Home / Android / Androidユーザーなら使いたい秀逸な音楽プレイヤーアプリ

Androidユーザーなら使いたい秀逸な音楽プレイヤーアプリ

Pocket

スマートフォンはもはや電話としての機能のみならず、メールはもちろん、地図や手帳・電卓・カメラといったあらゆる機能をアプリとして搭載することで日常の生活には欠かせないものとなっています。

移動には欠かすことのできなかった音楽プレーヤーもスマートフォンを利用して楽しむことができるようになりました。AndroidはiPhoneのようにパソコンと同期してiTunesを利用することはできませんが、端末本体メモリやSDカードを利用して簡単に音楽ファイルを取り込んで楽しむことができます。

音楽プレーヤーアプリには、高品質でイコライザーやスリープタイマーなどがついた多機能なものがたくさんあります。そこで、今回は数ある音楽プレーヤーの中でも、特におすすめしたい秀逸な音楽プレイヤーアプリをご紹介します。

スポンサーリンク

Poweramp

turn_table

Android音楽プレーヤーアプリの中でも「定番」「最強」と言われているのが、この「Poweramp」です。音楽プレーヤーとしての基本性能の高さに加え、イコライザや歌詞・テーマ機能など多機能なのに使い勝手の良さは抜群という、まさに最強の音楽プレーヤーアプリです。

基本的な使い方

基本的な使い方は、Android標準の音楽プレーヤーと同じです。端末本体、もしくはSDカードに入っている音楽ファイルを「Poweramp」で再生するだけです。

「Poweramp」を起動すると表示されるトップ画面の右上にあるボタンをタップして曲を探したりイコライザや低音・高音の設定、テーマを変えたり、歌詞を表示させるなどの機能を利用することができます。

・フォルダ:音楽ファイルが格納されているフォルダの一覧を見ることができます。
・ライブラリ:「すべての音楽」「アルバム」「アーティスト」「ジャンル」「プレイリスト」「キュー」「評価の高い曲」「最近追加された曲」などカテゴリ別に曲をジャンル分けして管理することができます。

また、再生にはスマートフォン端末内の音楽ファイルを探しに行くため、設定を変更して「スマートフォン全体から」ではなく、「特定のフォルダ(音楽用フォルダ)から」のみで検索がなされるように設定しておくと不要なファイルの表示を減らすことができ、動作も早くなります。

「プレイリスト」は、お気に入りの曲リストをあらかじめ設定しておき、あとからいつでもヘビーローテーションで楽しめる音楽リストとして利用できます。作り方としては「新規プレイリスト」などの名称でシーンに合わせた音楽リストを作っておくと、ドライブや寝る前などそのシーンに合った曲を楽しむことができます。

「キュー」は、これからすぐに聞きたい曲をいつでも選んで楽しむことができるので、「いま再生している曲が終わったら、次に聴きたい曲はこれ。」などのようにその時々に合わせて追加しておくと便利です。

・イコライザ:ただ音楽を鳴らすだけではなく、低音・高音の設定がドラッグ操作で変更できます。「低音」「超低音」「低音&高音」「高音」に加え、「クラシカル」や「ダンス」「ロック」「テクノ」「ライブ」などのプリセットもジャンルに合わせて選択可能です。また、設定は保存しておくことができます。

音楽をより高品質に楽しみたいユーザーにはぜひ使ってみて欲しい機能が満載です。

その他の機能

また、画面右上端にある、メニューボタンををタップすると、「一覧」が表示され、インターフェイスをカスタマイズできる「テーマ」や、寝る前にセットしておくことで、タイマーでOFFできる「スリープ」などの多機能な設定を利用することも可能です。

また、アーチストのアルバムジャケット画像をプレイヤー上で表示することができる「アートワーク」、歌詞を見ながら音楽を楽しめる機能も付いており、歌を覚えたいという方や歌詞の世界観を楽しみたいという方には非常に嬉しい機能でしょう。

外国製ですが、日本語に対応しているので、外国語で表示されるため困るということなく利用することができ、直感的に使えるため、初心者の方も安心して使うことができます。

「いきなり有料版を使うのは不安を感じる」という方は、まず期間限定の無料お試し版を利用してみてから、フルバージョンの有料版のご利用をおすすめします。

Rocket Player

Androidを代表する音楽プレイヤーであるRocket Playerは最大10バンドものイコライザーや変更できるテーマがあり、なかなか楽しい音楽プレイヤーです。いったいどんなプレイヤーなのでしょうか?

