Androidとは何?Androidのなにかを解説

LINEで送る
Pocket

Android_Robot_100
現在日本で発売されているスマートフォンやタブレットの多くはAndroid OSを搭載しています。そのシェアはいまや、スマートフォン市場を先行していたiPhoneをぬいて国内外ともにトップを獲得しました。その数は10億台を超えているといわれます。

では、「Androidとは何か?」言葉は聞いていても意外にそれが何なのか、「よくわからない」といった方も多いことでしょう。ここではその「Androidとは何か?」を解説いたします。

スポンサーリンク

Androidの概要

10_Androidとは2
Androidは2005年、アメリカでソフトウェアプラットフォームを開発していたAndroid社をGoogleが買収しました。その後、開発がすすめられ、2007年11月、Googleは無償で利用できるプラットフォーム「Android」を発表しました。

低コストで端末を制作できるほか、開発環境も無償で公開されているため、各メーカーや開発者が参入しやすい環境が生まれました。何よりもGoogleとの連携が確立されているため、Googleサービスを手軽に使えるようになったことも大きなメリットと言えます。これにより、世界中のメーカー企業がスマートフォンへ参入し、開発を行うことで市場が変わり、Androidは急速に拡大することになるのです。

Androidの特徴

Androidはその開発環境が無償で提供されているだけでなく、自由度の高い開発分野が特徴の一つです。各メーカーの開発者が独自の個性を持った開発を行うことでより良い製品が生まれ、技術の向上と利便性が高まる結果を得ています。

また、情報ソースもWeb上に公開されており、プログラミング初心者でも自由にアプリ開発に携わることができ、ユーザー側としても「Andoridが提供しているセキュリティの範囲内で自己責任として好きなアプリケーションを自由にインストールすることができる」というのは非常に大きなメリットとなります。

Androidのバージョン

10_Androidとは3
Androidはその機能をより強化することによりバージョンアップを遂げています。
その各バージョンには、お菓子にちなんだ名前が付けられていることはご存知ですか?

Android1.6 コードネーム:「Donut」指先一つでWeb検索やルート検索が可能
Android2.0 コードネーム:「Eclair」アプリやウィジェットを複数画面でフォルダに配置、ライブ壁紙など追加
Android2.2 コードネーム:「Froyo」音声でのテキスト入力や端末の操作が可能
Android2.3 コードネーム:「Gingerbread」タップや傾けたりする新しいセンサーが追加
Android3.0 コードネーム:「Honeycomb」タブレット向けに最適化
Android4.0 コードネーム:「Ice Cream Sandwich」新しく洗練されたデザインでスマートに
Android4.1 コードネーム:「Jelly Bean」Bluetooth Smartのサポート、ダイヤルパッドのオートコンプリートなど
Android4.4 コードネーム:「KitKat」高速マルチタスクやタッチスクリーンの改良などのパフォーマンス向上
Android5.0 コードネーム:「Lollipop」バッテリーセーバー搭載、端末セキュリティ強化

などのように、頭文字がアルファベット順になるようなユニークなコードネームが名付けられ、Android OSのバージョンアップが行われてきました。

最新バージョンの「Lollipop」Android5.0では、ロック画面から直接設定しておいた特定の相手からのメッセージを直接表示することができたり、音楽や動画を見ている最中の電話も中断されることなく操作を選択することができるなどの操作性のほか、バッテリーセーバーや充電完了までの所要時間の表示などの省エネの強化、「SE Linux」の適用によるセキュリティ強化などより安全で快適な環境が提供されています。

Androidの世界

Androidはもはやスマートフォンやタブレットのみならず、腕時計型やメガネ型などの小さなコンピューター、「ウェアラブル」としても利用されています。

また、カーナビにも搭載されたAndroidは話しかけるだけで音声で答えてくれるという「Android Auto」もリリースされ、ウェアラブルカメラなどの小物製品や冷蔵庫などの家電製品などへの搭載など、今後Androidの市場はまだまだ広がっていきそうです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です