Home / Apple / iPhone / Visaも使える!ApplePayのメリットと登録方法解説

Visaも使える!ApplePayのメリットと登録方法解説

Pocket


電子マネーによる決済額も年々増しており、日本国内でもキャッシュレス化が進んでいます。その要因の一つとして2016年から日本でもサービスを開始した Apple Pay があると思われます。

スマートフォンによる非常に便利な決済サービスとして使われている Apple Pay。今回は Apple Payの機能・特徴・メリット そして 実際に使う方法 について解説していきます。Apple Pay対応店舗も増えてきていますので、キャッシュレスにあまり関心が無い方もぜひ目を通してみてください。

スポンサーリンク

apple payがあれば複数枚のカードがいらない!

Apple Pay はiPhoneで決済ができるサービスです。事前にクレジットカードを登録しておくことで複数枚のカードや現金を持ち歩く必要がなくなり、身軽になります。

apple payでクレジットカードを一括管理できる

Apple Payには最大8枚までクレジットカードを登録することができます。お店によってクレジットカードを使い分けたい場合にも嬉しい機能です。Apple Payによって一括管理することによりお店で使うカードを探す手間がなくなります。

apple payはセキュリティーが強固

クレジットカードを登録するとなるとやはり不安になるのはセキュリティー。iPhoneを紛失してしまった場合など 登録しているクレジットカードを悪用されてしまうのでは と心配になってしまいます。

他の端末から利用停止要請を出すことができますので iPhoneを紛失した場合でも即座に対応することができます。また、店舗で決済する際にはTouch IDによる指紋認証が求められます。他人が勝手に決済は出来ない仕組みが構築されています。

apple payで登録できるカードの種類

apple payで登録できるカードの種類

  • JCB
  • オリコカード
  • クレディセゾン
  • ビューカード
  • 三菱UFJニコス
  • アメックス
  • エポスカード
  • au WALLETクレジットカード
  • TS CUBIC CARD
  • ジャックス
  • アプラス
  • 三井住友カード
  • イオンカード
  • dカード
  • ライフカード
  • ポケットカード
  • ソフトバンクカード

Appleのホームページには明記されていませんが、対応しているVISAカードもあります。かといって全ての発行会社に対応しているわけでもなく、使えるカードと使えないカードが曖昧な状態と言えます。

Apple公式対応クレカ一覧

登録できるカードは少しずつ増やされているようです。アメックスなどもサービス開始時は対応していませんでしたが、2017年に追加され対応クレジットカードが増えてきています。

apple pay を登録してみよう!

ここではApple Payを利用可能な状態にするための手順を解説していきます。必要な作業は大きく分けて二つ。Walletにクレジットカードを登録するApple Payで使用するクレジットカードを認証する になります。順番に見ていきましょう。

Walletにクレジットカードを登録する

Apple Pay を利用するためには、まずクレジットカードを登録を行うことが必要になります。iPhoneのホーム画面にある Wallet から登録しましょう。

Walletへのクレジットカード登録手順

  1. ホーム画面 より Wallet を起動
  2. 画面中央付近の カードを追加 をタップ
  3. 画面下部の 続ける をタップ
  4. 起動したカメラの枠内にカードを収める
  5. カード情報を確認後 セキュリティコード を入力して 次へ をタップ
  6. 利用条件を確認後 同意する をタップ

Apple Payで使用するクレジットカードを認証する

Walletへのクレジットカード登録が済んだら、次はApple Payで利用するカードを認証する作業が必要になります。続けて行っていきましょう。

Apple Payのクレジットカード認証手順

  1. 画面右上の 次へ をタップ
  2. カード認証方法は SMS を選択
  3. 届いた認証コードを入力して 次へ をタップ

お店で実際にapple payを使ってみる

Apple Payへのクレジットカード登録が済んだら全ての準備は完了です!Apple Payに対応している店舗で実際に使ってみましょう。

①店員さんに決済方法を伝える

厳密に言うと Apple Pay という決済方法はありません。店員さんに伝える時は iD QUICPAY Suica のいずれかを伝えましょう。「支払いはApple Payで」 と言ってもうまく伝わらない事があります。キャッシュレスに精通している店員さんであれば詳しく説明してくれることもありますが、基本的には事前に把握しておきたいですね。

②リーダー(読み取り機器)にiPhoneをかざす

決済方法を伝えると店員さんがリーダーの準備をしてくれます。後はTouch IDに指を乗せつつ、用意されたリーダーにiPhoneをかざすだけで決済完了となります。Walletの起動や決済は全て自動で行われますので、iPhoneはスリープ状態のまま決済可能です。

③利用金額が表示されたら決済完了

決済が終わると 利用した金額完了 の文字が表示されます。この画面になれば決済が無事行われたことになります。

apple payを利用する上で注意する点3つ


カードや現金を持ち歩かずiPhoneのみで決済できる apple pay は、一見便利なことだらけに思えますが、利用する上で注意しなければならない点もいくつかあります。

①iPhoneの充電に注意

全ての決済をiPhoneに委ねていると出先でiPhoneの充電が切れてしまった場合、身動きが取れなくなってしまう可能性もあります。充電には細心の注意を払いつつ、最低限の現金は持ち歩いたほうが良いでしょう。

②VISAカードはオンラインショップ決済に使えない

Apple Payに対応しているVISAカードであってもオンラインショップの決済では使えないデメリットを抱えています。現在は未対応ということなので使い手としては注意しつつ、今後の改善を待ちたいところです。

③VISAカードはApple Payのチャージに未対応

WalletからSuicaチャージは非常に便利ですが、現状VISAカードは対応していません。細かい部分ではありますが、せっかくの便利機能なのに不便に感じてしまいますね。オンラインショップの決済と併せて、サービスの向上・改善に期待です。

まとめ

現金払いお断り!といった極端な事にはならないと思いますが、キャッシュレス化が進む世の中です、私達消費者も対応していく必要があるのかもしれません。新しいことを始めるのは大変な労力を要しますが、いざ触ってみると意外と便利に感じることもありますよね。

本記事を読むことで Apple Pay に関心を持っていただけたら幸いです。ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneに通知!キャリア設定アップデートをした方がいい理由

iPhoneやiPadを使用し …

Facebookでのご購読が便利です