基本的な使い方

基本的な使い方は他の音楽プレイヤーとほとんど同じです。通常のようにお気に入りの音楽リストから、お好きな曲を聴くのはもちろん、アーチストやジャンル、アルバムなどで曲をソートしたり、新しいプレイリストを作成、ブックマークをしてポッドキャストを再生したりと思いのままカスタマイズすることができます。

そればかりか曲のフェードイン&アウト、イコライザーやキャップレス再生、楽曲を着信音に設定するなどということもできてしまいます。

その他の機能

Rocket Playerの機能はそれだけではありません。標準プレイヤーにはついていない機能がまだまだあります。

例えば、『iTunes 向け iSyncr』と開発先が同じであるため、iTunesとの親和性もよく、iTunesと接続したときに新しいプレイリストを作成してくれます。また、iPodの使い勝手に似ているという口コミもあります。

さらに、ポッドキャストのブックマーク、レーティングなどもシンクできます。また、動画の再生カウントも同期することができます。

また、有料版にすることで、5つだったイコライザーがさらに機能的になり、10のイコライザーを使用することができるため、より自分好みの音で聴くことができます。

JetAudio

音質にこだわる人にも大評判のJetAudioですが、いったいどんな機能がついているのでしょうか。

基本的な使い方

JetAudioはまず、WAV、MP3などはもちろん、OGG、APEなどといった形式をはじめ、40個の音声ファイル再生もサポートしており、対応しているファイル形式が多い上に、細かな音質調整もできます。そのため、デフォルトの音楽プレイヤーでは満足できない人にも人気が高いAndroidの音楽プレイヤーです。

英語表記のアプリですが、すでにバージョンも8を超えており、人気の高さが伺えます。

音楽CDからの読み込みはもちろん、音声ファイルのフォーマット変換もできます。
グレーをベースにした落ち着いたインターフェイスで、デザインで目立たないため、仕事中のバックグラウンドとして置いておいても違和感はありません。

画面上部にメニュー、中央に再生ボタン、下部には曲の調節ボタンというわかりやすいインターフェイス。フェィドイン&アウトで曲の間をスムーズにつなげて再生する機能や曲のテンポを調節する機能もありますので、ちょっとしたDJ気分を味わうこともできます。

その他の機能

JetAudioは音楽ファイルだけではなく、15種類のファイル形式の動画のファイルの再生もサポートしています。これは音楽プレイヤーとしては珍しいのではないでしょうか。そのため、お気に入りのミュージシャンのビデオクリップなどを、他のアプリを立ち上げることなく同じプレイヤーで見ることもできて、大変便利です。

さらに、7種類のファイル形式に変換することができるため、ファイルサイズを小さくして取っておくといったストレージにも大変便利です。

また、画面上部のSボタンから、スキン(外観)の変更もできますが、デフォルトでは6種類だけです。開発元のサイトに行けば、追加のダウンロードもできますので、外観デザインにこだわる人にはおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はAndroidで人気の高い、代表的な音楽プレイヤーを3つご紹介致しました。

スマートフォン用の音楽プレイヤーも増えてきて、いまや音楽専用のプレイヤーを使っている人も少なくなったように思えるように、スマートフォン用の音楽プレイヤーの機能はいまや音楽専用プレイヤーのそれを完全に超えています。

デフォルトで付いている音楽プレイヤーに満足できない人が出てきて、次々と新しいプレイヤーが出てくるのは当然とも言えるでしょう。

ただ音楽をかけて聴くだけのプレイヤーから、膨大な曲リストの中から素早く好みの曲を探し出せたり、音楽のジャンルごとにソートできたりといったことはもはや当たり前。

近年では、音質にこだわったり、自分好みのスキンに変えられたり、またイコライザーを搭載していて高音や低音の音質を変えるばかりではなく、曲のテンポまでを変えることができたり、フェードイン&フェードアウトで曲間をスムーズにつなげたりということまでもができるようになりました。

高機能な音楽プレイヤーを使うとすでに聴いている音楽もなんだか違った音に聴こえるようで、楽しい音楽ライフを送れそうですね。是非使ってみてください。

スポンサーリンク

Check Also

映画をスマホで!話題の動画配信アプリを徹底比較

映画やドラマを自宅のテレビでの …

Facebookでのご購読が便利です