Android ScreenMonitorの使い方

LINEで送る
Pocket

Android ScreenMonitorは、Android端末の画面をパソコンへリアルタイムで表示するための無料のソフトウェアです。
Android端末のデモをしたり、Androidの操作方法を動画にしたりする際に利用できます。

Android Screen Monitorは、こちらのサイトからダウンロードできます。

スポンサーリンク

事前準備

ご利用端末のADB USBドライバをインストールする

Android ScreenMonitorを使うためには、ご利用のAndroid端末にあったADB USBドライバをインストールする必要があります。

Googleなどで「端末名 ADB USBドライバ」と検索すると該当のドライバを検索できることが多いようです。ダウンロード後に、「コントロールパネル」->「デバイスマネージャ」から該当のドライバを更新してください。

1.デバイスマネージャを開きます。
2.該当のドライバ名を右クリックして、「ドライバーソフトウェアーの更新」をクリックします。
device
3.「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」からダウンロードしたADBドライバ
を選択し更新します。

Java Runtime Environment(JRE)をインストールする

java
以下のURLからJava Runtime Environment(JRE)をダウンロードの上でインストールします。

http://www.java.com/ja/

Android SDKツールをインストールする

android
以下URLからAndroid SDKツールをダウンロードの上でインストールします。

http://developer.android.com/intl/ja/sdk/index.html

パスを通す

Android Screen Monitorを利用するために、adbコマンドにパスを通します。
1.「コントロールパネル」->「システム」と開きます。
2.「システムの詳細設定」をクリックします。
detail
3.「環境変数」をクリックします。
property
4.「システム環境変数」で「path」を選択の上で、「編集」をクリックします。
hensuu
5.現在の変数の文字列の後ろに以下文字列を入力します。
「変数」は「;」で区切ります。
※「user-name」はWindowsにログインしたユーザ名になります。
※OS等によって文字列が異なる可能性があります。
JREやAndroid SDKツールがご自身のOSにインストールされたディレクトリを探して、
適宜、変数を書き換えて下さい。

C:\Users\user-name\android-sdks\tools
C:\Users\user-name\android-sdks\platform-tools
C:\Program Files(x86)\Java\jre6\bin

Android ScreenMonitorの使い方

1.ダウンロードした「asm.jar」ファイルを、インストール済のAndroid SDKの、platform-toolsディレクトリへ移動します。
2.Androidスマートフォン端末をUSBでパソコンに接続します。
3.「asm.jar」ファイルをダブルクリックします。
※デスクトップ上にショートカットを作成しておくと便利です。
4.デバイスの選択画面が表示されます。該当のAndroid端末を選択します。

screen

5.パソコンの画面上にAndroid端末の操作画面が表示されます。
screen_and
■補足
画面を右クリックすることで、画面方向を切り替えたり、拡大縮小、画面のキャプチャを 取得したりすることもできます。

まとめ

Android ScreenMonitorの設定で大変なのは、この説明をご覧いただいてわかる通り、その事前の準備です。

開発者が行うような設定も含まれているため、初心者の方には難しいようにみえるかもしれませんが、手順通りに行っていただければ問題ありません。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です