Home / Google / Android / データ移動も楽々!AndroidのSDカードの選び方と使い方

データ移動も楽々!AndroidのSDカードの選び方と使い方

Pocket

スマホを使用していると、アプリを入れたりカメラを使っているうちにどんどん容量が使われます。そんなときはデータを削除することで容量を確保しますが、大切なデータやアプリを消したくありません。

そこでおすすめなのがSDカード。Androidスマホの場合、容量をSDカードを使うことで増やせます。今回はそんな便利なアイテムSDカードについて、選び方や使い方をご紹介。

大切なデータを削除しないためにも、ぜひSDカードについて覚えてください。

スポンサーリンク

AndoroidのSDカード

Androidで使えるsdカードについて解説します。

SDカードとは

SDカードはフラッシュメモリの一種で、スマホやカメラ、ポータブルゲーム機のデータ記録媒体として使われるモノです。初めて登場したのは1999年で、「SD」「mini SD」「micro SD」の3種類があります。

最初は切手サイズでしたが、現在は「micro SD」と呼ばれる小指の先端程の大きさしかない規格が主流です。今回紹介するのはAndroidに着目したものではあるものの、オーディオプレイヤーや小型サイズの機器に使われる保存媒体として見ておけば問題ありません。

Androidに対応しているSDカードの種類

SDカードは3種類あり、Andoridに対応したモノは現在「micro SD」と呼ばれる規格です。それ以外の「SD」「mini SD」は、スマホが登場する前にみんなが使っていた携帯電話に使用されました。

また、「micro SD」カードは保存容量によって「SD」「SDHC」「SDXC」に分かれます。「SD」は最大2GB、「SDHC」は最大32GB、「SDXC」は最大2TBの保存容量を持ち、実際に活用する場合は「SDXC」が主なモノです。

ちなみに2019年現在、「SDXC」で一番容量が大きいのは1TBです。その他、2018年には次世代規格として「SDUC」が発表され、128TBまで対応しているという話も。

これについては、価格の問題や、対応するまでの時間を考えると、普及するまでにいつまでかかるか不明です。

SDカードの選び方

SDカードは、前提として「SDXC」を選ぶのが主流です。それ以外の選び方について解説します。

規格が対応しているか

「SDXC」が主流のSDカードですが、そもそもAndroidスマホ側の端末が規格に対応している必要があります。例えば、外部ストレージが最大32GBまで対応となっている端末の場合、「SDHC」には対応していて、「SDXC」は非対応です。

その他、端末ごとに使える規格は変わるので、必ず確認してください。規格については、公式サイトにある各端末の詳細スペック確認票の部分に記載されています。

仮に非対応のSDカードを使用した場合、Androidが認識しないまたは動作するかが不明です。

最近のAndroidスマホですと、「SDHC」「SDXC」共に対応しているモノ、「SDHC」のみ対応、両方とも対応せず、本体ストレージを大容量にしたモノなどが販売されています。

容量

取り入れたい容量について、大きさ別に解説します。

32GB(SDHC)

Beking MicroSDカード Class10 メモリカード Microsd クラス10 SDHC マイクロSDカード Androidスマートフォン デジカメ 超高速転送 (32GB)

新品価格
¥799から
(2019/1/16 11:07時点)

Androidスマホに取り入れられるSDカードとしては、現在最も普及している容量です。端末の対応状況を見ても基本的に使えるほか、価格も安価なので、コスパを考えるとおすすめします。

ただ、Androidアプリをたくさん入れる方や、カメラを多用する方の場合、容量が足りなくなる可能性もあるので注意してください。

64GB

【Made for Amazon認定取得】 SanDisk 64GB microSDXCカード (スピードクラス Class10, UHS-I, 最大転送速度: 48MB/s)

新品価格
¥3,980から
(2019/1/16 11:08時点)

32GBでは物足りないと感じる方におすすめの容量です。4K動画の撮影を多用する場合、足りない恐れもあります。

128GB~

microSDXC 128GB SanDisk アプリ最適化 A1対応 サンディスク UHS-1 超高速U1 専用 SDアダプター付 [並行輸入品]

新品価格
¥1,980から
(2019/1/16 11:07時点)

