく「家族割」や「複数割」といった割引制度があります。複数台のスマホを利用する場合や家族で利用する場合などは月額料金から50円割引されるので、さらに通信料を抑えることができます。

格安SIMと聞くと通話料が心配ですがmineoでは定額通話オプションやIP電話サービスなども用意されているため、通話料も抑えることができます。

IIJmio

IIJmioは業界でも高いシェアを誇る人気の格安SIMです。とくに安定感の高さが売りで、ユーザー数が多いにも関わらず高速の通信速度を維持しています。時間帯による速度低下も少ないので、通信に安定感が欲しい方におすすめです。

元々はドコモ回線のみの提供でしたが、2016年10月からはauの回線を使用したプランも提供されはじめました。そのため、auのiPhoneでも使用することができます。

UQ mobile

WiMAXなどでおなじみのUQコミュニケーションズが提供している格安SIMです。最近はCMなども積極的に放送しているため、ご存知の方も多いと思います。実はUQコミュニケーションズはauを運営しているKDDIグループの事業者でもあります。そのため回線は当然auなので、auのiPhoneをそのまま使うことができます。

ネットも電話もコミで月額1,980円で使えるコミコミプランが非常に人気で、UQモバイルの利用者は乗り換えてから月額料金が平均で3,800円以上安くなったそうです。通信速度もauの4G LTEを利用していて非常に高速です。

また、メールアドレスが使えなくなるのが格安SIMの弱点の1つでしたが、UQモバイルでは「@uqmobile.jp」というドメインのメールアドレスを利用可能です。月額200円の有料オプションではありますが、格安SIMでは珍しくキャリアメールを使うことが出来るので、どうしてもキャリアメールが欲しいという方にもUQモバイルはおすすめです。

FiiMo

FiiMoは四国電力の子会社である「STNet」が提供している格安SIMです。四国地方を拠点としており、中国地方や四国地方ではCMなどで知名度が高いです。

ドコモとauの回線に対応したマルチキャリア格安SIMで、auのiPhoneもSIMロック解除なしでそのまま使うことができます。また、FiiMoでは「@ma.fiimo.jp」というドメインのメールアドレスを利用可能です。こちらは扱い的にはPCメールと同じですが、無料で利用できるのが利点です。

J:COM mobile

ケーブルテレビや光回線などで有名なJ:COMが提供している格安SIMです。ケーブルテレビの会社らしく独自の動画サービスを展開しており、J:COM TVに加入していると専用アプリで映像コンテンツを見た際のデータ通信量が月々のデータ通信量にカウントされません。つまり、J:COMの映像コンテンツが見放題となります。

auの回線を使用しているので当然auのiPhoneをそのまま利用できます。また、au VoLTEにも対応しており、通常よりもキレイな音声で電話を楽しむことができます。

auのiPhoneを格安SIMで運用する場合の注意点

iPhoneを格安SIMで利用することで、月々の通信料を大幅に節約することができます。しかし、格安SIMにはいい事ばかりではなく悪い面や注意すべきこともあります。ここでは、iPhoneを格安SIMで運用する場合の注意点を解説します。

安定性が高くない場合がある

格安SIMはコストを削減することで格安の月額料金を実現しています。その分大手携帯電話会社と比べると設備が整っていない事があるため、通信速度が安定しないことがあります。とくにお昼の休憩時間や夕方など利用者が多くなる時間帯では速度が低下しやすくなります。

格安SIMの中には比較的安定するものもありますので、安定性を求める場合はそういった格安SIMを選びましょう。

au系以外のMVNOにMNPする場合はSIMロック解除が必要

auのiPhoneをそのまま利用する場合は、格安SIMがauの回線を使用している必要があります。しかし格安SIMの多くはドコモの回線を利用しており、au回線が利用できる格安SIMを選ぶ場合はかなり選択の幅が狭くなります。

auのiPhoneで、ドコモの回線の格安SIMを使う場合はSIMロック解除をしてiPhoneをSIMフリー化する必要があります。ただし、auのiPhoneはすべてSIMロックが解除できるわけではありません。解除できるのはiPhone6s/6s Plus/SE/7/7 plusのみとなっています。これ以外のiPhoneはSIMロック解除できないのでご注意ください。

キャリアロック解除は契約期間後に

auのiPhoneをSIMロック解除する場合は条件があり、以下の3つの条件を満たしていないといけません。

・2015/5月以降にauで発売された対応機種である
・購入日から181日目以降である
・ネットワーク利用制限中でない

なお、他のキャリアの場合は解約日から一定期間経過するとSIMロック解除ができなくなりますが、auは解約してからでも期限などがなくいつでもSIMロック解除を行えます。そのためSIMロック解除を行うのは契約期間が終了してからのほうがよいでしょう。

SIMロック解除後の動作は保証されない

SIMロック解除を行えばドコモ系の格安SIMやソフトバンクのSIMカードなども使用できるようになります。ただしSIMロックを解除して格安SIMや他社のSIMカードを利用する際の動作についてはauは保証していません。つまり、自己責任で行う必要があります。

iPhoneの場合はあまり問題ないとは思いますが、SIMロック解除して他社のSIMカードを挿したのに使えなかった、という事態になることもあるかもしれません。しかし、そうなってもauは責任を負いませんのでご注意ください。

まとめ

今回はauのiPhoneをお得に購入および利用する方法を解説しました。iPhoneはそのまま購入してもその代金だけの価値はありますが、やはりどうせなら安く手に入れたいですね。そういった時はauが定期的に行っているキャンペーンを利用するようにしましょう。

また、auのiPhoneを月額料金を抑えて安く利用したいなら格安SIMがおすすめです。現在ではau回線を利用した格安SIMも増え続けているので、auのiPhoneでもそのまま使うことができます。iPhone 6s以降であればSIMロック解除にも対応しているため、ドコモ系の格安SIMでも利用が可能です。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です