Home / Android / AndroidでOSアップデートの内容を知る手順と実行時の注意点

AndroidでOSアップデートの内容を知る手順と実行時の注意点

Pocket

Android端末では、新しいOSのバージョンが提供された場合、アップデートされたシステムファイルをインターネット経由でダウンロードして、バージョンアップを行います。そこで今回は初心者向けに手動でOSをバージョンアップする方法を中心に紹介します。

アップデートパッケージは、端末の開発ベンダーや携帯電話の通信キャリアが端末に合わせてユーザーに供給しますが、新しくOSがアップデートされたからといって、使っている端末が必ずアップデートされるとは限りません。新しいバージョンがあっても自動的に通知されなかったりもします。ユーザー自身がアップデートの情報をチェックして、アップデートの作業をしなければならない場合が多いので注意が必要です。

スポンサーリンク

Androidでシステムのアップデートの有無を確認する方法

AndroidのOSは、メジャー/マイナーの区別なく、システムのアップデートは無償で行われます。大きなバージョン変更が有償であるパソコン用OSとの大きな違いです。ただし、「アップデート期間を超えている場合は、最新バージョンのAndroidは提供されない場合が多い」という問題がAndroidにはあります。端末のリリースから約18カ月を超えると、機種によってはOSのバージョンアップ自体が行われないこともありえます。

また、アップデートのためのシステムファイルの配布は、地域などの条件で、順次配信されます。そのため、OSのアップデートが発表されても、すぐに自分の端末で新しいサービスが利用できるとは限りませんので注意しましょう。

それでは次に新しいOSのバージョンが提供されているか確認する方法について見ていきましょう。

確認の方法

新しいバージョンのOSが提供されているかどうかは、「設定」画面で確認します。OSのバージョンや機種によって、サブ・メニュー名が微妙に異なる場合もありますが、基本的に、以下の手順で新しいバージョンのOSが提供されているかを確認できます。

まず、「設定」から「端末情報」や「端末オプション」などのメニューを探します。そこからサブ・メニューに入ると「システムアップデート」あるいは「ソフトウェア更新」などのメニューを見つけて開いてください。新しいバージョンのOSが提供されているのかどうかは、さらに「更新を確認」や「アップデートを確認」といったメニューをタップする必要があります。

このような簡単な手順でアップデート情報を確認することができます。OSのアップデートにんはセキュリティホールへの対策など、安全にAndroidを利用する上で重要な更新内容が含まれている場合がありますので、できるだけ最新のバージョンにアップデートすると良いでしょう。

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%81%a8%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89

設定の方法

使用している端末で更新可能な新しいOSバージョンが提供されている場合、ここでシステムのダウンロードを行います。「再起動してインストール」ボタンをタップすると、アップデートが開始されます。

更新可能な新しいOSバージョンが提供されていない場合は、「更新可能な項目はありません」「最新バージョンに更新されています」「アップデートがありません」「お使いのシステムは最新の状態です」などのダイアログが表示されます。

なお、新しいバージョンのOSが提供されると、自動的にシステムのダウンロードが行われる機種もあります。ダウンロードが終了すると、ステータスバーに通知アイコンが表示されますので、ここからインストールを実行すれば、アップデートは完了です。

アップデートの準備作業と注意するポイント

基本的に、OSのバージョンアップはシステムの改良が目的です。しかし、大幅な機能変更に伴うバグや不具合などの初期不良があるケースもあります。インターネットで検索して、事前に新しいバージョンの評判をチェックしておけば安心です。バージョンアップをすると決めたら、細心の注意を払って作業を行いましょう。バージョンアップはシステムに大きな負担がかかる作業です。不用意な作業は、データ消失などのトラブルの原因ともなりますので、準備作業は念入りに行ってください。

使用中アプリが新しいバージョンに対応しているか

重要なのは、これまで使っていたアプリがバージョンアップ後でも問題なく使えるかです。基本的には、古いバージョンのOSで動いていたAndroidのアプリは、新しいバージョンのOSでも動くようになっています。しかし、OSのバージョンアップと連動してアプリも更新され、旧いバージョンのアプリの動作やサービスに不具合が出ることもあります。

使用頻度の高いアプリで利用できなくってしまうと困るという場合には、アプリのページなどで対応OSバージョンを確認するようにしましょう。また、対応可能となっている場合であっても、念のため不具合がおきていないかなど、ネット上で検索をして確認するようにすると良いでしょう。

バックアップを取る

アップデートがうまくいかず、データが消失してした場合に備えて、大切なメールや画像などのデータをバックアップしておきます。忘れがちですが、使用しているアプリの名前やバージョンもメモしておきましょう。

通信環境の確認

アップデートは、安定した通信環境の下でおこないましょう。アップデート中に通信が途切れると、途中で作業が中断して初めからやり直しになってしまったり、アップデートに失敗したりすることがあります。3GやLTEでもアップデートは可能ですが、基本的にはWi-Fiに接続した状態でおこなうことが推奨されています。

アップデートには30分程度かかります。アップデートは移動中ではなく、安定した通信環境が確保できる場所で、落ち着いて行いましょう。

電池残量は十分か

アップデートの途中で電源が切れると、アップデートに失敗し、最悪の場合は、データが失われてしまう場合もあります。一般的にバッテリー残量が70%以上あればアップデートは可能ですが、できれば充電器につないでアップデートを行うのが安全です。

メールアプリやSNS、GPS機能のように常にネットワークにつながっているアプリは電池の消費が激しく、システムにも負担をかけます。アップデート中はアプリを終了させておきましょう。

ストレージの空き容量は十分か

アップデート中は、通常の使用時よりも多くのストレージ容量を使用します。容量が不足していると、更新プログラムがダウンロードできなかったり、アップデート作業に支障をきたしたりします。ギリギリの空き容量でアップデートするのは避けましょう。

まとめ

OSのアップデートをおこなうと、新機能の追加などの他に、セキュリティの向上や、端末の不具合を修正してくれるなどのメリットがあります。特に重要なのが、最新のセキュリティ更新パッチを受けられる点です。マルウェアはスマホに潜在する脆弱性を悪用しますので、アップデートでこれら脆弱性が修正されます。

一方、アップデートしうたら、スマホの動作が遅くなった、という話も聞きます。アプリが最新バージョンのOSに対応していないために、愛用していたアプリが使えなくなったというケースもあります。

しかし、メリットとデメリットを比較すると、アップデートをおこなうメリットのほうが大きいといえます。古いAndroid端末やアプリを愛用していて、できるだけ長く使い続けたいという場合をのぞいては、アップデートはリリースされる度に行う事が推奨されます。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

7054d7ce5f213572b04c0dba3b1e5571_s

スマホのカメラを使って最高の写真を撮ろう!

スマホのカメラはどんどん進化し …

Facebookでのご購読が便利です