Home / Google / Android / Androidのスマートフォン・タブレットでテレビを見る方法

Androidのスマートフォン・タブレットでテレビを見る方法

Pocket

現在は、地デジに完全移行してしまっているので 地デジチューナーが無いとテレビ視聴することができません

移行する前は、地デジ専用のチューナーが無くても、デジアナ変換キットなどを接続すれば、テレビ以外でも楽しむことができましたが、完全移行してからは、テレビ以外での視聴には、専用のチューナーが必須となっています。

また、最近では様々なアプリが開発され、ネット上でもテレビ番組を楽しめるようになりました。

ネット上のテレビ局も運営され始めたり、また民放のキー局をはじめ、多くのテレビ局がオンデマンド版を配信し始めました。

リアルタイムで放送を楽しみたい方はチューナーを購入して視聴することがおすすめですし、そうでなくてもよい方はネット上で再放送されるものをアプリで楽しむ、というスタイルがよいのではないでしょうか。

今回は、本記事で 特にAndroidのスマートフォンやタブレットで、地デジや様々なテレビ番組を楽しむための方法 をいくつか紹介していきましょう。

スポンサーリンク

Androidでテレビ番組を見る方法


本項目では Androidでテレビ番組を見る方法 をご紹介します。様々な手段があるので自分に合う方法を見つけてみてください。

テレビチューナーで受信する

Androidでテレビ番組を視聴する、最もスタンダードな方法です。テレビチューナーが内蔵されているAndroidを購入、もしくは外付けテレビチューナーを利用する方法です。

現在では家庭用テレビと比較しても遜色ない 高解像のフルセグ に対応しているチューナーを内蔵しているAndroid機種が多くなってきています。「Androidでテレビ番組を見たい」 というニーズの高さが伺えます。

テレビチューナー内蔵のAndroidであれば、特別な機器を購入する必要はありません。ただし、リアルタイムで視聴する方法のため、通信状況によって映像に乱れが生じることもあります。

オンデマンド・見逃し配信サービスを利用する

テレビ番組の見逃しサービスを利用するのも有効な方法です。いつでもどこでもAndroidからテレビ番組を見られるサービスになっています。全てのテレビ番組には対応していませんが、大抵の番組は視聴できるようになっています。

運営する放送局によってサービスの種類は様々です。月額有料のものもあれば 放送終了から一定期間は無料 といったものも。詳細は各放送局のウェブページをご参照ください。

月額制VODサービスを利用する

VOD(ビデオ・オン・デマンド)と呼ばれる動画配信サービスもあります。全てのテレビ番組に対応しているわけではありませんが、多くの見逃しに対応。「Hulu」「Netflix」「AmazonPrimeVideo」 などが有名。

また、コンテンツはテレビ番組に限らず、公開済みの映画オリジナルの映像作品 を配信しているサービスも存在します。

料金は月額制となっており、いずれのサービスも視聴制限はなく見放題となっています。視聴方法は ストリーミング再生 もしくは ダウンロード再生 なのでテレビチューナーは用意する必要はありません。事前にダウンロードしておくことで、移動中などでもオフラインでパケット通信量を気にすることなく楽しめます。

インターネット放送チャンネルを利用する

「ニコニコチャンネル」や「AbemaTV」が該当します。両者とも配信しているのはテレビ番組ではありませんが、タイムスケジュールに沿って番組を放映するスタイルはテレビそのものです。

両者とも独自のコンテンツを制作して配信し続けています。

ブルーレイレコーダーで録画した番組をAndroidで視聴する

ブルーレイレコーダーで録画したTV番組をAndroidで視聴する方法です。録画したものをオフライン状態で視聴するので通信環境に依存しません。テレビチューナーを利用したリアルタイム視聴では若干の乱れはつきものでしたが、こちらの方法では映像の乱れは一切ないメリットがあります。

USBで接続するだけの「PIX-DT300 」の特徴

これは、USBポートを介して接続するタイプのテレビチューナーで、付属の変換ケーブルを使用すれば、スマートフォンやタブレットのmicroUSBに接続することも可能です。

重量や大きさに関しては本体だけならばUSBメモリーとさほど変わらない大きさ・重さなので 携帯性に優れているのが魅力的な製品となっています

アンテナとの直接接続もできるので、屋内での安定した視聴にも対応できるようになっているようです。視聴に関しては、専用アプリをダウンロードしてすぐにテレビ視聴ができるので、手軽さの面においても優れていると言えるでしょう。

PIX-DT300の製品仕様

PIX-DT300の仕様は以下のようになっています。

PIX-DT300の製品仕様

  • 重量:109g
  • チューナー方式:地上デジタル
  • 寸法:約31mm(W)× 71mm(D)× 11.8mm(H)
  • 消費電力:445mW
  • アンテナ入力:VHF/UHF入力 MCX×1
  • インターフェイス:USB2.0
  • 受信放送:地上デジタルテレビ放送(CATVパススルー対応)

セット内容

  • 本体 ×1
  • アンテナ変換ケーブル ×1
  • microUSBケーブル ×1
  • 固定用面ファスナー ×2
  • セットアップガイド(兼保証書) ×1

※アンテナ線から直接接続するためのアンテナコードは別売り

参考価格は 6000円前後 となっており、andoroid端末以外にも、hdcp対応のwindows系ノートPCやデスクトップパソコンでも視聴ができるなど、汎用性の面でも便利な仕様になっています。

変換ケーブル仕様の「PIX-DT360」

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

HotmailをiPhone/Androidで使用するためのセットアップ方法

スマートフォンで使えるメールサ …

Facebookでのご購読が便利です