Arch Linuxの特徴とインストール方法、要件

LINEで送る
Pocket

%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3

Arch Linuxをご存知ですか?普段、WindowsやMacOSをメインに使い続けている場合は、初めて聞く方も多いかもしれません。Linuxディストリビューションの1つで、非常にシンプルなうえに軽量なのが特徴です。

ここでは、「Arch Linuxの特徴とインストール方法、要件」について、紹介いたします。WindowsやMacOSからLinuxへの変更を検討している方や、Arch Linuxに興味がある方は、ぜひ、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.Arch Linuxの特徴

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-03-13-16-06-52

出典:https://www.archlinuxjp.org/
Arch Linuxは、☓86_64向けに開発された、Linuxディストリビューションの1つです。シンプルであり、ユーザー中心の環境で、ローリングリリースモデルをベースとしています。ここでは、Arch Linuxの特徴について紹介いたします。

1.Arch Linuxはシンプルかつ軽量

Arch Linuxの特徴と言えばシンプルかつ軽量であることです。最初のインストール後は最低限のものしか入っていないこともあり、シンプルなうえにサクサク操作できます。あまりにもシンプルすぎて、何をやるにしても自分でやらなければいけないです。

環境の構築などユーザーに任されているため、シンプルなOSを好む人にはとても適したLinuxディストリビューションです。実際、Arch Linuxは「不必要な追加、修正、あるいは複雑化を行わい」と定義しており、ユーザーに合わせて、必要に合ったUNIXライクベースのシステム構築をできるようにしています。

インストールの際は、i686/☓86-64用にコンパイルされた、非GUIの環境が提供されます。とにかくシンプル、これがArch Linuxの特徴の1つです。低性能なパソコンにインストールしてもサクサクと軽快な操作が実感できます。

2.常に最新であること

Arch Linuxは常に最新バージョンで使用ができます。ローリングリリースをベースとしたシステムのため、何か問題がない限りは、最初にインストールするだけで、その後、バージョンアップなどの作業は必要ありません。常に最新のバージョンで使えることで、セキュリティも安心です。バージョンアップごとにインストールする必要がありませんので、手間もかかりません。

3.ユーザー中心であること

多くのディストリビューションやOSがユーザフレンドリであるのに対し、Arch Linuxはユーザー中心のディストリビューションです。Arch Linuxのシステムは、ユーザーがすべて自身で管理し使用していきます。

そして、管理していくにあたり、Archコミュニティなど頼りになるサービスが充実しています。フォーラムやメーリングリストなどの問題解決へ向けて意見交換するツールも揃っています。

4.Wikiが充実している

Arch LinuxはWikiが充実しています。WikiとはArchWikiのことで、英語が中心ですが日本語訳されているものも結構あります。ArchWikiが充実していることは、Linuxユーザーにとっては非常に大事で、分からないことなどがあれば、よく使います。

ArchLinuxの内容紹介や、インストールガイド、推奨事項、公式パッケージなどのアプリケーション一覧、FAQ、コミュニティ、ヘルプなど、さまざまな情報が掲載されています。

5.優秀なパッケージマネージャ

Arch Linuxは使いやすく優秀なパッケージマネージャのpacmanという管理ツールがあり、1つのコマンドでアップグレードも簡単に行えます。Pacmanは、C言語でシンプルかつ軽量です。また、ユーザーの作るパッケージが大量にあります。

2.Arch Linuxのインストール方法

ここでは、Arch Linuxのインストール方法について、紹介いたします。Arch Linuxのインストールは初心者の方では難しく、上級者の方でも面倒に感じる作業が少なくありません。Arch Linuxをインストールする際は、環境の間違えがないよう「インストールガイド」を参考に進めていくと良いでしょう。

1.インストール方法

Arch Linuxのインストールを開始する前に、Arch LinuxDownloadsから、ISOイメージのダウンロードが必要です。ダウンロードしたら、CDなどに書き込み起動ディスクを作成します。

  1. 起動ディスクを実行して、キーボードレイアウトの設定を行います。
  2. 次にインターネットへの接続を行います。無線接続の場合は「iw,wpa_supplicant,netctl」を使い接続します。
  3. パーティションの構成などを行います。Arch Linuxをインストールするデバイスには、ルートディレクトリ/のパーティション、UEFIが有効の場合はEFIシステムパーティションが必要です。パーティションを作成したら、ファイルシステムでフォーマットをします。仮にext4で/dev/sda1のルートパーティションのフォーマットの場合は、「#mkfs.ext4/dev/sda1」などのコマンドを実行します。
  4. パーティションのフォーマットが終わったら、パーティションのマウントを行います。それぞれのマウントポイントを作成し、マウントしていきます。
  5. パーティションの構成を行ううえで、BIOS-GPT環境でGRUBを使う際は、「BIOS boot partition」が必要になります。UEFI-GPT環境でマルチブートでインストールしている場合は、ESPが既に存在している可能性もあります。存在しているかを確認する際は、「#parted/dev/sda print」で確認できます。
  6. パーティショニングなどが完了したら、システムの設定を行います。fstabの生成などをし、ロケールの生成と設定を行います。
  7. タイムゾーンとハードウェアクロックの設定やホストネームの設定、パスワードの設定なども行います。
  8. その後、ブートローダーのインストールと設定を行います。マルチブートの場合は、自動でシステム検索できるようにos-probaerをインストールしておきます。
  9. UIEFの場合は、GRUBと必要なものをインストールし、ESPのあるパーティションの確認を行い、/boot/efiにマウントをして、GRUBをインストールします。インストールが完了したら、メイン設定ファイルの生成を行います。
  10. 最後にアンマウントとリブートを行えば、インストールが完了します。
  11. インストールが完了した後は、基本設定を行います。

Arch Linuxをインストールする場合は、特にパーティション関連の作業が非常に面倒に感じますので、根気が必要です。インストールする際は、「Arch Linuxのインストールガイド」を確認しながら、一つひとつ進めていくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「Arch Linuxの特徴とインストール方法、要件」について、紹介いたしました。シンプルで軽量なArch Linuxは、ユーザーが自由にカスタマイズできるのが特徴でもあります。

インストール方法は、複雑で多少面倒です。Arch Linuxのインストールを検討している際は、必ず「Arch Linuxインストールガイド」をチェックしながら行うようにしましょう。OSが変わるだけで、新しいパソコンを使っているような感覚で楽しめます。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です