Home / Google / Android / Androidをroot化した後に入れたいアプリ

Androidをroot化した後に入れたいアプリ

Pocket


Androidではroot化することで、自由なカスタマイズが可能になります。具体的には以下のような設定が可能になります。

・CPUの速度をあげてAndroidの各動作を早くしたり、逆に遅くして充電を長持ちさせたりできる。
・制限されている機能を解放して利用することができる。
・通常はバックアップできないアプリのバックアップができる。 等々・・・。

このため、Androidではroot化することを前提としたAndroid用のアプリが多く公開されています。

その一方で、root化した場合は端末の保証やサポートが効かなくなったり、不具合がおきて正常に起動できなくなったり、 ゲームなど一部アプリが利用できなくなったり、といったデメリットもあります。そのようなデメリットをふまえた上で、ここでは、root化することで利用できるようになる便利なアプリを紹介させていただきます。

スポンサーリンク

CPU tuner

「CPU tuner」は、CPUのチューニングができるようになるアプリです。
CPUの処理速度を上げたり、逆に落としたりすることもできます。

Ultimate Sound Control

「Ultimate Sound Control」は、Androidの各種システム音も含めて音量調節ができるアプリです。
たとえば、低バッテリー時の警告音やカメラのシャッター音をON/OFFしたりできます。

Titanium Backup PRO Key ★ root

「Titanium Backup」を使えば、アプリの設定やデータまで含めてバックアップできます。
バックアップ目的でAndroidをroot化する場合は、おすすめのソフトです。

Rec. (Screen Recorder)

「Rec. (Screen Recorder)」は、スマートフォン上の画面を録画して動画として保存できるアプリです。
「Rec. (Screen Recorder)」では、パソコンとUSB接続しない状態でも録画を行うことができます。

[補足]
Android5.0では、root化なしで利用できるようになりました。

full!screen

「full!screen」は、スマートフォンの画面で、タスクバーまで消してフルスクリーン表示させるアプリです。
スマートフォンの小さな画面では、タスクバーの有無も画面の表示の見やすさに大きく影響します。

xposed

「xposed」では、apkを改変せずにシステムやアプリの動作を改変することができます。

AssistiveZoom

AssistiveZoomは、一本指でズームができるようにするアプリです。
通常は2本の指でズームをしますが、たった少しの違いでその快適さは格段に違います。

MirrorEnabler.apk

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

どこにいった?を無くそう!Androidで画像保存する方法と2つの注意点

Androidではウェブサイト …

Facebookでのご購読が便利です