Androidのバージョンアップの方法と注意点

LINEで送る
Pocket

どんなスマートフォンもそうだと思いますが、Androidにもバージョンアップがあります。バージョンアップは、機能追加や不具合の改善・最新アプリへの対応などの更新が行われます。これらはとくに販売店などに出向かなくても、インターネットを経由して手軽に更新することができるため、通知が届けば、自分で暇な時間にダウンロードして、簡単にバージョンアップすることができます。しかし、いくら簡単といっても気を付けなければいけないこともあります。

ここでは、Androidのバージョンアップの方法と、その注意点についてお伝えします。Androidでバージョンアップの方法を検討されている方は、是非参考になさってください。

スポンサーリンク

1.バージョンアップの際にはまず、インターネット経由で各Android端末に通知が届きます。

バージョンアップが可能になると、通知領域に「システムアップデートが利用可能」と表示され、下には「後で」「ダウンロード」を選択するボタンが表示されています。

これは、メーカーと各キャリア会社が検証を行い、問題ないと判断されて通知されてくるものですので、「あやしい」などと不安を感じることはありません。また、アップデート通知を確認するには、上記の通知バー・通知領域のほかに、「設定」→「端末情報」→「システム更新」でも確認することができます。

s1

2.通知が来てもまずは準備をしっかりと!

Androidのアップデートをきたらすぐに実施するのではなく、安全なアップデートを行うための準備をすることが大切です。まずは慌てずにアップデートを行う際の注意点を確認しましょう。

2-1.しっかりと充電を行う

アップデート中は電源を切らないこと。途中で電池切れ・・などの状況になってしまうと、データに影響が出る可能性があります。くれぐれも電池の残量には気を付けてください。ACアダプタを接続して充電しながら行うのが安心ですが、できればアップデートをする前に充電を満タンにしておくこと、電池消耗の激しいアプリは終了しておくことなども注意しておくとよいですね。

通信状態を確保する

移動中などの不安定な通信状態でのアップデートは絶対にやめましょう。自宅など、できるだけ通信環境の良い場所を選ぶか、Wifi接続ができる場所などで安定した通信環境を確保してください。ただしWi-Fi接続といっても、公衆Wi-Fiなどでは回線が不安定なのでやめたほうが無難です。

バックアップを取っておく

メールや電話帳、アルバムの中の写真など大切なデータはバックアップを取っておくと安心です。

各キャリア会社のバックアップサービスを利用してもいいですし、「jsバックアップ」などのAndroid用のバックアップアプリを利用してもいいでしょう。バックアップデータの保存先を指定して、フルバックアップを選択するだけで簡単に大切なデータをバックアップしておくことができます。

対応アプリの確認

Androidはより快適な使いやすさを求めて改良を重ねたバージョンアップがなされています。しかし時には不具合が出ることもあります。また、使っているアプリがバージョンに対応しておらず、新しいバージョンでは正常に動いてくれない可能性もあります。各アプリの動作環境などをしっかりと確認しておくことが重要です。

上記の確認と準備が整ったらいよいよアップデートへ進みます。

3.アップデート開始
s3

通知バーを下にスワイプして表示される通知領域内のアップデート通知内にある「ダウンロード」をタッチします。あとはアップデートが完了するまで待つのみ。時間は通信回線状況にもよりますが、30分〜1時間くらいが目安です。

SIMフリーのAndroid端末のバージョンアップでの注意点

ソフトウエアが更新できない?!

アンドロイド端末にはさまざまなソフトウエアが用意されています。それぞれのソフトウエアがさまざまな会社で作られていますが、開発段階でわからなかった不具合などが、使っているうちに発覚することがあります。

それを解消してくれるものが「ソフトウエア更新」であり、通常のアンドロイド端末を使っているならば、ソフトウエア会社から通知が来て各自がダウンロードして更新するものや、中には自動的に更新してくれるものもあります。

しかし格安SIMの入ったアンドロイドを使っている場合、こうした更新データの確認やダウンロードができない場合があります。格安SIMなどのMVNO(仮想移動体通信事業者)のSIMカードを使っていると、更新専用のAPN(接続先)にしか接続できないのがその原因です。

その場合、Wi-Fi(無線LAN)を使って更新する、パソコンを使って更新する、キャリアショップに端末を持っていって更新してもらう、という方法があります。この場合、Wi-Fiを使う方法がいちばん簡単で、最終手段はキャリアショップに持っていくこととなります。

キャリア製のアプリのインストール、更新ができなくなる

格安SIMを含む、MVNO(仮想移動体通信事業者)のSIMカードを使っていると、大手のキャリア製のアプリのインストールや更新ができなくなる場合があります。キャリア製アプリとは、例えばドコモなら『docomo Application Manager』、auなら『au Market』などのアプリです。ドコモやauのユーザーなら、デフォルトでインストールされている場合が多いので、つい使ってしまっている場合も多いのではないでしょうか?

格安SIMにしたとたん、今まで使っていたアプリが使えなくなるのはとても困ります。その場合の回避策は、キャリアショップに端末を持ち込んで更新してもらう、またNTTドコモの一部機種限定になりますが、docomoIDを取得することで、利用している回線に関係なくアプリの更新が可能となります。もちろんこの場合、ドコモID認証に対応した機種限定ということになります。

サポートが変更される

格安SIMにすると、見かけは大手キャリア端末でも中身はそうではありません。大手キャリアの端末で、SIMも大手キャリアのものだと例えば「インターネットにつながらない」とか「充電ができない」などという場合、どちらも面倒を見てくれますが、格安SIMにして、キャリアを他社にしてしまった場合、「インターネットにつながらない」といった端末以外の問題には答えてもらえません。

このように、端末以外の回線に関する問題は「自己責任」となってしまうのですから、よほどスマホのことを自分で勉強してから格安SIMに変えようと言った人以外は少し面食らいます。

格安SIMにしたいと意気込む気持ちに水を差してしまうかもしれませんが、毎月の料金の安さと引き換えに、回線のトラブルなどの問題は「自己責任」で解決しなければならないという問題を背負うのを厭わない方だけが、格安SIMへの道を歩んで下さい、と言ったところでしょうか。

Androidのバージョンアップのまとめ

バージョンアップは、新しい技術の開発段階ではわからなかったバグや不具合などを後になって修正するものです。どんな技術にもつきものであり、現在は確かに改良がおこなわれており、それまでのものよりも快適な環境を提供してくれるものではありますが、上記に述べた通り「便利に使っていたアプリがバージョンアップにより使えなくなってしまった」「不具合が起きてバグが生じている」などという状況に陥ってしまう可能性もあります。

現在のOSバージョンで快適に利用できているのであれば、慌ててバージョンアップを行う必要はないのかもしれません。Androidのバージョンアップの通知がきたら、是非本記事を参考にしてみてください。

また、現在、どんどんユーザーが増えている格安SIMの問題も見逃せないところです。SIMフリーが解禁になり、格安SIMを提供する業者がどんどん増えている一方で、毎月のスマホ料金は安くしたいけど、どこをどうすればいいのかわからない、と言った方がまだ圧倒的に多いのも事実です。

大手キャリアを使っていてもSIMだけを変えれば安くなるという状況の中で、上記のような問題点やリスクを事前に知っていれば乗り換えのハードルも低くなると思いますので、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です