Androidスマホとしては、最も大容量の部類に入ります。大量にアプリを入れても問題がなく、4K動画の撮影を多用するという方にもおすすめ。

その他、動画配信サービスや音楽配信サービスの一時ダウンロード機能を使い、自宅のインターネット通信で落とした上で、外出時に通信量を抑えて楽しむという場合にも有利です。

128GB、256GB、512GBあたりがありますが、ここまでくると価格も高いので、端末の対応状況は必ず確認してから購入してください。

転送速度

SDカードには転送速度というものがあり、数値が低いほどデータのやり取りが遅いため、ストレスがたまります。また、カメラ撮影をしながらSDカードにデータ保存をする場合、転送速度が追いつかないとエラーになるのが難点。

大容量にも関わらず安価で販売されているSDカードも存在しますが、そういうのは大抵転送速度が遅いという罠があるので、注意してください。

以下、転送速度に関する解説をします。

クラススピード

転送速度には「クラス」というものがあり、段階に応じた最低限の速度保証がSDカードに記載されます。存在するクラスは「クラス2」、「クラス4」、「クラス6」、「クラス10」で、それぞれ1秒間あたりに転送できる量を「数値MB」で表します。

SDカードに丸で囲まれた「2,4,6,10」の数値が書かれているので、確認は容易です。

最近は「クラス10」がほとんどですが、それ以上の速度に関する表記も登場しているので、恐らく今後は以降していきます。

ウルトラハイスピード(UHS)

クラス同様に最低限の転送速度を保証するもので、SDカード上には「U」の中に「1」または「3」の数値が記載されます。「1」の場合は10MB/秒なので、クラス10と同じ数値。「3」の場合は30MB/秒となり、更に早い転送が保証されます。

ここで覚えておきたいのは、「クラス」や「ウルトラハイスピード」の記載は最低保証である点。メーカーやSDカードごとに実際の最大転送速度に違いがあるので、購入の際はその部分も見ておくのがおすすめです。

また、4K動画の撮影をする場合はSDカードへの転送が間に合わなくなる可能性もあるので、UHSが「3」のモノを選びましょう。

ビデオスピードクラス

「UHS」よりも早い規格が「ビデオスピードクラス」です。「V」の横に「6,10,30,60,90」と表記され、それぞれの1秒あたりの転送MBを表します。

現在最も優れたものになりますが、Androidに至っては2019年1月時点で対応が追い付いていないので、記憶の片隅に入れておいてください。

SDカードの取り付け方と使用方法

SDカードの取り付け方や使用方法を解説します。

SDカードの取り付け方

まずは、電源を切っておきます。

SDカードを取り付けるメモリスロットは、機種によって場所が異なるので、SIMカードと同じ場所または個別に入れるところがあるか探してください。

次にメモリスロットにSDカードの向きと裏表に注意しながら設置し、元のように収納すれば終わりです。

最後にAndroidの電源を入れます。

SDカードの設定

SDカードを挿入してからAndroidを起動すると、セットアップ画面が見られます。そこでは「外部ストレージ」または「内部ストレージ」のどちらのタイプを選ぶか選択できるので、好みの方を選んでください。

外部ストレージタイプ

画像や動画、音楽などのデータを保存できるほか、別の端末にSDカードを移動した際にそのまま移行できます。ただし、アプリ関連は入れられません。データ保存本来の使い方をするなら、こちらがおすすめです。

内部ストレージタイプ

SDカードを挿入した端末専用として扱われます。画像や動画、アプリまで入れられるので便利です。ただし端末専用となるため、別の端末にSDカードを入れ替えたらデータが消去され、初期状態に戻ります

機種変更時にこのタイプの場合、誤って大切なデータが消去される可能性もあるので注意。

SDカードへのデータ移動方法

アプリの移動(内部ストレージタイプのみ)

スマホの設定から「アプリ」関連を開き、ずらっと出てきたアプリの中で移動したいものをタップ、ストレージに移行して変更します。

データの移動

端末の設定から「ストレージ」に関する項目を開き、内部ストレージを選んで移動したいファイルを選択、外部ストレージにコピー等します。

まとめ

AndroidのSDカードの選び方や、使い方について、紹介させていただきました。購入の際は、「外部ストレージ」と「内部ストレージ」どちらのタイプで使用するかについて慎重に考えましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

【iPhone&android】一度消したアプリを簡単に復元する手順を丁寧に紹介

間違って消してしまったアプリや …

Facebookでのご購読が便利です